コンテンツ タイプを使用してサイトのコンテンツを一貫した方法で管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、コンテンツ タイプを使用したコンテンツ管理の概念を紹介します。

注: サイトでサイト コンテンツ タイプを作成または管理するには、少なくともそのサイトに対するデザイン権限を持っている必要があります。

この記事の内容

コンテンツ タイプとは何ですか。

コンテンツ タイプの属性

コンテンツ タイプの種類

属性の継承について

コンテンツの種類のコンテンツの管理をサポートする方法

コンテンツ タイプとは

単一のプロジェクトが進行する間に、提案書、契約書、作業明細書、製品設計仕様書など、異なる種類のコンテンツが作成される場合があります。また、各種のコンテンツに関するさまざまな種類のメタデータを集めて管理する必要が生じる場合もあります。メタデータの例としては、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト マネージャーなどが挙げられます。これらのドキュメントは、単一のプロジェクトに関連しているため一緒に格納されることがありますが、作成、使用、共有、維持は、さまざまな方法で行われる場合があります。

コンテンツ タイプを使うと、site collection全体で一貫した方法でコンテンツを整理、管理、処理できます。特定の種類のドキュメントまたは情報製品のコンテンツ タイプを定義すると、確実に一貫性のある方法でコンテンツを管理できます。コンテンツ タイプは、リストまたはライブラリに適用するテンプレートと見ることができます。複数のテンプレートをリストまたはライブラリに適用し、それらに複数のアイテムまたはドキュメントの種類を含めることができます。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプの属性

コンテンツ タイプは、ドキュメント、リスト アイテム、またはフォルダーに対して定義できます。各コンテンツ タイプでは、次の項目を指定できます。

  • この種類のアイテムに割り当てる列 (メタデータ)。

  • 新しいアイテムに適用するドキュメント テンプレート (ドキュメント コンテンツ タイプのみ)。

  • カスタムの [新規作成]、[編集]、および [表示] フォーム。

  • このコンテンツ タイプのアイテムのワークフロー。

  • カスタムのソリューションまたは機能。

コンテンツ タイプの種類

作成または使用できるコンテンツ タイプは、サイト コレクション内の複数のサイトのリストまたはライブラリで使用できるようにするか、または 1 つのサイトの特定のリストまたはライブラリでのみ使用できるようにするかによって、2 種類に分類されます。

[サイトの設定] ウィンドウから [サイト コンテンツ タイプ] を選ぶ

  • サイトのコンテンツ 種類コンテンツ タイプは、最初のサイト コンテンツ タイプのギャラリーでサイトを定義します。サイト レベルで定義されているコンテンツ タイプは、サイト コンテンツ タイプと呼ばれます。サイトのすべてのサブサイトで定義されているを使用するサイト コンテンツ タイプを利用できます。たとえば、サイト コレクションのトップレベル サイトのサイト コンテンツ タイプを定義する場合になりますリストとライブラリで使用可能なサイト コレクション内のすべてのサイト。

  • リスト コンテンツ タイプサイト コンテンツ タイプのリストまたはライブラリを個別に追加され、そのリストまたはライブラリで使用するためにカスタマイズしたことができます。サイト コンテンツ タイプがリストまたはライブラリに追加されると、リスト コンテンツ タイプと呼ばれます。リスト コンテンツ タイプは、作成元となるサイト コンテンツ タイプの子です。リスト コンテンツ タイプできる柔軟性を高める、ドキュメント ライブラリとリスト、1 つのリストまたはライブラリが含まれているため複数の種類のアイテムまたはドキュメントの種類、それぞれの一意のメタデータ、ポリシー、または動作を持つことができます。含まれる複数のアイテムまたはドキュメントの種類をリストまたはライブラリの順序でリストまたはライブラリに複数のコンテンツ タイプの許可を構成する必要があります。リストやライブラリの新規作成] コマンドでは、そのリストまたはライブラリに対して利用できる種類が表示されます。

ページの先頭へ

属性の継承について

コンテンツ タイプを一から作成することはありません。代わりに、コンテンツ タイプの既定のセットが用意されており、これをそのまま使用するか、カスタマイズして使用できます。コンテンツ タイプは階層構造になっており、1 つのコンテンツ タイプが他のコンテンツ タイプから特性を継承できます。この構造により、すべてのカテゴリのドキュメントを組織全体にわたり一貫して処理することができます。次の表に、各基本コンテンツ タイプに関する説明とそれぞれが関連付けられているグループ、および親コンテンツ タイプを示します。

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

システム

すべてのコンテンツ タイプは、"システム" コンテンツ タイプを継承します。このコンテンツ タイプは固定されており、編集できません。

グループ: ドキュメント コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

ドキュメント

文書を作成します。

アイテム

XSL スタイル

XSL スタイルを作成します。

ドキュメント

画像

画像または写真をアップロードします。

ドキュメント

マスター ページ

マスター ページを作成します。

ドキュメント

基本ページ

基本ページを作成します。

ドキュメント

Web パーツ ページ

Web パーツ ページを作成します。

ドキュメント

フォーム

入力できるフォームを作成します。

ドキュメント

ドキュメントへのリンク

別の場所にあるドキュメントへのリンクを作成します。

ドキュメント

Dublin Core 列

Dublin Core メタデータ要素セットで使用します。Dublin Core 列は、業界標準のドキュメントのメタデータ定義です。詳細については、「Dublin Core Metadata Initiative (英語)」を参照してください。

ドキュメント

グループ: リスト コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

イベント

新しい会議、期限、またはその他のイベントを作成します。

アイテム

スケジュールと設備予約

設備のスケジュール作成と予約を行います。

イベント

予約

会議室などの設備を予約します。

アイテム

スケジュール

新しい予定を作成します。

アイテム

懸案事項

懸案事項または問題をトラッキングします。

アイテム

コメント

新しいブログのコメントを作成します。

アイテム

アイテム

新しいリスト アイテムを作成します。

システム

日本用の連絡先

ビジネス用または個人用の連絡先に関する情報を格納します。

アイテム

連絡先

ビジネス用または個人用の連絡先に関する情報を格納します。

アイテム

メッセージ

新しいメッセージを作成します。

アイテム

タスク

自分自身または所属するチームが完了する必要のある作業項目をトラッキングします。

アイテム

投稿

新しいブログの投稿を作成します。

アイテム

お知らせ

新しいニュースの項目や状態などの簡単な情報を作成します。

アイテム

リンク

Web ページなどのリソースへの新しいリンクを作成します。

アイテム

グループ: グループ ワーク コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

回覧

回覧を追加します。

アイテム

祝日

新しい祝日を追加します。

アイテム

単語

新しい単語をリストに追加します。

アイテム

通達

新しい通達を追加します。

アイテム

電話メモ

新しい電話メモを追加します。

アイテム

設備

新しい設備を追加します。

アイテム

設備グループ

新しい設備グループを作成します。

アイテム

勤務表

新しい勤務表データを作成します。

アイテム

ユーザー

新しいユーザーをリストに追加します。

アイテム

新着情報の通知

新しい新着情報の通知を追加します。

アイテム

グループ: フォルダー コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプ

説明

親コンテンツ タイプ

ディスカッション

新しいディスカッション トピックを作成します。

フォルダー

フォルダー

新しいフォルダーを作成します。

アイテム

サマリー タスク

自分自身または所属するグループが完了する必要のある関連タスクをグループ化して説明を入力します。

フォルダー

サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで新しいカスタム サイト コンテンツ タイプを定義する際には、まずサイト コンテンツ タイプ ギャラリーの既存の親サイト コンテンツ タイプを開始点として選択します。作成した新しいサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。新しいサイト コンテンツ タイプを作成した後で、これらの属性に変更を加えることができます。

コンテンツ タイプが親コンテンツ タイプから属性を継承するしくみを、次の図に示します。

コンテンツ タイプの継承

1. このサイト コンテンツ タイプはシステム コンテンツ タイプから派生します。

2. これらのサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント コンテンツ タイプを基に作成されています。これらのコンテンツ タイプに変更を加えても、親コンテンツ タイプ (ドキュメント) には影響しません。

3. このサイト コンテンツ タイプはプロジェクト計画コンテンツ タイプを基に作成されています。このコンテンツ タイプに変更を加えても、親コンテンツ タイプ (プロジェクト計画) には影響しません。

4. これらのリスト コンテンツ タイプは、プロジェクト X およびサインオフ シートの各コンテンツ タイプを親としています。リスト コンテンツ タイプに加えた変更は、リストまたはライブラリに追加されたそのコンテンツ タイプのインスタンスにのみ適用されます。

親コンテンツ タイプが持っていない属性 (追加の列など) を使用して子コンテンツ タイプをカスタマイズした場合、それらのカスタマイズは親コンテンツ タイプには書き込まれません。つまり、継承された属性への変更は、親から子へと下向きには反映できますが、上向きには反映できません。

リスト コンテンツ タイプを作成する場合にも同じ規則が当てはまります。たとえば、親コンテンツ タイプが持っていない属性 (追加の列など) を使用してリスト コンテンツ タイプをカスタマイズした場合、それらのカスタマイズは親コンテンツ タイプに影響を与えません。また、リスト コンテンツ タイプは、それが追加されたリストまたはライブラリに対してのみカスタマイズできること、および、親コンテンツ タイプの属性を変更した場合、その変更によって子リスト コンテンツ タイプの属性が上書きされる場合があることに注意してください。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプによるコンテンツ管理の簡素化のしくみ

サイト コンテンツ タイプを定義することで、すべてのカテゴリのドキュメントを組織全体にわたって一貫した方法で処理できます。たとえば、組織の顧客配布用のすべてのドキュメントで、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト マネージャーなど、メタデータの特定の組み合わせが必要になるとします。この場合、アカウント番号とプロジェクト番号それぞれの列を持つ "顧客配布用" サイト コンテンツ タイプを作成することで、これらのメタデータ アイテムを組織の顧客配布用ドキュメントに関連付けることができます。

次の図は、コンテンツ タイプによってコンテンツ管理を簡素化する方法の例を示しています。ここでは、"顧客配布用" ドキュメント ライブラリで新しいドキュメントを作成するときに使用できるオプションとして、"顧客配布用" コンテンツ タイプが新しく作成されています。

[新規作成] メニューのコンテンツの種類

これにより、このサイト コンテンツ タイプから継承するサイト コレクション内のすべての種類の "顧客配布用" ドキュメントで、これらの列に情報を入力するようユーザーに要求することができます。これらの顧客配布用ドキュメントに関する他のメタデータを調べる必要がある場合は、"顧客配布用" サイト コンテンツ タイプに必要な列を追加します。これにより、このサイト コンテンツ タイプから継承するすべての子リスト コンテンツ タイプを更新して、すべての顧客配布用ドキュメントに新しい列を追加できます。

複数のドキュメント ライブラリに対して一貫したメタデータを適用できることは、コンテンツ タイプを使用したコンテンツ管理の利点の 1 つにすぎません。コンテンツ タイプを使用すると、サイト全体のコンテンツに対して、同じ機能や属性を関連付けることもできます。

リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用できるように設定されている場合は、このリストまたはライブラリに、サイトで有効なサイト コンテンツ タイプのグループからコンテンツ タイプを追加できます。リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加する主な利点の 1 つは、単一のリストまたはライブラリに複数の種類のアイテムやドキュメントを含めることができるようになり、それぞれに固有のメタデータ、ポリシー、または動作を設定できることです。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×