サイトでテキストまたはファイルを検索する

SharePoint Foundation 2010 サイトまたはリストでテキストまたはファイルを検索するには、検索ボックスに単語またはフレーズを入力します。ある SharePoint サイトに対して検索を行うと、現在のサイトおよびそのサブサイトが検索されます。複数のサイトを検索するには、ホームまたはルート サイトから検索を開始します。また、検索しようとしているコンテンツが特定のリストまたはライブラリに含まれていることがわかっている場合は、そのリストまたはライブラリの検索ボックスで検索を開始します。

この記事の内容

サイト上のテキストまたはファイルを検索する

リストまたはライブラリ内のテキストまたはファイルを検索する

効果的なクエリを作成する

プロパティ ベースの制限を使用する

演算子の使用

サイト上のテキストまたはファイルを検索する

コンテンツを探すとき、どこから検索すればよいかわからない場合は、まず、その情報があると思われる最上位のサイトから検索します。その後、情報が見つかるまで検索結果を絞り込んでいきます。コンテンツを検索するには、いくつかのキーワードを入力するか、または特定のフレーズを引用符で囲んで入力します。クエリの作成の詳細については、「効果的なクエリを作成する」を参照してください。

  1. 検索するサイトに移動します。

  2. 検索ボックスに検索する単語またはフレーズを入力し、[検索] をクリックします。

  3. 既定では、検索結果が関連性の順に表示されます。異なる方法で結果を並べ替えるには、[検索結果の絞り込み] のオプションをクリックします。新しいキーワードを入力し、検索範囲を [このリスト] に変更することもできます。その場合、以降のクエリは最初の検索結果の範囲内で実行されます。検索範囲を [このサイト] に設定して新しい検索条件を入力した場合は、元のクエリと同じサイトから検索が実行されます。

    注記: 

    • 検索結果には、リスト アイテムの添付ファイルは表示されません。

    • 検索ボックスには、最大 255 文字を入力できます。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリ内のテキストまたはファイルを検索する

探しているコンテンツがリストまたはライブラリに存在することがわかっている場合は、そのリストまたはライブラリが存在するページから検索を開始します。ドキュメントの作成者、作成日などのメタデータで、検索結果をさらに絞り込むことができます。コンテンツを検索するには、いくつかのキーワードを入力するか、特定のフレーズを引用符で囲んで入力します。クエリの作成の詳細については、「効果的なクエリを作成する」を参照してください。目的のコンテンツが見つからなかった場合は、サイトから検索を試みるか、キーワードを変えてみるなどしてください。

  1. 検索するリストまたはライブラリに移動します。

  2. 検索ボックスに検索する単語またはフレーズを入力し、[検索] をクリックします。

  3. 既定では、検索結果が関連性の順に表示されます。異なる方法で結果を並べ替えるには、[検索結果の絞り込み] のオプションをクリックします。

    注記: 

    • 検索結果には、リスト アイテムの添付ファイルは表示されません。

    • 検索ボックスには、最大 255 文字を入力できます。

ページの先頭へ

効果的なクエリを作成する

検索を実行する場所が、サイトからであるかリストからであるかを問わず、必要な情報をすばやく見つけるには、効果的なクエリを作成することが大切です。より詳細にクエリを定義するには、キーワード、フレーズを使用するか、プロパティ制限を追加して検索します。

キーワードを使用して検索するには、検索ボックスに 1 つ以上のキーワードを入力します。たとえば、「人的 リソース 担当者」と入力してクエリを実行すると、その単語がドキュメント内で表示される場所に関係なく、すべての単語 (人的、リソース、担当者) に一致するすべてのドキュメントが返されます。

フレーズを使用して検索するには、フレーズを二重引用符で囲みます。これにより、ドキュメント内の複数の単語がまとめて検索されます。たとえば、「人的 リソース 担当者 "seattle washington"」と入力して検索すると、「人的 リソース 担当者」を含み、「シアトル」と「ワシントン」が隣接して出現するすべてのドキュメントが返されます。

英語の in、the、it、by や 1 桁の数字、大文字など、よく使用される単語は自動的に無視されます。

プロパティ ベースの制限を使用する

プロパティ (SharePoint に保存されるドキュメントのメタデータ) を使用してクエリを作成することで、より強力なクエリを作成できます。プロパティには、ドキュメントの作成者、ドキュメントが変更された日付などがあります。プロパティを使用した検索を作成する場合は、プロパティと値の間にスペースを入れないでください。たとえば、古井さんが作成したすべてのドキュメントを検索するには、「author:古井」と入力します。

プロパティ ベースの制限を使用して、キーワード値またはフレーズ値を検索することもできます。たとえば、John Smith が作成したすべてのドキュメントを検索するには、スペースを入れずに「author:"John Smith"」と入力します。

次の表は、プロパティ ベースの規則を使用する方法の詳細を示しています。

方法

説明

プロパティの値で検索する

"<プロパティ>:<値>" の構文を使用します。たとえば、「作成者:古田」と指定した場合、名前が "古田" であるユーザーによって作成されたすべてのドキュメントが検索されます。

ファイル名で検索する

"Budget.xlsx" という名前のファイルを検索するには「filename:"Budget"」と二重引用符付きで入力し、"Budget_Current.xlsx" と "Budget_Next.xlsx" の両方を検索するには「filename:budget」と二重引用符なしで入力します。

ファイルの種類で検索する

Excel 2007 で作成された予算スプレッドシートを探しているとします。Excel 2007 ブックの検索結果のみを表示するには、クエリに "filetype:xlsx" を追加します。

複数のプロパティを使用して検索する

検索サービスでは、異なるプロパティを使用する語の間のスペースは、AND と解釈されます。たとえば、"title:budget filetype:xlsx" で検索すると、タイトルが "Budget" で始まる Excel 2007 ブックのみが返されます。

ファイル プロパティを追加する

返されるファイルの名前または種類を指定するには、プロパティを使用します。たとえば、"スケジュール" という単語を含む Microsoft Office Word 2007 ファイルを検索するには、[検索] ボックスに「スケジュール filetype:docx」と入力します。

同じプロパティの別の値を検索する

検索サービスでは、同じプロパティを使用する語の間のスペースは OR と解釈されます。たとえば、「作成者:"古田 典央" 作成者:"河田 弘穀"」で検索すると、いずれかの人物が作成したアイテムが返されます。

プロパティ値を除外する

特定のプロパティ値でマークされたコンテンツを除外するには、プロパティ名の前に負符号 (-) を付加します。

特定のサーバーに検索を絞り込む

検索に site プロパティを使用できる場合、クエリに「site:<サーバー名>」を追加して、特定のサーバーに格納されているコンテンツに検索を絞り込むことができます。

注: バックスラッシュ (\) はクエリに使用できません。したがって、「site:\\<サーバー名>」を入力するときは、サーバーのパスにバックスラッシュを使用しないでください。

日付/時刻

関係演算子や論理演算子には、任意の形式の日付/時刻プロパティを組み合わせて、クエリを作成することができます。たとえば、「検索仕様の更新日=7/8/09」とした場合、2009 年 7 月 8 日に変更されたすべての検索仕様が返されます。

演算子の使用

AND や OR などのブール型 (Boolean) の関数、またはアスタリスク (*) などのワイルドカード文字はサポートされません。ただし、キーワードの前に正符号 (+) または負符号 (-) を付けることで、キーワードを含めるか除外するかを指定できます。たとえば、「絵画 + ピカソ」と入力して検索した場合、ピカソの作品のみが返されることになります。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×