コントロールにショートカット キーを割り当てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレート内のコントロールにショートカット キーを割り当てると、ユーザーがそのフォーム テンプレートに基づいて作成されたフォームに入力するときに、割り当てられたショートカット キーを使用して、そのコントロールにすばやく移動できます。通常、マウスを使用するよりも、キーボードを使用する方が迅速にフォームを操作できます。また、ショートカット キーは体に障害がありマウスを使用できないユーザーを支援するのに役立つ場合があります。

注: このオプションを使用できるコントロールは、テキスト ボックス、リッチ テキスト ボックス、ドロップダウン リスト、リスト ボックス、コンボ ボックス、日付の選択、チェック ボックス、オプション ボタン、画像、添付ファイル、ボタン、およびインク描画です。

  1. キーボード ショートカットを設定するコントロールを右クリックし、ショートカット メニューの [コントロールのプロパティ] をクリックします。

  2. [詳細設定] タブをクリックします。

  3. [アクセス キー] ボックスに文字を入力します。アクセス キーは、Alt キーと組み合わせて使用するショートカット キーです。たとえば、「N」を入力した場合は、このコントロールのショートカット キーは Alt + N になります。

    注: 特定のショートカット キーが、Microsoft Office InfoPath や Microsoft Office System の他のアプリケーションで既に使用されている場合があります。既存のショートカット キーをフォーム テンプレートのコントロールに割り当て直すことはできますが、Office で使用されるショートカット キーを使い慣れたユーザーを混乱させる可能性があります。

  4. ショートカット キーが存在することをユーザーが認識できるようにするには、フォーム テンプレートのコントロールの前に、ショートカット キーを含むラベルを入力します。たとえば、ユーザーが氏名を入力するテキスト ボックスのラベルとして「氏名 (Alt+N)」と入力すると、ユーザーはこのテキスト ボックスにショートカット キーが割り当てられていることを認識できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×