コンテンツ タイプのカスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

カスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集して、サイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプに使用できます。

  1. 次のいずれかを実行します。

    • サイト コンテンツ タイプの場合は次の手順に従います。

      1. サイトの操作] メニューの [ Button image で、[サイト コレクションのホーム ページでサイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

      2. [ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

      3. カスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

      4. [設定] の [ドキュメント情報パネルの設定] をクリックします。

    • リスト コンテンツ タイプの場合は次の手順に従います。

      1. カスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集するリスト コンテンツ タイプのインスタンスを含むライブラリを開きます。

        1. [設定] メニューの [ settings menu で開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

          たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

      2. [コンテンツ タイプ] で、カスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集するコンテンツ タイプの名前をクリックします。

        注: ライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用するように設定されていない場合は、ライブラリの [ユーザー設定] ページに [コンテンツ タイプ] セクションが表示されません。

      3. [設定] の [ドキュメント情報パネルの設定] をクリックします。

  2. [ドキュメント情報パネルの設定] ページで、目的により [新しいカスタム テンプレートの作成] または [このテンプレートの編集] をクリックします。

    Microsoft Office InfoPath 2007 が起動し、[データ ソース ウィザード] が表示されます。

  3. Office InfoPath 2007 で [データ ソース ウィザード] ダイアログ ボックスの [完了] をクリックします。

    Office InfoPath 2007 は適切なフォーム テンプレートを読み込みます。

    • 新しいカスタム フォームを作成する場合は、Office InfoPath 2007 は、コンテンツ タイプ スキーマに基づいて自動生成のドキュメント情報パネルを読み込みます。

    • 既存のカスタム フォームを編集する場合は、Office InfoPath 2007 はそのフォームを読み込みます。

  4. フォームを必要に応じて編集します。完了したらフォームを保存します。

    注: カスタム フォームはコンテンツ タイプ スキーマに基づいているので、既存のスキーマに基づいていない一般的な Office InfoPath 2007 フォームの場合とは違い、フォーム スキーマを編集できません。カスタム ドキュメント情報フォーム スキーマを変更するには、コンテンツ タイプ スキーマ自体を Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトで変更する必要があります。

  5. テンプレートを発行します。テンプレートは、コンテンツ タイプに直接発行することも、別の場所に発行することもできます。目的の場所にフォームを発行したら、Office InfoPath 2007 を終了します。

  6. Office SharePoint Server 2007ユーザー インターフェイスは、コンテンツ タイプを表示する必要があります: ページのカスタム テンプレートを作成します。[ドキュメント情報パネルの設定] ページに戻る] をクリックします。

  7. [既存のカスタム テンプレートを使用する (URL、UNC、または URN)] に発行したフォームの場所へのパスが含まれていることを確認し、[OK] をクリックします。 発行後にフォームを編集する場合は、発行した場所にフォームを保存することができます。フォームを再発行する必要はありません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×