サイトおよびページのカスタマイズの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイトは組織のニーズに応じて、さまざまな方法で変更することができます。一部の機能を使用すると、サイト全体に対して、効率的にユーザー設定を設定および適用することができます。

概要

サイトをカスタマイズするのには、さまざまな方法があります。その構造と外観を変更、コンテンツを追加、およびサイトの設定を変更することができます。これらの設定を変更する許可がある場合は、他のツールはせずにブラウザーを使用して、これらのカスタム設定を適用できます。プログラムを使用してサイトをカスタマイズしたり、Web を使用してデザイン ツールできます。

サイト内の列やマスタ ページなどの一部の機能を使用すると、サイト全体に対して、ユーザー設定を効率的に適用することができます。たとえば、リストおよびライブラリで、組織内の部署を識別するのに列を使用することができます。部署のドロップダウン リストを使用してサイト内の列を設計し、サイト上のすべてのリストおよびライブラリでそれを使用することができます。サイト内の列を使用すると、チーム メンバは正確な部署名や Windows SharePoint Services 3.0 サイト上の部署名を覚えておく必要がないので、より一貫した情報のレポートおよび分析が可能になります。

次に、他のツールを使用せずにサイトをカスタマイズする方法を示します。多くの場合、これらの機能を使用するには、デザイン アクセス許可レベルが必要です。詳細については、サイトの所有者または管理者に問い合わせてください。

タイトルおよび外観を変更する    サイトの名前および説明を変更することができます。ホーム ページの既定のグラフィックスやサイトのテーマを変更することもできます。テーマとは一連の色、フォント、および装飾要素のことで、サイトのページを一貫した外観にするのに役立ちます。

追加のサブサイトや Web ページ   サイトを作成する権限がある場合に、特別な編集ツールがない場合、サイトのサブサイトや Web ページを追加できます。場合は、管理者がセルフ サービス サイト作成を有効、追加のトップレベル サイトを作成することもできます。

サブサイトおよびトップレベル サイトを使用すると、サイトのコンテンツを別々に管理できるサイトに分割することができます。サブサイトは既存のサイトのナビゲーション要素内に自動的に表示され、そのサイトのナビゲーションを継承するので、ナビゲーション要素を自分で再作成する必要はありません。

追加または Web パーツを変更します。   Web パーツを使用して、すばやくを設定して、ページを変更することができます。Web パーツは、Web パーツ ページの基本的な文書パーツを構成する情報の単位です。Web パーツ ページで Web パーツ領域に Web パーツを追加し、[サイト ユーザーの一意のページを作成するのには、個々 の Web パーツをカスタマイズできます。

Web パーツでは、一般的なタスクや特定の関心事を中心に構築を動的な情報ポータル サイトにリストと、グラフとテキストやイメージなどの Web コンテンツなどのデータを結合することができます。

次の例では、イメージ Web パーツを使用して、Web パーツの基本的な機能について説明します。

イメージ Web パーツのサンプル

1.  Web パーツのタイトル バーには、Web パーツの見出しが含まれます。

2.  [Web パーツ] メニューには、Web パーツを最小化または閉じたり、Web パーツを編集したり、特定の Web パーツのヘルプを参照したりするための機能が含まれます。ページが編集モードのときにこのメニューを使用すると、操作中の Web パーツの種類に応じて、Web パーツを削除したり、他の Web パーツに接続したりすることができます。

3.  Web パーツの本文には、使用する Web パーツの種類に指定したコンテンツが含まれます。この例では、Web パーツはイメージを表示するイメージ Web パーツです。

リストおよびライブラリを追加する    リストおよびライブラリでは、サイト上の情報を保存および管理します。リストでは、予定表のアイテム、アンケート、タスク、案件などのデータを保存および管理します。ライブラリでは、ドキュメントや画像などのファイルを保存します。サイトには、[予定表]、[タスク] リスト、[チーム ディスカッション]、[共有ドキュメント] などの既定のリストおよびライブラリがいくつか既に設定されています。サイトには、さまざまな種類のリストおよびライブラリの作成元となるテンプレートも用意されています。独自にユーザー設定のリストを作成し、他のリストのテンプレートとして保存することもできます。ビューを作成して、リストまたはライブラリ内の情報を特定の対象ユーザー向けに、異なる方法で表示することができます。たとえば、特定の部署内のユーザーに割り当てられているリスト アイテムや、先週作成されたドキュメントなどを表示できます。

リストおよびライブラリを使用すると、情報を保存するだけではなく、管理することができます。たとえば、バージョン管理を有効にして、リスト アイテムおよびファイルに対する変更内容を管理し、誤って変更した場合は前のバージョンに復元することができます。また、RSS フィードおよび通知を使用して、リストおよびライブラリに加えられた最新の変更内容を取得することもできます。

ライブラリにおけるバージョン番号

1. 現在発行されているライブラリ内のファイルのメジャー バージョンが強調表示され、バージョン番号は整数です。

2. プロパティまたはメタデータが変更されると、バージョンが作成されます。

3. ファイルの最初のバージョンは、常にマイナー バージョン番号 0.1 です。

サイトのナビゲーションを変更する    サイトの所有者がカスタマイズできるナビゲーション要素として、サイド リンク バーとトップ リンク バーの 2 つがあります。サイド リンク バーは、[すべてのサイト コンテンツの表示] リンクのすぐ下で一番手前に表示されているページの横に表示されます。サイド リンク バーを使用すると、セクションの見出しと、サイト内の別の領域へのリンクを論理的な方法で表示することができます。

サイド リンク バー

トップ リンク バーは、サイト上のすべてのページの上部に 1 つまたは複数のハイパーリンクが設定されたタブとして表示されます。サイト所有者を親サイトのトップ リンク バーを表示またはそのサブサイトの固有のトップ リンク バーを表示できます。

トップ リンク バー

権限を構成します。    サイト所有者は、アクセス許可レベル、権限、および SharePoint グループを使用して、さまざまな方法でサイトにアクセスを構成できます。アクセス許可レベルを使用すると、サイトの特定のアクションを実行できるように、ユーザーと SharePoint グループに所定の権限を割り当てることができます。新しいアクセス許可レベルを作成する (または既存のアクセス許可レベルを編集) の一般的なタスクを実行するために必要な権限を持つ、サイトのアクセスをさらにカスタマイズできます。ユーザーと SharePoint グループは、サイト、リスト、リスト アイテム、ライブラリ、リスト、ライブラリ、そのドキュメント内のフォルダーなど、セキュリティ保護可能オブジェクトに関連付けられます。

最も簡単に管理を行うには、標準の SharePoint グループ (サイト名 Owners、サイト名 Members、およびサイト名 Visitors) の使用から開始し、サイト レベルでアクセス許可を割り当てます。 ユーザーが行う操作をより詳細に管理する必要がある場合は、追加の SharePoint グループおよびアクセス許可レベルを作成することができます。 さらに高いセキュリティを必要とする、機密性の高いデータを含む特定のリスト、ライブラリ、リストまたはライブラリ内のフォルダ、リスト アイテム、またはドキュメントがある場合は、詳細に設定された権限を使用して、特定の SharePoint グループまたは個別のユーザーに権限を付与することができます。ただし、詳細に設定された権限の管理は、非常に時間のかかるタスクです。

その他のサイトの設定をカスタマイズする    タイム ゾーン、並べ替え順序、予定表を含む地域設定など、サイトのその他のさまざまな設定をカスタマイズすることができます。サイトを検索中に表示するかどうか、どのように表示するか、またはユーザーが RSS フィードおよび通知を使用してサイトの最新の変更内容を受信する方法もカスタマイズできます。サイトの設定を表示するには、 ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) の [サイトの設定] をクリックします。

マスタ ページを使用する    マスタ ページには、サイト内の複数のページで繰り返し使用するページ デザインおよびレイアウト要素が含まれています。マスタ ページを使用すると、デザインおよびレイアウト要素を各 Web ページ上で変更するのではなく、マスタ ページ上で作成および更新することにより、サイトの外観の一貫性を高めることができます。マスタ ページには、サイド リンク バー、トップ リンク バー、タイトル、ロゴなど、Web ページ上に配置できる任意の要素を含めることができます。

既定では、すべてのサイトに 1 つのマスタ ページがあり、マスタ ページ ギャラリーに保存されています。マスタ ページ ギャラリーにはマスタ ページをいくつでも保存できますが、サイトで既定のマスタ ページとして選択できるのは 1 つのマスタ ページのみです。マスタ ページをゼロから新規作成するには、Windows SharePoint Services と互換性のある Web 作成ツール (Microsoft Office SharePoint Designer 2007 など) を使用するか、既存のマスタ ページを複製して、変更する必要がある要素のみを編集します。

サイト内の列を作成する    サイト内の列とは、再利用可能な列の定義 (つまりテンプレート) で、複数の SharePoint サイト間で複数のリストに対して割り当てることができます。サイト内の列は、組織で複数のリストおよびライブラリに一貫した設定を使用する場合に便利です。複数のリストおよびライブラリの間で設定を共有できるため、毎回設定を作成し直す必要がありません。たとえば、Customer という名前のサイト内の列を定義するとします。ユーザーはその列を各自のコンテンツ タイプまたはリストに追加できます。これにより、少なくとも開始時には、その列が表示されるすべての場所で列に確実に同じ属性を持たせることができます。

リストまたはライブラリにアイテムを追加する場合は、フォームに記入します。このフォーム内の各列は、フィールドとして表示されています。各フィールドのラベルには、列の名前が使用されています。列の説明を入力すると、その説明がフィールドの下部に表示されます。該当のフィールドにどのような情報を入力したらよいかを示す説明を付けておくと、チーム メンバがフォームに記入する際に役立ちます。

ワークフローを追加する    ワークフローは、ユーザーがドキュメントで共同作業を行い、特定のビジネス プロセスをサイト内のドキュメントおよびアイテムに実装してプロジェクト タスクを管理するのに役立ちます。ワークフローは、組織が一貫したビジネス プロセスに準拠し、特定のビジネス プロセスにかかわるタスクおよび手順を管理して組織の効率および生産性を向上させるのに役立ちます。これにより、これらのタスクを実行するユーザーは、ワークフローの管理を気にする必要がなく作業に集中できます。

ユーザー設定の承認ワークフローのフローチャート

を作成するコンテンツ タイプを追加して   コンテンツ タイプでは、整理、管理、およびサイト コレクション全体で一貫した方法でコンテンツの処理を有効にします。ドキュメントまたは情報製品の特定の種類のコンテンツ タイプを定義するには、組織により一貫した方法でのコンテンツの各グループを管理します。

単一のプロジェクトで、業務中にさまざまな種類のコンテンツ (提案、契約書、作業明細書、製品の設計仕様書など) が作成される可能性があります。これらのドキュメントは単一のプロジェクトに関連しているため、一緒に保存されますが、異なる方法で作成、使用、共有、および保持されます。コンテンツ タイプとは、特定の種類のコンテンツに対して共有動作を記述する設定のグループであり、他のコンテンツにも再利用できます。コンテンツ タイプは任意のアイテム タイプ (ドキュメント、リスト アイテム、フォルダなど) に対して定義できます。

サイト テンプレートを適用する    サイト テンプレートはサイトの新規作成に使用できます。既定のサイト テンプレートがさまざまなニーズに応じて数多く用意されており、新規サイトを作成する際に使用できます。サイトをカスタマイズした場合、その設定および構成を再使用するには、そのサイトをサイト テンプレートとして保存します。サイトをカスタマイズする権限がある場合は、ユーザー設定のサイト テンプレートを作成および適用できます。サイト テンプレートの保存および管理は、サイト上のサイト テンプレート ギャラリーで行います。

リスト テンプレートを使用する    リスト テンプレートは、予定表、案件管理リスト、リンク リストなどのリストの新規作成に使用できます。リストを管理する権限がある場合は、独自にリスト テンプレートを作成およびカスタマイズできます。このリスト テンプレートはユーザーがリストを新規作成する際に使用できます。ユーザー設定のリストを作成した場合、それを再使用するには、そのリストをリスト テンプレートとして保存します。リスト テンプレートの保存および管理は、サイト上のリスト テンプレート ギャラリーで行います。

Web デザイン ツールを使用してサイトをカスタマイズする    Windows SharePoint Services と互換性がある Web ページ デザイン プログラムまたは編集ツール (Microsoft Office SharePoint Designer など) を使用して、サイトをさらにカスタマイズすることができます。ファイルの追加、外観のカスタマイズ、コンポーネントの挿入、およびリストやライブラリの追加を行うことができます。詳細については、Web デザイン プログラムまたは編集ツールのヘルプを参照してください。

プログラムを使用してサイトのカスタマイズ   高度な Web 開発の変更は、プログラミング モデルを使用することができます。カスタマイズは、Microsoft ASP.NET ページを追加します。サイト テンプレート、サイトの拡張機能、およびフィールドの種類をカスタマイズします。クロス リスト クエリを作成します。開発とMSDN の Windows SharePoint Services デベロッパー センタープログラムで Web サイトのカスタマイズに関するその他のリソースを検索できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×