コンピューター管理者が Business Contact Manager でユーザーを追加する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーが別のコンピューター (リモート データベース) にある Business Contact Manager データベースにアクセスするには、データベースが置かれているコンピューターがドメインに参加していない限り、データベースの所有者はそのコンピューターのアクセス許可も与える必要があります。ドメインに参加しておらず、データベース所有者が管理者としてコンピューターにログオンできない場合、コンピューターの管理者が新しいユーザーにこのアクセスを与える必要があります。コンピューターがドメインに参加している場合、そのドメインの管理者がユーザーにコンピューターのアクセス許可を与えることができます。

自分が管理者になっているかどうかわからない場合、「Business Contact Manager で自分が管理者であることを確認する方法」を参照してください。

管理者としてログオンする

管理者としてログオンするか Administrators グループのメンバーとしてログオンするには、使用しているオペレーティング システムの手順に従います。

Windows XP の場合

  1. [スタート] メニューで [ログオフ] をクリックして、[ログオフ] をもう一度クリックします。

  2. 管理者としてログオンするには、次のいずれかの操作を行います。

    • [ようこそ] 画面で、管理者ユーザー アカウントのアイコンをクリックし、パスワードを入力します。

    • ドメインで、Ctrl キーを押しながら Alt キーと Del キーを押し、管理者ユーザー アカウントのアカウント情報を入力します。

      注:  複数のコンピューターにログオンできる場合は、[オプション] をクリックし、[ログオン先] フィールドで、[<コンピューター名> (このコンピューター)] を選びます。<コンピューター名> は、データベースが置かれているコンピューターの名前です。

Windows Vista の場合

  1. [スタート] をクリックし、[ロック] の横にある矢印をポイントして、[ログオフ] をクリックします。

  2. [ようこそ] 画面で、管理者ユーザー アカウントのユーザー アカウント アイコンをクリックし、パスワードを入力します。

    または

    プログラム アイコンまたは開きたいファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。 使用するアカウントを選び、パスワードを入力します。

    注:  複数のコンピューターにログオンできるときに、別のドメインにログオンするには、[ユーザー名] ボックスにドメイン\ユーザー名を入力します。これはログオンするドメインの名前と自分のユーザー名です。 使用中のコンピューターにログオンするには、[ユーザー名] ボックスに、コンピューター名\ユーザー名を入力します。

Windows 7 の場合

  1. [スタート] をクリックし、[シャットダウン] の横にある矢印をポイントして、[ログオフ] をクリックします。

  2. Ctrl キーを押しながら Alt キーと Del キーを押してログオンします。

  3. [ようこそ] 画面で、[ユーザーの切り替え] をクリックし、管理者ユーザー アカウントのユーザー アカウント アイコンをクリックして、パスワードを入力します。

    または

    プログラム アイコンまたは開きたいファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。 使用するアカウントを選び、パスワードを入力します。

    注:  複数のコンピューターにログオンできるときに、別のドメインにログオンするには、[ユーザー名] ボックスにドメイン\ユーザー名を入力します。これはログオンするドメインの名前と自分のユーザー名です。 使用中のコンピューターにログオンするには、[ユーザー名] ボックスに、コンピューター名\ユーザー名を入力します。

Business Contact Manager データベースのアクセスを許可または拒否するには

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[共有を管理する] をクリックします。

  3. [共有を管理する] ウィザードの手順に従います。詳細については、「Business Contact Manager のデータを他のユーザーと共有する」を参照してください。

    注記: 

    • 一部のユーザーのアクセスを許可または拒否するには、[次のユーザーとデータを共有します] を選択し、[同じネットワークの他のコンピューターを使用しているユーザー] にチェックマークを入れます。[ユーザーの選択] ページで、アクセス許可を与えるユーザーを選択します。新しいユーザーを追加するには、[新しいユーザーの追加] をクリックします。ユーザーにこのコンピューターのアクセス許可が既に与えられている場合、そのユーザーのアカウントをもう一度追加する必要はありません。

    • ユーザーがワークグループに参加している場合、管理者はそのユーザーの仮パスワードを提供する必要があります。この仮パスワードは 1 回のみ利用できます。新しいユーザーが初めて Business Contact Manager データベースにアクセスすると、この仮パスワードを入力し、それから現在のネットワークまたはローカル パスワードを入力するように求められます。それ以降は、ユーザーのネットワークまたはローカル パスワードでネットワークとデータベースの両方のアクセスが許可されます。仮パスワードであっても、本パスワードであっても、使用するパスワードは、ローカル ネットワークに設定されているセキュリティ標準に準拠する必要があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×