コンテンツ タイプ シンジケート ハブを有効にする

コンテンツ タイプ シンジケート ハブを有効にする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

コンテンツ タイプ ハブを使用すると、SharePoint コンテンツをファーム全体に発行することができます。コンテンツ タイプ ハブを使用して、複数のサイト コレクションで使う主要なコンテンツ タイプを一元管理することができます。

コンテンツ タイプ シンジケート ハブを作成するには、このためのサイト コレクションを作成することをお勧めします。このサイト コレクションは、コンテンツ タイプの作成と公開のためにのみ使います。

注: サイト コンテンツ タイプを作成または管理するには、少なくともそのサイトに対するデザイン アクセス許可を持っている必要があります。

この記事の内容

コンテンツ タイプ ハブ シンジケート

属性の継承について

コンテンツ タイプ ハブ シンジケート

コンテンツ タイプの発行ハブを使用すると、SharePoint 管理者が、1 つの場所ですべての SharePoint Web アプリケーションのコンテンツ タイプを管理および発行することができます。

コンテンツ タイプ ハブは、サイト コレクションの機能としてアクティブ化されます。他の Web アプリケーションは、コンテンツ タイプ発行ハブを購読し、発行されたコンテンツ タイプをハブから取得して、発行済みコンテンツ タイプの更新を受け取ります。

企業は、1 つのプロジェクトの流れの中で、提案書、契約書、作業明細書、製品設計仕様書などの複数の異なる種類のコンテンツを作成することがあります。場合によっては、企業は、各種コンテンツに関する異なる種類のメタデータを収集して保持する必要があります。メタデータには、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト マネージャーなどが含まれることがあります。1 つのプロジェクトに関連するドキュメントはまとめて保存される場合がありますが、それらの作成、使用、共有、および保管の方法は異なることがあります。

コンテンツ タイプを使うと、サイト コレクション全体で一貫した方法でコンテンツを整理、管理、処理できます。特定の種類のドキュメントまたは情報製品のコンテンツ タイプを定義すると、確実に一貫性のある方法でコンテンツを管理できます。コンテンツ タイプは、リストまたはライブラリに適用するテンプレートと見ることができます。複数のテンプレートをリストまたはライブラリに適用し、それらに複数のアイテムまたはドキュメントの種類を含めることができます。

コンテンツ タイプ ハブは、Metadata Service アプリケーションを介して SharePoint Web アプリケーションに提供されます。Web アプリケーションが同じ Metadata Service アプリケーションを使用している限り、コンテンツ タイプはそれを購読している Web アプリケーションにプッシュされます。

コンテンツ タイプ ハブ シンジケートは、タイマー ジョブを使用して実施されます。コンテンツ タイプをハブから発行すると、そのコンテンツ タイプがコンテンツ タイプ ハブ シンジケート ジョブ (既定では 15 分ごとに実行されます) によってプッシュされ、Web アプリケーションの購読ジョブによって選択されます。そのため、場合によっては、変更が表示されるまでしばらく待つか、全体管理でジョブを手動で実行する必要があります。

メモ:その他のサイトまたはコンテンツ タイプがある場合は、長いタイマー ジョブ変更の処理が完了するがかかります。間など、コンテンツは、1 つのジョブの範囲内に更新が変わっていないように見えますが、将来のジョブ順番に完了 (その後に変更を含む) のすべての変更を処理します。

ページの先頭へ

属性の継承について

ユーザーがコンテンツ タイプを新規に作成することはありません。コンテンツ タイプの既定のセットが提供され、そのまま使用することもカスタマイズすることもできます。コンテンツ タイプは階層に編成され、1 つのコンテンツ タイプが別のコンテンツ タイプから特性を継承することができます。この構造により、組織全体で全カテゴリのドキュメントを一貫性のある方法で扱うことができます。下の表に、各基本コンテンツ タイプ、それらに関連するグループ、および親コンテンツ タイプの説明を示します。

注: ルート自体コンテンツ タイプにのみ変更が反映されます。コンテンツ タイプを再発行すると、新しいサイト コレクションに、最新バージョンの発行済みコンテンツ タイプが表示されます。ただし、既存のサイト コンテンツ タイプ フィールド プロパティの変更はありませんが自動的に反映されます。

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

システム

すべてのコンテンツ タイプは、システム コンテンツ タイプを継承します。このコンテンツ タイプは固定されており、編集できません。

グループ: ドキュメント コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

ドキュメント

ドキュメントを作成します。

アイテム

XLS スタイル

XSL スタイルを作成します。

ドキュメント

画像または写真をアップロードします。

ドキュメント

マスター ページ

マスター ページを作成します。

ドキュメント

基本ページ

基本ページを作成します。

ドキュメント

Web パーツ ページ

Web パーツ ページを作成します。

ドキュメント

フォーム

入力可能なフォームを作成します。

ドキュメント

ドキュメントへのリンク

別の場所にあるドキュメントへのリンクを作成します。

ドキュメント

Dublin Core 列

Dublin Core メタデータ要素セットで使用します。Dublin Core 列は、業界標準のドキュメントのメタデータ定義です。詳細については、「Dublin Core Metadata Initiative (英語)」を参照してください。

ドキュメント

グループ: リスト コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

イベント

新しい会議、締め切り、またはその他のイベントを作成します。

アイテム

スケジュールと設備予約

設備のスケジュール作成と予約を行います。

イベント

予約

会議室などの設備を予約します。

アイテム

スケジュール

新しい予定を作成します。

アイテム

問題

懸案事項または問題をトラッキングします。

アイテム

コメント

新しいブログのコメントを作成します。

アイテム

アイテム

新しいリスト アイテムを作成します。

システム

日本用の連絡先

ビジネス用または個人用の連絡先に関する情報を格納します。

アイテム

連絡先

ビジネス用または個人用の連絡先に関する情報を格納します。

アイテム

メッセージ

新しいメッセージを作成します。

アイテム

タスク

自分自身または所属するチームが完了する必要のある作業項目をトラッキングします。

アイテム

投稿

新しいブログの投稿を作成します。

アイテム

お知らせ

新しいニュースの項目や状態などの簡単な情報を作成します。

アイテム

リンク

Web ページなどのリソースへの新しいリンクを作成します。

アイテム

グループ: グループ ワーク コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

回覧

回覧を追加します。

アイテム

祝日

新しい祝日を追加します。

アイテム

単語

新しい単語をリストに追加します。

アイテム

通達

新しい通達を追加します。

アイテム

電話メモ

新しい電話メモを追加します。

アイテム

設備

新しい設備を追加します。

アイテム

設備グループ

新しい設備グループを作成します。

アイテム

勤務表

新しい勤務表データを追加します。

アイテム

ユーザー

新しいユーザーをリストに追加します。

アイテム

新着情報の通知

新しい新着情報の通知を追加します。

アイテム

グループ: フォルダー コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

ディスカッション

新しいディスカッション トピックを作成します。

フォルダー

フォルダー

新しいフォルダーを作成します。

アイテム

サマリー タスク

自分自身または所属するグループが完了する必要のある関連タスクをグループ化して説明を入力します。

フォルダー

サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで新しいカスタム サイト コンテンツ タイプを定義する際には、まずサイト コンテンツ タイプ ギャラリーの既存の親サイト コンテンツ タイプを開始点として選択します。作成した新しいサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。新しいサイト コンテンツ タイプを作成した後で、これらの属性に変更を加えることができます。

コンテンツ タイプが親コンテンツ タイプから属性を継承するしくみを、次の図に示します。

コンテンツ タイプの継承

1. このサイト コンテンツ タイプはシステム コンテンツ タイプから派生します。

2. これらのサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント コンテンツ タイプを基に作成されています。これらのコンテンツ タイプに変更を加えても、親コンテンツ タイプ (ドキュメント) には影響しません。

3. このサイト コンテンツ タイプはプロジェクト計画コンテンツ タイプを基に作成されています。このコンテンツ タイプに変更を加えても、親コンテンツ タイプ (プロジェクト計画) には影響しません。

4. これらのリスト コンテンツ タイプは、プロジェクト X およびサインオフ シートの各コンテンツ タイプを親としています。リスト コンテンツ タイプに加えた変更は、リストまたはライブラリに追加されたそのコンテンツ タイプのインスタンスにのみ適用されます。

親コンテンツ タイプが持っていない属性 (追加の列など) を使用して子コンテンツ タイプをカスタマイズした場合、それらのカスタマイズは親コンテンツ タイプには書き込まれません。つまり、継承された属性への変更は、親から子へと下向きには反映できますが、上向きには反映できません。

リスト コンテンツ タイプを作成する場合にも同じ規則が当てはまります。たとえば、親コンテンツ タイプが持っていない属性 (追加の列など) を使用してリスト コンテンツ タイプをカスタマイズした場合、それらのカスタマイズは親コンテンツ タイプに影響を与えません。また、リスト コンテンツ タイプは、それが追加されたリストまたはライブラリに対してのみカスタマイズできること、および、親コンテンツ タイプの属性を変更した場合、その変更によって子リスト コンテンツ タイプの属性が上書きされる場合があることに注意してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×