コントロールのタブ オーダーを設定する

コントロールのタブ オーダーを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access デスクトップ データベースでフォームを使用するときに、TAB キーを押してコントロールを切り替えることができます。TAB キーに応答するフォームのコントロールの順序を指定できます。コントロールが論理的な順番で TAB キーに対応する適切に設計されたフォームでは、: たとえば、上から下にし、左から右に、フォームが使いやすくなったようにします。

ここでは、タブ オーダーの変更方法、タブ オーダーからコントロールを除外する方法、およびフォーム内の最後のフィールドに対するタブ動作の変更方法を説明します。

ここでは、主にフォームについて説明しますが、次の手順を使用してレポートのコントロールのタブ オーダーを設定できます。レポート ビューでレポートを開いた場合、Tab キーを使用してコントロール間でフォーカスを移動できます。

注: この記事は、Access web データベースを Access web アプリ: アクセス権を持つ設計し、オンラインで公開するデータベースの種類に適用されません。Web アプリケーションでは、タブ オーダーは自動的に設定がされは変更できません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

コントロールのタブ オーダーを変更する

タブ オーダーからコントロールを削除する

タブ オーダーの最後のフィールドに対するタブ動作を変更する

コントロールのタブ オーダーを変更する

ウィザード、レイアウトなどのツールを使用してフォームを作成する場合、コントロールがフォームに表示される順に、上から下、左から右にタブ オーダーが設定されます。ただし、ウィザードやレイアウトを使用しないでフォームを作成または変更する場合、フォーム上のコントロールの位置に対応しないタブ オーダーもが作成される可能性があります。コントロールのタブ オーダーを変更するには、次の手順を使用します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [ツール] グループで [タブ オーダー] をクリックします。

  3. [タブ オーダー] ダイアログ ボックスの [セクション] で、変更するセクションをクリックします。

  4. 次の操作のいずれかを行います。

    • 上から下、または左から右のタブ オーダーを設定するには、[自動] をクリックします。

    • 独自のタブ オーダーを設定する場合は、移動するコントロールのセレクターをクリックします。(一度に複数のコントロールをクリックして、ドラッグします。) セレクターを再度クリックして、コントロールをリストの目的の場所にドラッグします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

タブ オーダーからコントロールを削除する

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [プロパティ シート] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. タブ オーダーから削除するコントロールをクリックします。

  4. プロパティ シートの [その他] タブの [タブ ストップ] プロパティ ボックスで、[いいえ] をクリックします。

    注: タブ オーダーからコントロールを削除しても、そのコントロールの "使用可能" プロパティが [はい] に設定されていれば、引き続きコントロールをクリックして選択できます。

ページの先頭へ

タブ オーダーの最後のフィールドに対するタブ動作を変更する

既定では、タブ オーダーの最後のフィールドにカーソルが位置しているときに Tab キーを押すと、データソース内の次のレコードが表示され、タブ オーダーの最初のフィールドにカーソルが移動します。現在のレコードが引き続き表示されるようにこの動作を変更できます。フォームに改ページが含まれる場合は、Access が次ページにカーソルを移動しないように変更することもできます。これは、ユーザーが一度に 1 つのレコード (またはページ) しか編集できないようを限定したい場合に便利です。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [プロパティ シート] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. プロパティ シートの最上部にあるボックスの一覧の [フォーム] をクリックします。

  4. プロパティ シートの [その他] タブの [Tab キー移動] プロパティ ボックスで、次のいずれかのオプションをクリックします。

設定

説明

すべてのレコード

レコード内の最後のフィールドで Tab キーを押すと、フォーカスが次のレコードの最初のフィールドに移動します。

カレント レコード

レコード内の最後のフィールドで Tab キーを押すと、フォーカスが現在のレコードの最初のフィールドに戻ります。

カレント ページ

フォーム ページ内の最後のフィールドで Tab キーを押すと、フォーカスが現在のページの最初のフィールドに戻ります。

注: 改ページ コントロールを使うと、フォームを複数のページに分割できます。このコントロールは、デザイン ビューの [デザイン] タブの [コントロール] グループで使用できます。フォームに改ページが含まれていない場合、[カレント ページ] オプションの動作は [カレント レコード] オプションと同じになります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×