サイズを変更するか、ワークシート内のコントロールの書式を設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ワークシート フォームの本格的な外観の外観を作成するには、すべてのコントロールとオブジェクトに一貫性のある形式を提供して、サイズを適切にください。

重要: コントロールを操作できるようにするには、まず [開発] タブの [有効にするがあります。詳細については、 [開発] タブを参照してください

コントロールのサイズを変更するには、サイズ変更ハンドルをドラッグして、コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスで数値を入力します。

1 つまたは複数のコントロールは ActiveX コントロールの場合。

  1. サイズを変更するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    サイズ変更ハンドルを使用してサイズを変更します。   

    1. ハンドルのいずれかの上にポインターを移動します。

      ActiveX コントロールの境界

    2. 次のいずれかの操作を行います。

      • 1 つまたは複数の方向にサイズを増減するには、または中心からマウスをドラッグします。

      • 保つには、コントロールの中心を同じ位置に、ctrl キーを押しながらマウスをドラッグします。

      • コントロールの縦横比を維持するには、shift キーを押しながらマウスをドラッグします。

      • 中心を同じ位置に固定してオブジェクトの縦横比を維持するためには、ctrl キーと shift キーを押したままマウスをドラッグします。

    3. Ctrl キーまたは shift キーを離しますをマウスのボタンを離します。

    数値を入力してサイズを変更します。   

    1. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    2. [サイズ] タブのコントロールの幅と高さの測定値を入力またはをクリックしてまたは下向き矢印キー、高さと幅を移動します。

    3. コントロールの縦横比を維持するには、縦横比を固定する] チェック ボックスを選択します。

      注: (高さと幅を元にリセット) をリセット] ボタン、回転角度] テキスト ボックス、および [元のサイズに合わせる] チェック ボックスは使用できません。

1 つまたは複数のコントロールは ActiveX コントロールの場合。

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. [コントロール] の [開発] タブで、コントロールの書式設定のプロパティを設定するには、プロパティ ボタンの画像 をクリックします。

    ヒント: コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックすることもできます。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。各 [書式] プロパティの詳細については、プロパティを選択し、 Visual Basic のヘルプトピックを表示する f1 キーを押します。Visual Basic のヘルプの検索ボックスに、プロパティの名前を入力することもできます。次のセクションでは、使用可能な書式設定のプロパティをまとめたものです。

    書式設定プロパティの概要

    注: 各 ActiveX コントロールには、次の書式設定のプロパティの別のサブセットがあります。

    指定する対象

    使用するプロパティ

    前景色

    ForeColor (フォーム)

    背景色

    BackColor (フォーム)

    背景のスタイル (透明または不透明)

    BackStyle (フォーム)

    枠線の色

    BorderColor (フォーム)

    枠線の種類 (なし、または単一線)

    BorderStyle (フォーム)

    コントロールに影を適用するかどうか

    Shadow (Excel)

    枠線の外観 (なし、浮き出し、くぼみ、枠囲み、またはバンプ)

    SpecialEffect (フォーム)

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [色と線] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 色を変更するには、ボックスの一覧から、色を選択します。

    • その他の色を検索、独自の色を作成、または透明度を調整、その他の色] をクリックします。

    • 調整し、グラデーション、テクスチャ、パターン、または画像を追加するは、[塗りつぶし効果] をクリックします。

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [フォント] タブで、フォント、フォント スタイル、フォント サイズ、選択したテキストの書式オプションを選択します。

    サイズの値として、1 ~ 1638 の任意の数値を入力できます。サイズの一覧で使用可能なサイズは、選択したフォントとプリンターによって異なります。フォント、フォント スタイル、サイズ、および効果を標準(既定) にリセットするには、[標準フォント] チェック ボックスを選択します。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  6. [配置] タブのテキストの配置、方向、および、必要な印刷の向きオプションを選択し、[ OK] をクリックします。

  7. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  8. [余白] タブの必要な内部の余白オプションを選択し、[ OK] をクリックします。

注: 3-D の網かけで表示するフォームのラベル コントロールの書式を設定できないため、3-D 表示でのみ、フォーム ボタン コントロールの表示は、[ 3-D 表示] チェック ボックスは、[コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスでいずれかのコントロールの使用できません。

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択範囲を右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [コントロール] タブの [] をクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×