スキップしてメイン コンテンツへ

コースのまとめ: Access 2013 のクエリで抽出条件を使用する

抽出条件を追加する

クエリをデザイン ビューで開きます。 フィルターを適用するフィールドで、[抽出条件] 行または [または] 行に抽出条件を追加します。

基本ルール

文字列の抽出条件は二重引用符で囲みます。 数値は囲みません。 日付と時刻はシャープ記号で囲みます。 Yes/No フィールドにフィルターを適用するには、 Y、N、1、0 を使います (すべてのタイプのデータベースに該当)。

And/Or

AND ロジックの場合、すべての抽出条件を同じ [抽出条件行] または同じ [または] 行に指定します。 OR ロジックの場合、抽出条件を行ごとに指定します。

NOT、IN、LIKE、BETWEEN

NOT は抽出条件に一致しない値をすべて返します。 IN は抽出条件に一致する値をすべて返します。 LIKE でワイルドカード文字を使用できます。 BETWEEN と AND でデータをフィルター処理できます。

ワイルドカード

抽出条件でのワイルドカードの使い方について詳しくは、このスライドのリンクをご覧ください。 MDB ファイルと ACCDB ファイルには ANSI-89 文字、Access Apps には ANSI-92 を使います。

関連項目

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×