サイトのコンテンツと構造を扱う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint サイト コレクションのコンテンツおよび構造の管理には、[サイトのコンテンツと構造] ページを使用します。Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、サイト コレクションの階層からナビゲーションが動的に生成されます。したがって、サイトの構造を変更 (たとえば、サブサイトを移動) すると、この変更はサイトのナビケーションに伝えられます。この結果、サイトのナビゲーション内のアイテムは、基盤となるサブサイトの新しい場所を反映した状態で表示されます。このページから実行できる操作は、サイトの構造の変更だけではありません。リストやリスト アイテムに対してその他の操作を実行することで、コンテンツを管理できます。たとえば、アイテムのチェックアウトやチェックイン、発行、コピーを行うことができます。

[サイトのコンテンツと構造] ページでは、お馴染みの Windows エクスプローラのインターフェイスと同様のインターフェイスを採用しています。[サイトのコンテンツと構造] ページの左側のナビゲーション ウィンドウには、サイト コレクションの階層がツリー ビューで表示されます。右側のリスト ウィンドウには、アイテムが一覧表示されます。

注: [サイトのコンテンツと構造] ページにアクセスするには、少なくとも投稿権限が必要です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[サイトのコンテンツと構造] ページに移動します。

アクションの詳細

複数のアイテムを選択します。

アイテムをコピーします。

アイテムを移動します。

アイテムを削除します。

関連リソースを非表示を切り替える

サイトのコンテンツと構造のレポートについて

レポートを表示します。

[サイトのコンテンツと構造] ページにアクセスする

[サイトのコンテンツと構造] ページにアクセスするには、[サイトの操作] メニューを使用します。現在の位置がサイトのトップ レベルである場合は、[サイトの操作] メニューに目的のメニュー アイテムが表示されます。現在の位置がサブサイトの場合は、[サイトの設定] ページに移動してから、[サイトのコンテンツと構造] ページに移動できます。

注: このトピックのその他の手順は、次の手順により [サイトのコンテンツと構造] ページへアクセスする方法を理解していることを前提としています。

  1. [サイトの操作] をクリックし、[コンテンツと構造の管理] をクリックします。

  2. [コンテンツと構造の管理] が表示されていない場合は、次の操作を行います。

    1. [サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックして、[サイト コレクションの管理] の [トップ レベルのサイト設定に移動] をクリックします。

    2. [サイトの管理] の [コンテンツと構造] をクリックします。

  3. [サイトのコンテンツと構造] ページが表示されます。

  4. サイトの設定] ページに戻るには リストのツールバー] で、[設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

ページの先頭へ

操作について

このページのナビゲーション ウィンドウおよびリスト ウィンドウ内の各アイテムには、一般的な操作を実行できるようにショートカット メニューが用意されています。各ショートカット メニューを利用することで、一般的な Windows SharePoint Services 3.0 の操作をユーザー インターフェイス上の任意の場所で実行できます。チェックアウトやチェックアウトの破棄、承認のための送信、アイテムの発行などの発行機能を使用できます。また、サブサイトを移動、コピー、再帰的に削除することで、サイト コレクションの構造を変更できます。コンテンツがコピー、移動、または削除されると、コンテンツに関連付けられているリンクも更新されます。

[サイトのコンテンツと構造] ページのアイテムに対してどのような操作を実行できるかは、状況に依存し、各アイテムの状態に応じて決まります。たとえば、アイテムがチェックアウトされている場合、チェックアウト操作は有効になりません。有効になる操作は、現在のユーザーのセキュリティ コンテキストに応じて決まります。このように個々の機能の操作が有効になるかどうかとは別に、ある一連の操作が有効になるかどうか、または表示されるかどうかは、アイテムが含まれているリストの種類や、特定の機能 (発行など) がサイト コレクションで有効にされているかどうかなど、他の要因によって決まります。

チェックアウトの破棄操作は、1 つまたは複数のアイテムに対する別のユーザーのチェックアウト操作を取り消すことができる操作で、最後にチェックアウトされた時点の状態にアイテムを復元します。この操作を使用する一般的な状況としては、社員が休暇に入る前にファイルのチェックインを忘れた場合などが挙げられます。このような場合、マネージャがチェックアウトの破棄操作を使用して、ファイルを解放することができます。

注: この操作を利用できるのは、[サイトのコンテンツと構造] ページを使用し、ユーザーが適切な権限を保有している場合のみです。

ページの先頭へ

複数のアイテムを選択する

[サイトのコンテンツと構造] ページでは、1 つのアイテムに対して実行できる操作は複数のアイテムに対しても実行でき、その場合はまず複数のアイテムを選択し、次にアクションを選択します。

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページで、[種類] の横にある [すべてのアイテムの選択] ボタンをクリックします。

    • 操作対象から除外するアイテムのチェック ボックスをオフにします。

    • 個々のアイテムを選択するには、アイテムの横にあるチェック ボックスをオンにします。

  2. [操作] をクリックし、実行する操作をクリックします。

ページの先頭へ

アイテムをコピーする

サブサイトまたはリスト全体をサイト コレクションの階層内の別のサブサイトにコピーしたり、個々のリスト アイテムを互換のリストにコピーしたりできます。ただし、コピー操作を使用して、同じリスト内でリスト アイテムの複製を作成することはできません。

コピー操作を実行すると、すべてのナビゲーション コンポーネントに対してサイトのナビゲーションが更新され、サイトのナビゲーションにコピー元およびコピー先の場所にあるサブサイト、リスト、またはリスト アイテムの状態が反映されます。

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページで、コピーするアイテムを 1 つまたは複数選択します。

  2. [操作] をクリックし、[コピー] をクリックします。

  3. [コピー] ダイアログ ボックスで、コピー先を選択し、[OK] をクリックします。

  4. ソース項目が検証され、リンク先のコンテナーと互換性があることを確認します。場合の入力規則 決定します。

    • アイテムに互換性がある場合、このアイテムはコピーされ、[サイトのコンテンツと構造] ページが表示されます。

    • アイテムに互換性がない場合は、エラー メッセージが表示され、アイテムはコピーされません。

ページの先頭へ

アイテムを移動する

個々のリスト アイテムまたはサブサイト全体をサイト コレクション内の別のサブサイトに移動することができます。サブサイトを移動して、これをサイト コレクションの階層のトップレベルのディレクトリにすることも、サイト コレクションの階層内の別のサブサイトのディレクトリにすることもできます。サブサイトを移動すると、このサブサイト内のコンテンツもすべて移動されます。ただし、リストだけ (たとえば、ドキュメント ライブラリだけ) を別のサブサイトに移動することはできません。

ナビゲーションはサイト コレクションの階層から動的に生成されるため、サブサイトまたはアイテムを移動すると、ナビゲーションの内容が自動的に更新されて、移動したアイテムまたはサブサイトの新しい場所がナビゲーションに反映されます。

移動操作を使用すると、効率的にサイトのアーキテクチャを再構築できます。たとえば、サイトのナビゲーションを再構築したり、ある部署が別のグループに移動したため、この部署用のサブサイトを移動したりする必要がある場合があります。

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページで、移動するアイテムを 1 つまたは複数選択します。

  2. [操作] をクリックし、[移動] をクリックします。

  3. [移動] ダイアログ ボックスで、移動先をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. ソース アイテムが検証され、移動先のコンテナと互換性があるかどうかが確認されます。検証結果に応じて、次のように処理されます。

    • アイテムに互換性がある場合、このアイテムは移動され、[サイトのコンテンツと構造] ページが表示されます。

    • アイテムに互換性がない場合は、エラー メッセージが表示され、アイテムは移動されません。

ページの先頭へ

アイテムを削除する

この機能は、サイトの管理者が各アイテムを個別に削除しなくてもサイトを整理できるようにします。サブサイト全体または個々のアイテムをサイト コレクションの階層から削除できます。

サイトのごみ箱が有効な場合、リスト アイテムは削除した後でも回復することができます。ただし、サブサイトを削除した場合、これは抜本的な操作であるため、ごみ箱が有効な場合でも分岐全体が完全に削除されます。

注: サブサイトまたはページをサイト ナビゲーションに表示しないことが目的である場合は、サイトを削除するのではなく、[ナビゲーション オプション] ページに移動し、[非表示] 機能を使用してください。

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページのツリー ビューで、削除するサイトをポイントし、表示された矢印をクリックします。

  2. 表示されたメニューの [削除] をクリックします。

  3. 警告ダイアログ ボックスが開き、"選択したサイトを削除すると、すべてのコンテンツおよびユーザー情報が完全に削除されます。また、このサイトのすべてのサブサイトも完全に失われます。" というメッセージが表示されます。

  4. 警告ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

  5. この操作の処理には時間がかかるため、[削除処理を実行しています] Web ページが表示されます。

  6. 操作が完了すると、ブラウザに自動的に [サイトのコンテンツと構造] ページが読み込まれます。

ページの先頭へ

関連リソースを表示または非表示にする

この機能を使用すると、アイテムから呼び出されるリソースを特定できます。リソースとはページが使用するなんらかの要素で、ページ レイアウト、イメージ、カスケード スタイル シート (CSS)、当該ページからの他のページへのリンク、サイト コレクション内部からの当該ページへのリンク、当該ページへのまたは当該ページからのリンクが含まれます。あるアイテムの関連リソースの特定は、たとえば、イメージを削除する必要がある場合などに特に有用です。このイメージの依存関係を特定することで、必要に応じてリンクやリソースを更新できます。

この機能では一度に 1 つのアイテムの関連リソースしか表示されません。[関連リソースの表示] をクリックしたときにアイテムが選択されていなかった場合は、リスト ウィンドウの最初のアイテムが選択されます。リストで別のアイテムを選択すると、そのアイテムのリソースが表示されます。

関連リソースを表示するには   

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページで、リスト ツールバーの [関連リソースの表示] をクリックします。

  2. ['<アイテム名>' に関連するリソース] ウィンドウが表示されます。

  3. アイテムを選択していない場合は、リストがアルファベット順に並べられている場合、リストの最初のアイテムに対してレポートが実行されます。

関連するリソースを非表示にするには   

  1. [サイトのコンテンツと構造] ページで、リスト ツールバーの [関連リソースの非表示] をクリックします。

  2. ['<アイテム名>' に関連するリソース] ウィンドウが非表示になります。

ページの先頭へ

サイトのコンテンツと構造のレポートについて

Office SharePoint Server 2007 をインストールすると、7 種類のレポートが使用可能になります。任意のレポートを選択すると、現在のサイトおよび現在のサイトのサブサイトでこのレポートのフィルタに適合するすべてのアイテムが取得されます。

注: レポートに表示されているアイテムのコンテナを特定するには、名前の列をポイントすると、ブラウザのステータス バーにパスが表示されます。

サイトに対して適切な権限がある場合は、特定の状況や環境に合わせたレポートを作成または編集することができます。たとえば、作成者がサイト コレクション内で現在作業しているすべてのページを特定することが難しい場合があります。レポートを実行することで作業中のアイテムをすべて特定でき、その後 [すべてのドキュメント] ビューと同様にレポート ビューからもこれらのアイテムに対して操作を実行できます。

レポートはリストのアイテムであるため、新しいレポートを作成すると、このレポートは自動的に展開されます。また、レポートはリスト アイテムであるため、バージョン管理を行い、チェックアウトしなければ編集できないようにすることができます。

レポートを表示する

  1. レポートを表示するには、次のいずれかの手順に従います。

    • [サイトのコンテンツと構造] ページで、[表示] メニューから任意のレポートをクリックします。

    • [サイトの操作] をクリックし、[レポートの表示] をポイントして、任意のレポートを選択します。

  2. [サイトのコンテンツと構造] ページで、レポートが開きます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×