コントロールのテキストのスクロール オプションを指定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

コントロールの段落区切りが有効になっている場合、またはコントロール内のテキストを折り返すことを指定した場合は、そのコントロールのスクロールのオプションを指定できます。たとえば、スクロール バーを表示テキスト ボックスにユーザーの種類、テキスト ボックスより多くのテキストが既定で表示することを行うことができます。

注: スクロール オプションは、テキスト ボックス、リッチ テキスト ボックス、および式ボックスに対応します。既定では、テキスト ボックスは、ユーザーが入力したときに自動的にスクロールし、[リッチ テキスト ボックスと式ボックスを展開するすべてのテキストを表示します。

  1. 文字列のスクロール オプションを設定するコントロールを右クリックし、ショートカット メニューの [コントロールのプロパティ] をクリックします。

  2. [表示] タブをクリックします。

  3. スクロール] の一覧で、文字列のスクロール目的のオプションをクリックします。

ヒント: スクロール バーが、フォームをテストするときに期待どおりに動作しないかどうかは、たとえば、表示されている場合は、淡色表示されているコントロールに入力するテキストの量に関係なく、コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、高さと幅のを確認し、[サイズ] タブで設定します。自動では、いずれかのボックスが表示されたら場合、は、コントロールがテキストに合わせて拡張されます。この例では、スクロール バーは必要ありませんされ、フォーム上で淡色表示されている表示は常にされます。この問題を解決するには、高さまたは] ボックスで、[自動以外の情報を入力するか、[表示] タブで別のスクロール オプションを選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×