コントロールの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ユーザーが入力するすべての Microsoft Office InfoPath フォームは、基になるフォーム テンプレートに基づいています。フォーム テンプレートでは、最終的なフォームの外観し、動作を決定します。

フォームに入力するときに、ユーザーは、テキスト ボックスに入力し、リスト内のアイテムをクリックすると、] チェック ボックスを選択するその他のアクションを実行する情報を入力します。ユーザーとやり取りするグラフィカル ユーザー インターフェイスのオブジェクトは、コントロールと呼ばれます。データや選択肢を表示、操作を実行する、またはフォームのユーザー インターフェイスを読みやすくするためには、コントロールを使用します。

テキスト ボックスとリスト ボックスなどの標準コントロールに加えて InfoPath には、いくつかの繰り返しテーブル、選択肢グループ、省略可能セクションなどの新しいコントロールが含まれています。これらの種類のコントロールを使用して、ユーザーに対応する柔軟なフォーム テンプレートをデザインできます。たとえば、経費報告書フォーム テンプレートでは、[繰り返しテーブルに使えるユーザーだけを入力できるようにする必要があるは、アイテムを経費します。

ユーザーがコントロールに入力した情報は、フォームのデータ ソースに保存されます。フォーム テンプレートをデザインする際に通常、コントロールを挿入するのにコントロール] 作業ウィンドウを使用するが、フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからフィールドおよびグループをドラッグしてコントロールを挿入することもできます。

フォント、色、およびコントロール、コントロールの既定値とデータ型、内部のテキストの配置などのコントロールの外観をカスタマイズして、ユーザーのときに表示されるポップ ヒントなどのプロパティが上にマウス ポインターを置いた、コントロール。情報をフィルター処理、または動作規則に応答するには、その機能などのコントロールの動作をカスタマイズすることもできます。

ヒント: コントロールのプロパティを表示するには、フォーム テンプレート上のコントロールをダブルクリックします。

この記事の内容

コントロールとデータ ソース

フォーム テンプレート上のコントロールを挿入する方法

コントロールの種類

互換性に関する考慮事項

フォーム テンプレートからコントロールを削除します。

コントロールとデータ ソース

、に関連付けられているまたは、フォーム テンプレートのデータ ソースにバインドされた InfoPath フォーム上のコントロールのほぼすべてがします。テキスト ボックス、チェック ボックス、リスト ボックスなど、ほとんどのコントロールは、データ ソース内のフィールドにバインドされます。コントロールがデータ ソースにバインドされていない場合、または正しくバインドされていない] に入力した情報を制御するが、基になるフォーム (.xml) ファイルで正しく保存できません。

InfoPath フォーム テンプレートをデザインする際に、コントロールを挿入するたびを自動的に作成されたデータ ソースのフィールドがようにすることができますかが手動で各コントロールにバインドする既存のフィールドを自分で。

次の例では、フォーム デザイナーには、フォーム テンプレート上の[姓]テキスト ボックスが挿入されます。テキスト ボックスは、フォーム テンプレートのデータ ソースのフィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上のコントロールとデータ ソース内のフィールドの関係

このフォーム テンプレートを基にフォームに入力するときに、ユーザーは、 [姓]テキスト ボックスに自分の名前を入力します。InfoPath では、次の図に示すように、そのデータが拡張マークアップ言語 (XML) としてに保存します。

テキスト ボックスに入力されたデータが XML として保存される

同時に、コントロールとその関連するフィールドの種類方法と、ユーザーは、その情報を入力できるユーザーは、[コントロール] に入力できる情報の種類をも決定します。たとえば、日付データ型を持つフィールドにバインドされているフォーム テンプレート上の日付選択コントロールを使っている場合、[ユーザーを入力できる日付のみを制御するにします。そのコントロールに、名前や住所などの他のデータを入力すると、データの入力規則のエラーが InfoPath に表示されます。

注: フォーム テンプレートのメインのデータ ソースのほかに、XML ドキュメント、データベース、Web サービス、および Microsoft Windows SharePoint Services ライブラリとリスト データ接続を作成できます。これらのデータ接続なったり、セカンダリ データ ソースのリスト ボックスを追加し、テキスト ボックスとその他のコントロールの値を提供するために使用できます。

ページの先頭へ

フォーム テンプレート上のコントロールを挿入する方法

フォーム テンプレートを設計する場合は、コントロールを挿入するコントロール] 作業ウィンドウを使用することができます。フィールドまたはグループが自動的に作成を追加するコントロールごとにデータ ソース内のコントロールを挿入すると、自動的にフォーム テンプレートのデータ ソースを作成することができます。また、各コントロールを既存のフォーム テンプレートのデータ ソース内のグループまたはフィールドにバインドすることができます。このオプションを選択する場合は、コントロールを挿入するときに、データ ソースのフィールドまたはグループを選択求められます。

ヒント: 自動的にデータ ソースの作成とバインドを切り替えるには、コントロールの既存のフィールドまたはグループは、コントロール] 作業ウィンドウで自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスを使用します。

フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからフィールドおよびグループをドラッグしてコントロールを挿入することもできます。フィールドまたはグループをフォーム テンプレート上にドラッグするたびに InfoPath では、[フィールドまたはグループに最適なコントロールを補完します。たとえば、日付/時刻型のフィールドには、InfoPath は日付の選択を挿入します。

ページの先頭へ

コントロールの種類

[コントロール] 作業ウィンドウには、フォーム テンプレートに追加できる 30 を超える別のコントロールが含まれています。これらのコントロールは、次のカテゴリに分類できます。

  • 標準のコントロール

  • 繰り返しとオプションのコントロール

  • ファイルと画像コントロール

  • 高度なコントロール

  • カスタム コントロール

次の表では、各コントロールの目的について説明します。

標準のコントロール

標準的なコントロールには、通常の収集と情報を表示すると関連付けるコントロールが含まれます。これらのコントロールには、テキスト ボックス、リスト ボックス、チェック ボックス、およびボタンが含まれます。

コントロール

アイコン

説明

テキスト ボックス

ボタンの画像

最もよく使われるフォーム上のコントロール。ユーザーは、文、名前、数値、日付、時刻など、テキスト ボックスに、あらゆる種類の書式設定されていないテキストを入力できます。テキスト ボックスには、書式設定されたテキストを含めることはできません。

リッチ テキスト ボックス

ボタンの画像

含めることができるコントロールは、太字など、テキストと斜体のテキスト、フォント、フォント サイズ、フォントの色のさまざまな書式設定されます。さらに、ユーザーに挿入できる画像、リスト、およびテーブル リッチ テキスト ボックス。

ドロップダウン リスト ボックス

ボタンの画像

ボックスの選択肢の一覧に表示されるコントロール。リストからアイテムを選択するには、ユーザーは選択肢の一覧を開くための矢印をクリックします。[選択項目は、フォームのデータ ソースの値から、または XML ドキュメント、データベース、Web サービス、または SharePoint ライブラリまたはリストにデータ接続から取得される値から、手動で作成したリストから取得できます。

コンボ ボックス

ボタンの画像

元となるユーザーが適切なアイテムを選ぶか、自分を入力する] ボックスに選択肢の一覧に表示されるコントロール。[選択項目は、フォームのデータ ソースの値から、または XML ドキュメント、データベース、Web サービス、または SharePoint ライブラリまたはリストにデータ接続から取得される値から、手動で作成したリストから取得できます。

リスト ボックス

ボタン イメージ

ユーザーが適切なアイテムを選ぶためのボックスに選択肢の一覧に表示されるコントロール。[選択項目は、フォームのデータ ソースの値から、または XML ドキュメント、データベース、Web サービス、または SharePoint ライブラリまたはリストにデータ接続から取得される値から、手動で作成したリストから取得できます。

日付の選択コントロール

ボタンの画像

ユーザーが日付または日付を選択できるようにする予定表] ボタンを入力する場所のボックスを含むコントロール。

チェック ボックス

ボタン イメージ

コントロールを追加または小さい四角形] ボックスからチェック マークの削除、ユーザーが"はい/いいえ"の設定または true または false の値を許可します。

オプション ボタン

ボタン イメージ

相互に排他的な選択肢の集まりをからできるようにコントロールを選択します。グループ内の 1 つのオプション] ボタンを選択すると、その他のオプション ボタンが消去されます。オプション ボタンのグループが、データ ソース内の 1 つのフィールドにバインドされているし、各オプション ボタンは、そのフィールドに、別の番号を保存します。

ボタン

ボタンの画像

フォームまたはのようなデータベースのクエリを送信するために使用できるコントロール。ルールまたはユーザーがボタンをクリックしたときに実行されるカスタム コードでボタンを関連付けることができます。

セクション

ボタンの画像

他のコントロールのコンテナーを制御します。セクションには、その他のセクションを含む [コントロール] 作業ウィンドウに表示されるコントロールのいずれかを含めることができます。

繰り返しとオプションのコントロール

繰り返しとオプションのコントロールには、繰り返しテーブル、セクション、および省略可能セクションを繰り返し、リスト コントロールが含まれます。これらのコントロールでは、フォームに入力するときに、リスト アイテム、行、レコード セット、および必要に応じて情報を挿入するようにします。

コントロール

アイコン

説明

省略可能セクション

ボタン イメージ

コントロールの他のコントロールのコンテナーには、すべてのユーザーが入力する必要はありませんが、不要な情報を含める場合に便利です。省略可能セクションが含まれるフォームに入力するときに、ユーザーは、[フォームのオプションのセクションを含めるかどうかを選択できます。

繰り返しセクション

ボタンの画像

コントロールを他のコントロールのコンテナーであり、従業員のデータベースのレコードなど、レコード ベースのデータを表示するのに便利です。繰り返しセクションが含まれるフォームに入力するときに、ユーザーは、さらにタイミングの繰り返しセクションを追加できます。

繰り返しテーブル

ボタン イメージ

表形式で繰り返しの情報を表示するコントロール。繰り返しテーブルに新しい行に、各アイテムが表示されます。フォームに入力するときに、ユーザーは追加したり、必要に応じて繰り返しテーブルの行を削除できます。繰り返しテーブルと、その他のコントロールを含めることができます。

横方向繰り返しテーブル

ボタン イメージ

表形式で繰り返しの情報を表示するコントロール。繰り返しテーブルに新しい列に、各アイテムが表示されます。フォームに入力するときにユーザーを追加したり、必要に応じて繰り返しテーブルの列を削除できます。横方向繰り返しテーブルには、他のコントロールを含めることができます。

マスター/詳細

ボタン イメージ

コントロールが実際には、繰り返しコントロールを相互に関連する直接します。マスター コントロールは、常に繰り返しテーブルと詳細コントロールが繰り返しテーブルまたは繰り返しセクションにすることができます。マスター/詳細は、ヘルプのユーザーが大量のデータをより効率的に操作を制御します。たとえば、フォーム テンプレートには、従業員のデータベースのレコードが表示されている場合は、各従業員に関する情報のサブセットをマスター コントロールに表示される指定できます。次に、ユーザーは、マスター コントロールで、レコード (行) を選択すると詳細コントロールは従業員に関する詳細情報を表示できます。

箇条書き

ボタン イメージ

コントロールを追加または削除するユーザーを箇条書きにできるようにするには、必要に応じて、フォーム内のアイテムが一覧表示します。箇条書きリスト コントロールは、単純なテキストを会議の議題に実施項目の一覧などのリピート フォームのテンプレートに効果的な方法です。

段落番号

ボタンの画像

コントロールを追加または削除することができますは段落番号の項目を必要に応じて、フォームで使用します。段落番号付きリスト コントロールは、何らかの会議の議題アイテムの一覧など、注文を示し、繰り返される単純なテキストに効果的な方法を議事録フォーム テンプレート。

単純なリスト

ボタン イメージ

コントロールを追加または必要に応じて、フォームのリスト アイテムを削除することができます。単純なリスト コントロールは、単純なテキストを会議で出席者の名前のリストなどのリピートがフォーム テンプレートを要求するに効果的な方法です。

複数選択リスト ボックス

ボタン イメージ

選択肢の一覧で、ユーザーを表示するコントロールは、チェック ボックスのスクロール可能な一覧として表示されます。ユーザーは、必要に応じて、多くのチェック ボックスをオンおよびによっては、フォーム テンプレートを設計する方法、ユーザー設定のエントリーを追加することもできます。

ファイルと画像コントロール

フォーム テンプレートをデザインするには、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに、ユーザーがファイルの添付ファイルまたは画像を挿入できるようにします。また、InfoPath フォーム Tablet PC 上のメリットを享受できるようになる特殊インク画像コントロールに入力するユーザーを作成してインク描画を保存します。

コントロール

アイコン

説明

添付ファイル

ボタン イメージ

コントロールがフォームにファイルを添付することができます。各ファイルの添付ファイル コントロールにより、1 つのファイルを添付して、ファイルの種類を制限するには、必要に応じてします。複数のファイルを添付する場合は、繰り返しコントロール内のファイルの添付ファイル コントロールを挿入できます。

ボタン イメージ

コントロールをタイトルや背景などの静的な要素としてフォーム テンプレートに含めることができる、またはフォームの一部として画像を挿入するユーザーができるようにすることができます。画像コントロールでは、フォーム自体にイメージを保存したり、画像の保存場所を指すアドレス (URL) を保存することができます。

インク描画

ボタン イメージ

Tablet pc でインク描画はコントロールそのもの内または背景の画像の上に独自のフォームに追加するユーザーが可能なコントロール。

高度なコントロール

高度なコントロールは、可能性のあるコントロールには、以下頻繁に標準のコントロールの特別な状況でのみが使用されています。

コントロール

アイコン

説明

ハイパーリンク

ボタン イメージ

リンク先の URL を使用できるコントロール。たとえば、製品のリストに関する情報を表示するフォーム テンプレートには、製品情報 Web ページへのハイパーリンクを含めることができます。ハイパーリンク コントロールは、イントラネット、またはインターネット上の任意の Web サーバーにリンクできます。

式ボックス

ボタン イメージ

テキストが読み取り専用コントロール。読み取り専用のテキストを表示する、フォーム上の別のコントロールの値を表示または XPath 式に基づく数式を作成するのには、式ボックスを使用できます。

縦方向のラベル

ボタン イメージ

フォーム テンプレートに 90 度の角度に表示される読み取り専用のテキスト ラベルです。縦方向のラベルが繰り返しテーブルの列見出しとして使用されます。

スクロール領域

ボタン イメージ

他のコントロールを含むコントロールでは、サイズ、固定し、スクロール バーが含まれているように、ユーザーが表示されていない情報を表示するスクロールできるようにします。スクロール領域は、フォームの一部に大量のデータが含まれているし、ユーザーがすべて同時に表示する必要はありませんに特に役立ちます。

横方向領域

ボタンの画像

他のコントロールが表示されていると、その他の配置を使用できるコントロールでは、サイド バイ サイド フォーム テンプレートを制御します。

選択肢グループ

ボタン イメージ

コントロールに他のコントロールが含まれる 2 つ以上の選択肢セクションです。選択肢グループ内の各選択肢セクションは、1 つのオプションで相互に排他的な選択肢の集まりとして機能します。フォームに入力するとき、ユーザーは、別の選択肢セクションの既定の選択肢セクションを置き換えることができます。たとえば、ジョブ アプリケーションのフォーム テンプレートでは、その参照の自宅の電話番号または勤務先の電話番号を入力できるようにするのに選択肢グループを使用ことができます。

繰り返し選択肢グループ

ボタン イメージ

繰り返し構造で 2 つ以上の選択肢セクションを表示するコントロール。フォームに入力すると、ユーザーで追加、削除、または必要に応じて、繰り返しその他の選択肢グループを置き換えることができます。たとえば、従業員情報フォーム テンプレートでは、[ユーザーが複数の緊急連絡先を入力できるようにするのに繰り返し選択肢グループを使用することができます。連絡先ごとに、ユーザーが作業アドレス情報を自宅住所の情報を置き換えることができます。

選択肢セクション

ボタンの画像

コントロールを他のコントロールが表示されていると、選択グループまたは繰り返し選択肢グループ内常に表示される必要があります。選択肢セクションは、その他の選択肢を既存の選択肢グループに追加する必要がある場合に便利です。挿入した場合以外の任意の場所の選択] セクションを選択肢グループで、自動的に新しい選択肢グループ内の選択] セクションが挿入されます。

繰り返し再帰セクション

ボタンの画像

コントロールを他のコントロールが含まれているし、自分自身に挿入することができます。繰り返し再帰セクションを使用すると、アウトラインをなどの階層のコンテンツを作成します。

カスタム コントロール

カスタム コントロールの追加ウィザードを使用すると、Microsoft ActiveX コントロールなど、InfoPath で使用できるテンプレート パーツのカスタム コントロールを作成します。カスタム コントロールでは、いずれかの既定では、InfoPath は含まれていません。

コントロール

説明

テンプレート パーツ

カスタマイズされた一連のコントロールを含むレイアウト、プロパティの設定、および一部のコントロールの動作は、複数のフォーム テンプレートで再利用するために保存することができます。テンプレート パーツを作成した後は、フォーム テンプレートで使用することができるように、 デザイン モードにテンプレート パーツをインポートするのにカスタム コントロールの追加ウィザードを使用します。

ActiveX コントロール

コントロールを InfoPath に含まれていないは、[コントロール] 作業ウィンドウに、追加することができます。お使いのコンピューターで登録されている既存の ActiveX コントロールから選べます。 または特定のビジネス ニーズに合わせて開発したカスタム コントロールを使用することができます。たとえば、財務設定に使用するためのフォーム テンプレートを作成する場合は、株価情報については、フォーム テンプレートに表示されることができる ActiveX コントロールを開発します。作成する、または ActiveX コントロールの検索後、は、カスタム コントロールの追加ウィザードを使用してフォーム テンプレートで使用することができるように、デザイン モードにコントロールをインポートします。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのコントロールは [コントロール] 作業ウィンドウで利用できることはできません。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、次のコントロールはサポートされていません。

  • コンボ ボックス

  • 複数選択リスト ボックス

  • マスター/詳細コントロール

  • 箇条書き、段落番号、および標準リスト コントロール

  • 写真、およびインク描画コントロール

  • インク描画コントロール

  • 縦方向のラベル

  • スクロール領域

  • 横方向領域

  • 横方向繰り返しテーブル

  • 選択肢グループ、繰り返し選択肢グループ、および選択肢セクション コントロール

  • 再帰の繰り返しセクション

  • ActiveX コントロール

Microsoft Office InfoPath 2003 と互換性があるMicrosoft Office InfoPath 2007フォーム テンプレートをデザインすることもできます。下位互換性のあるフォーム テンプレートでコンボ ボックスと複数選択リスト ボックスはサポートされません。ユーザーは、InfoPath 2003 フォーム テンプレートを開くと、ドロップダウン リスト ボックスとコンボ ボックスが表示される箇条書きとして複数選択リスト ボックスが表示されます。

その他のフォーム テンプレートで再利用するフォーム テンプレートの特定の部分があれば、テンプレート パーツをデザインできます。一般的なテンプレートのパーツは、コントロールとデータ ソースで構成され、データ接続、データの入力規則、およびルールなどの機能を含めることもします。テンプレート パーツで ActiveX コントロールがサポートされていないと、コントロール] 作業ウィンドウに表示されません。さらに、ブラウザーと互換性のあるテンプレート パーツをデザインする場合は、アクセス権のあるコントロールと機能が少なくなってよりも InfoPath では専用のテンプレート パーツを設計している場合。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートからコントロールを削除します。

フォーム テンプレートからコントロールを削除するには、コントロールを選択し、DELETE キーを押します。コントロールを削除すると、そのコントロールにバインドされているフィールドは、データ ソースに残ります。ただし、このフォーム テンプレートに基づくフォームには、このフィールドに格納されているデータは表示されません。データを表示するには、コントロールを連結するフィールドにします。

別のコントロールのコントロールを削除する代わりに、フィールドにバインドする場合は、別の種類にコントロールを変更できます。コントロールを右クリックし、変更する] をクリックし、メニューの選択肢のいずれかをクリックして、これを行います。[メニューには、この種類のフィールドにバインドできるコントロールの種類のみが表示されます。

既存のコントロールを異なる種類に変更する

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×