コントロールの概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、Access で使用できるさまざまな種類のコントロールについて説明します。 コントロールは、データの入力、編集、または表示に使用するフォームやレポートの一部です。

コントロールの種類

Access デスクトップデータベースで使用できるコントロールの種類の一覧を次に示します。

コントロールの種類

メモ

テキスト ボックス

テキスト、数値、日付、時刻、およびメモ型フィールドを表示するには、テキストボックスコントロールを使用します。 テキストボックスは、基になるテーブルまたはクエリのいずれかのフィールドにバインドできます。 フィールドに連結されたテキストボックスを更新するには、テキストボックスに新しい値を入力して、基になるテーブルまたはクエリのフィールドの値を変更します。 テキストボックスを使用して、計算値を表示することもできます。

ラベル

固定テキストを含むラベルコントロールを使用します。 既定では、データを表示できるコントロールには、自動的にラベルコントロールが添付されます。 このコマンドを使用して、フォームの見出しと手順について、スタンドアロンのラベルを作成することができます。

コマンド ボタン

コマンドボタンコントロールを使用して、マクロまたは Visual Basic のプロシージャをアクティブにします。 ユーザーがボタンをクリックしたときに表示されるハイパーリンクアドレスを指定することもできます。

タブ コントロール

タブコントロールを使用して、フォームに一連のタブページを作成します。 各ページには、情報を表示するためのさまざまなコントロールを含めることができます。 タブコントロールは、access のさまざまなオプションダイアログボックスやプロパティシートウィンドウと同じように動作します。ユーザーが別のタブをクリックすると、そのタブに含まれているコントロールが表示されます。

リンク

[リンク/ハイパーリンクコントロール] オプションを使用して、フォームデザイングリッドにラベルコントロールにハイパーリンクを追加します。 このハイパーリンクには、インターネット上、ローカルイントラネット上、またはローカルドライブ上の場所を指す Uniform resource Locator (URL) を含めることができます。 また、ユニバーサル名前付け規則 (UNC) ファイル名を使用して、ローカルエリアネットワーク (LAN) 上のサーバーまたはローカルコンピューターのドライブ上にあるファイルを参照することもできます。 リンクは、web ページまたは現在のデータベース内の別のオブジェクトを指している可能性があります。 リボンの [コントロール] グループでこのボタンをクリックすると、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスが開きます。

Web ブラウザー

web ブラウザーコントロールを使用して、web ページのコンテンツをフォーム内に直接表示します。 web ブラウザーコントロールを使って、テーブルに格納されている住所の地図などを表示できます。 コントロールの "コントロールソース" プロパティを使用して、フォームのレコードソースのフィールドに web ブラウザーコントロールをバインドできます。 帳票フォームの詳細セクションでは、バインドされた web ブラウザーコントロールを使用できないことに注意してください。

Web ブラウザーコントロールは、Access 2010 およびそれ以降のバージョンで利用できます。

ナビゲーション

データベース内のさまざまなフォームやレポートに移動するための簡単な方法を提供するには、ナビゲーションコントロールを使います。 ナビゲーションコントロールは、web サイトに表示されるものと同じように、web サイト内を移動するためのボタンとタブを備えたインターフェイスを提供します。 帳票フォームの [詳細] セクションには、ナビゲーションコントロールを設定できないことに注意してください。

ナビゲーションコントロールは、Access 2010 および新しいバージョンで利用できます。

オプショングループ

オプショングループコントロールを使用して、1つ以上のトグルボタン、オプションボタン、またはチェックボックスを含めることができます。 (これらのコントロールの説明については、この表の後半をご覧ください。) グループに含める各ボタンまたはチェックボックスに個別の数値を割り当てることができます。 グループ内に複数のボタンまたはチェックボックスがある場合は、一度に1つのボタンまたはチェックボックスのみを選ぶことができます。また、そのボタンに割り当てられた値またはチェックボックスは、オプショングループの値になります。 複数のボタンまたはチェックボックスに誤って同じ値が割り当てられている場合は、そのいずれかをクリックすると、同じ値を持つすべてのボタンまたはチェックボックスが強調表示されます。 グループのボタンまたはチェックボックスのいずれかを、グループの既定値として選ぶことができます。 オプショングループを基になるクエリまたはテーブルのフィールドにバインドする場合、そのフィールドに新しい値を設定するには、そのグループ内のボタンまたはチェックボックスを選択します。

改ページ

複数ページのフォームのページ間を区切るには、改ページを使用します。

コンボ ボックス

コントロールと編集可能なテキストボックスの値の一覧を表示するには、コンボボックスコントロールを使用します。 リストを作成するには、コンボボックスの "値集合ソース" プロパティの値を入力します。 リスト内の値のソースとしてテーブルまたはクエリを指定することもできます。 テキストボックスで現在選択されている値が表示されます。 コンボボックスの右側にある矢印をクリックすると、リスト内の値が表示されます。 リストから新しい値を選択して、コントロールの値をリセットします。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにコンボボックスをバインドする場合、リストから新しい値を選択してフィールドの値を変更できます。 複数値フィールドにコンボボックスをバインドすると、チェックボックスの一覧が表示され、ユーザーが複数の値を選択できるようになります。 複数の列をリストにバインドすることができます。また、列幅を0に設定して、リスト内の1つ以上の列を非表示にすることもできます。 コントロールの実際の値を、非表示の列にバインドできます。 複数列のリストが閉じている場合は、幅が0より大きい最初の列の値が表示されます。 リストを開くと、0以外の幅の列がすべて表示されます。

折れ線​​

線コントロールを使用して、フォームやレポートに線を追加して、外観を向上させます。

トグルボタン

トグルボタンコントロールは、オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持するために使います。 トグルボタンをクリックすると、その値は1になります (on、true、または yes を表す)。ボタンが押された状態で表示されます。 ボタンをもう一度クリックすると、その値は 0 (オフ、false、または no を表す) になり、ボタンは [標準] に戻ります。 オプショングループにトグルボタンを含めることができ、ボタンに一意の数値を割り当てることができます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合は、新しいトグルボタンを選択すると、そのグループ内の前に選択したトグルボタン、オプションボタン、またはチェックボックスがオフになります (グループ内の他のボタンやチェックボックスも同じ値を持つ場合を除きます)。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにトグルボタンをバインドした場合、トグルボタンをクリックして、フィールドの値を切り替えることができます。

リスト ボックス

コントロールの可能性のある値のリストを表示するには、リストボックスコントロールを使います。 リストを作成するには、リストボックスの "値集合ソース" プロパティに値を入力します。 リスト内の値のソースとしてテーブルまたはクエリを指定することもできます。 リストボックスは常に開いており、リストボックスで現在選択されている値が強調表示されます。 リストから新しい値を選んで、コントロールの値をリセットします。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにリストボックスをバインドする場合、リストから新しい値を選択してフィールドの値を変更できます。 複数値を持つフィールドにリストボックスをバインドすると、ユーザーが複数の値を選択できるようにするチェックボックスの一覧が表示されます。 複数の列をリストにバインドすることができます。また、列幅を0に設定して、リスト内の1つ以上の列を非表示にすることもできます。 コントロールの実際の値を、非表示の列にバインドできます。 コントロールの定義された幅内に収まる、0以外の幅のすべての列が表示されます。 リストボックスコントロールが連結されていない場合は、ユーザーがリスト内の複数の値 (複数選択リストボックスとも呼ばれます) を選択できるようにすることができます。

四角形

四角形コントロールを使用して、外観を拡張するために、塗りつぶしまたは空の四角形をフォームに追加します。 たとえば、このコントロールを使用して、さまざまなコントロールを視覚的にグループ化することができます。

チェック ボックス

チェックボックスコントロールを使用して、オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持します。 チェックボックスをオンにすると、その値が-1 (オン、true、またははい) になり、チェックマークがボックスに表示されます。 もう一度チェックボックスをオンにすると、その値は 0 (オフ、false、または no を表す) になり、チェックマークはボックスから消えます。 オプショングループにチェックボックスを含めることができ、チェックボックスを一意の数値に割り当てることができます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合は、新しいチェックボックスをオンにすると、そのグループ内の前に選択したトグルボタン、オプションボタン、またはチェックボックスがオフになります (グループ内の他のボタンやチェックボックスでも同じ値が設定されている場合を除きます)。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにチェックボックスをバインドする場合は、チェックボックスをクリックしてフィールドの値を切り替えることができます。

非連結オブジェクトフレーム

オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) をサポートしている別のアプリケーションからオブジェクトを追加するには、非連結オブジェクトフレームを使います。 オブジェクトは、基になるテーブルまたはクエリのデータの一部ではなく、フォームの一部になります。 画像、サウンド、グラフ、またはスライドを追加して、フォームを拡張することができます。 オブジェクトがグラフの場合は、グラフのデータのソースとしてクエリを指定できます。また、グラフの表示を、フォーム内の現在のレコードに1つ以上のフィールド値でリンクすることができます。

添付ファイル

添付ファイルコントロールを使用して、これを基になるデータの添付ファイルフィールドにバインドします。 たとえば、画像を表示したり、他のファイルを添付したりする場合に、このコントロールを使用できます。 フォームビューでは、このコントロールは [添付ファイルの管理] ダイアログボックスを表示します。ここでは、基になるフィールドに保存されている複数の添付ファイルを添付、削除、および表示できます。

[オプション] ボタン

オプションボタンコントロール (ラジオボタンコントロールとも呼ばれます) を使って、オン/オフ、true/false、または yes/no 値を保持します。 オプションボタンを選択すると、その値が-1 (on、true、または yes) になり、ボタンの中央に塗りつぶした円が表示されます。 ボタンをもう一度選択すると、その値は 0 (オフ、偽、または no を表す) になり、塗りつぶされた円は消えます。 オプショングループにオプションボタンを追加し、ボタンに一意の数値を割り当てることができます。 複数のコントロールを含むグループを作成する場合、新しいオプションボタンを選択すると、そのグループ内の前に選択したトグルボタン、オプションボタン、またはチェックボックスがオフになります (グループ内の他のボタンやチェックボックスも同じ値を持つ場合を除きます)。 基になるテーブルまたはクエリのフィールドにオプションボタンをバインドする場合は、[オプション] ボタンをクリックして、フィールドの値を切り替えることができます。

サブフォーム/サブレポート

サブフォーム/サブレポートコントロールを使用して、現在のフォームに別のフォームまたはレポートを埋め込みます。 サブフォームまたはサブレポートを使用して、メインフォームのデータに関連するテーブルまたはクエリのデータを表示できます。 Access は、メインフォームとサブフォームまたはサブレポートの間のリンクを保持します。

連結オブジェクトフレーム

連結オブジェクトフレームを使うと、基になるデータから OLE オブジェクトフィールドを表示したり編集したりできます。 Access では、ほとんどの画像とグラフをフォームに直接表示できます。 その他のオブジェクトの場合は、オブジェクトが作成されたアプリケーションのアイコンが表示されます。 たとえば、オブジェクトが Windows サウンドレコーダーで作成されたサウンドオブジェクトの場合、フォーム上にスピーカーアイコンが表示されます。

画像

画像コントロールを使用して、フォームに静的な画像を配置します。 フォーム上の画像を編集することはできませんが、アプリケーションの速度とサイズに非常に効率的な形式で保存されます。 画像をフォームの背景全体として使用する場合は、フォームの "picture/ピクチャ" プロパティを設定できます。

グラフ

グラフコントロールを使用して、フォームグリッドにグラフを追加します。 このボタンをクリックしてからフォームにコントロールを配置すると、グラフウィザードが開始され、新しいグラフを作成するために必要な手順を実行することができます。

ActiveX

activex コントロールボタンを使用して、システムにインストールされているすべての activex コントロールを示すダイアログボックスを開きます。 コントロールの1つを選択し、[OK] をクリックすると、フォームのデザイングリッドにコントロールが追加されます。 すべての ActiveX コントロールが Access で動作するわけではありません。

コントロールを使ったバインドについて

コントロールには、連結、非連結、または計算を行うことができます。

  • 連結コントロール    テーブルまたはクエリ内のフィールドがデータのソースであるコントロールは、バインドコントロールと呼ばれます。 データベースのフィールドから取得した値を表示するには、連結コントロールを使います。 テキスト、日付、数値、Yes/No の値、画像、グラフなど、さまざまな値を表示できます。 たとえば、従業員の姓を表示するテキストボックスでは、[社員] テーブルの [姓] フィールドからこの情報を取得できます。

  • 非連結コントロール    データソース (フィールドや式など) を持たないコントロールは、非連結コントロールと呼ばれます。 非連結コントロールを使用して、情報、画像、線、四角形を表示します。 たとえば、フォームのタイトルを表示するラベルは非連結コントロールです。

  • 演算コントロール    データのソースがフィールドではなく式であるコントロールは、演算コントロールと呼ばれます。 コントロールのデータソースとして使用する値を指定するには、を定義します。 式には、演算子 ( =+ )、コントロール名、フィールド名、単一の値を返す関数、定数値の組み合わせを使うことができます。 たとえば、次の式は、[単価] フィールドの値を定数値 (0.75) で乗算することにより、25% 割引の品目の価格を計算します。

=[単価] * 0.75

式では、フォームまたはレポートの基になるテーブルやクエリのフィールドのデータ、またはフォームやレポート上の他のコントロールのデータを使用できます。

注: 集計フィールドを追加したり、クエリグリッドの [フィールド] 行に式を入力して、テーブル内で計算を実行することもできます。 次に、これらのテーブルまたはクエリにフォームやレポートをバインドし、演算コントロールを作成することなく、フォームまたはレポートに計算を表示することができます。

フォームまたはレポートを作成するときには、すべての連結コントロールを最初に追加して配置するのが最も効率的です。特に、オブジェクト上のコントロールのほとんどを作成する場合に適しています。 次に、レイアウトビューまたはデザインビューの [デザイン] タブの [コントロール] グループのツールを使用して、デザインを完了する非連結コントロールと演算コントロールを追加できます。

コントロールをフィールドに連結するには、コントロールのデータの取得先フィールドを識別します。 選択したフィールドに連結されたコントロールを作成するには、[フィールドリスト] ウィンドウからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグします。 [フィールド リスト] ウィンドウには、フォームの基になるテーブルやクエリのフィールドが表示されます。 [フィールドリスト] ウィンドウを表示するには、レイアウトビューまたはデザインビューでオブジェクトを開き、[デザイン] タブの [ツール] グループで [既存のフィールドの追加] をクリックします。 [フィールドリスト] ウィンドウでフィールドをダブルクリックすると、Access によって、そのフィールドに適切な種類のコントロールがオブジェクトに追加されます。

または、コントロール自体にフィールド名を入力するか (オブジェクトがデザインビューで開かれている場合)、またはコントロールのプロパティシートの [コントロールソース] プロパティボックスで、フィールドをコントロールにバインドすることもできます。 プロパティ シートは、コントロールの名前、データのソース、形式など、コントロールの特性を定義します。 プロパティシートの表示と非表示を切り替えるには、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウの使用が連結コントロールの作成に適している理由は、次の 2 つです。

  • コントロールの付属ラベルにフィールドの名前 (または基になるテーブルやクエリのフィールドに定義された標題) が自動的に入力されるため、コントロールのラベルを自分で入力する必要がありません。

  • 基になるテーブルやクエリのフィールドのプロパティ ("Format/書式"、"Decimal Places/小数点以下表示桁数"、"Input Mask/定型入力" プロパティなど) に従って、コントロールのプロパティの多くが適切な値に自動的に設定されます。

既に作成した非連結コントロールをフィールドに連結する場合は、コントロールの [コントロールソース] プロパティ ボックスの値をフィールドの名前に設定します。 "Control Source/コントロールソース" プロパティの詳細を表示するには、プロパティのドロップダウン リストにカーソルを移動して F1 キーを押します。

ページの先頭へ

関連項目

フォームにコントロールを自動的に配置する

演算コントロールを作成する

コントロールのタブオーダーを設定する

フィールドまたはコントロールに既定値を設定する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×