コンテンツ タイプの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツ タイプによって、組織は、サイト コレクション全体で一貫した方法でコンテンツを整理、管理、および処理できます。特定の種類のドキュメントまたは情報製品に対してコンテンツ タイプを定義することによって、組織はこれらの各コンテンツ グループを一貫した方法で管理できます。

この記事の内容

コンテンツ タイプとは何ですか。

コンテンツ タイプのサイト レベルで機能

コンテンツ タイプのリストとライブラリの機能

コンテンツ タイプとは

1 つのプロジェクトが進行する中で、提案書、法的契約書、作業のステートメント、製品の設計仕様書など、さまざまな種類のコンテンツが作成されます。これらのドキュメントは 1 つのプロジェクトに関係するため一緒に格納されますが、その作成、使用、共有、および保持の仕方はそれぞれ異なります。各種類のコンテンツに関して、それぞれ異なる種類のメタデータを収集および管理することが求められることもあります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、ドキュメントの異なるセットをコンテンツ タイプとして定義できます。コンテンツ タイプは、特定の種類のコンテンツの共有の動作を表す、再利用可能な設定のグループです。Office SharePoint Server 2007 では、ドキュメント、リスト アイテム、フォルダなど、任意のアイテムの種類に対してコンテンツ タイプを定義できます。各コンテンツ タイプが指定できる内容は、次のとおりです。

  • この種類のアイテムに割り当てる列 (メタデータ)。

  • この種類の新しいアイテムの基になるドキュメント テンプレート (ドキュメント コンテンツ タイプのみ)。

  • このコンテンツ タイプで使用するカスタムの [新規作成]、[編集]、および [表示] フォーム。

  • このコンテンツ タイプのアイテムで使用可能なワークフロー。

  • このコンテンツ タイプのアイテムに関連付けられるカスタム ソリューションまたは機能。

  • このコンテンツ タイプのアイテムに関連付けられる情報管理ポリシー。

  • このコンテンツ タイプのアイテムが、互換性のある Microsoft Office アプリケーションで使用できるドキュメント情報パネル。

  • このコンテンツ タイプのアイテムが使用できるドキュメント変換 (ドキュメント コンテンツ タイプのみ)。

コンテンツ タイプによって、サイト コレクション内の異なるリストおよびライブラリ全体で、コンテンツを一貫した方法で管理および整理する手段が組織に提供され、また、1 つのリストまたはライブラリに、複数のアイテムの種類やドキュメントの種類を含むことも可能になります。

ページの先頭へ

サイト レベルでのコンテンツ タイプの機能

コンテンツ タイプは階層にまとめられており、あるコンテンツ タイプが別のコンテンツ タイプからその特性を継承できます。このため、ドキュメントのカテゴリが組織全体で属性を共有したり、チームが特定のサイトまたはリストの属性をカスタマイズしたりできます。

コンテンツ タイプは、サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで最初に一元的に定義されます。サイト レベルで定義されるコンテンツ タイプを、サイト コンテンツ タイプと呼びます。サイト コンテンツ タイプは、その定義元のサイトのすべてのサブサイトで使用できます。たとえば、サイト コレクション内のトップレベルのサイトの、サイト コンテンツ タイプ ギャラリーでサイト コンテンツ タイプが定義されると、そのサイト コレクション内のすべてのサイト内のリストおよびライブラリで、該当のサイト コンテンツ タイプを使用できます。サイト コンテンツ リストは、リストまたはライブラリに個別に追加して、そのリストまたはライブラリ内での使用に合わせてカスタマイズできます。リストまたはライブラリに追加されるサイト コンテンツ タイプのインスタンスを、リスト コンテンツ タイプと呼びます。リスト コンテンツ タイプは、作成元のサイト コンテンツ タイプの子です。

サイト コンテンツ タイプの継承について

サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで新しいカスタム サイト コンテンツ タイプを定義する場合は、最初に、サイト コンテンツ タイプ ギャラリーで開始点となる既存の親サイト コンテンツ タイプを選択します。作成する新しいサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用の設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。この新しいコンテンツ タイプを作成した後で、どの属性も任意に変更できます。

サイト コンテンツ タイプを変更する場合はいつでも、このサイト コンテンツ タイプから属性を継承する他の子サイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプに同じ変更を適用するかどうかを指定できます。子サイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプが親コンテンツ タイプと共有する属性だけが更新されます。子サイト コンテンツ タイプがカスタマイズされて、親サイト コンテンツ タイプが持っていない追加の属性を持っている場合 (追加の列など)、子サイト コンテンツ タイプの更新時にそのカスタマイズは上書きされません。サイト コンテンツ タイプへの変更は、サイト コンテンツ タイプの作成元の親サイト コンテンツ タイプには影響しません。

サイト コンテンツ タイプでサポートされるコンテンツ管理

サイト コンテンツ タイプを定義することによって、組織全体で一貫性をもってドキュメントのカテゴリ全体を処理できます。たとえば、組織では、すべての顧客成果物ドキュメントに、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト管理者など、メタデータの特定のセットが要求されることがあります。顧客成果物のサイト コンテンツ タイプを作成し、アカウント番号とプロジェクト番号の各アイテムのメタデータに相当する列を必須にすることで、組織内のすべての顧客成果物ドキュメントに、アカウント番号とプロジェクト番号を関連付けることができます。このサイト コンテンツ タイプを継承するサイト コレクション内のすべての顧客成果物ドキュメント タイプは、ユーザーに、これらの列の情報の指定を要求します。この顧客成果物ドキュメントに関連する追加のメタデータを追跡する必要がある場合は、顧客成果物サイト コンテンツ タイプに別の必須列を追加します。すべての顧客成果物ドキュメントに新しい列を追加することによって、このサイト コンテンツ タイプを継承するすべての子リスト コンテンツ タイプを更新できます。

ページの先頭へ

リストおよびライブラリにおけるコンテンツ タイプの機能

リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用できるように設定されている場合は、このリストまたはライブラリに、サイトで有効なサイト コンテンツ タイプのグループからコンテンツ タイプを追加できます。

リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加すると、そのリストまたはライブラリに該当の種類のアイテムを含むことができます。該当の種類の新しいアイテムを作成するには、そのリストまたはライブラリ内の [新規作成] コマンドを使用します。リストおよびライブラリにおけるコンテンツ タイプの重要な利点の 1 つは、1 つのリストまたはライブラリに、それぞれが一意のメタデータ、ポリシー、または動作を持つ複数のアイテム タイプまたはドキュメント タイプを含むことができることです。

リスト コンテンツ タイプの継承について

サイト コンテンツ タイプのインスタンスをリストまたはライブラリに追加すると、そのインスタンスは作成元サイト コンテンツ タイプの子になります。このリスト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプの属性をすべて継承します。リスト コンテンツ タイプは、追加されている特定のリストまたはライブラリに合わせてカスタマイズできます。これらのカスタマイズは、親サイト コンテンツ タイプには適用されません。リスト コンテンツ タイプの親サイト コンテンツ タイプを更新するとき、子リスト コンテンツ タイプで変更を継承することができます (サイト コンテンツ タイプの変更をすべての子コンテンツ タイプに適用するように選択されている場合)。子リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプと共有する属性がリスト コンテンツ タイプ用にカスタマイズされた場合、リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプの変更を継承すると、こうしたカスタマイズは上書きされることがあります。リスト コンテンツ タイプがカスタマイズされて、親コンテンツ タイプにはない属性が追加されている場合 (追加の列がある場合など)、子リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプの変更を継承しても、こうしたカスタマイズは上書きされません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×