コンテンツ タイプとコンテンツ タイプ発行の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツ タイプを使用すると、サイト全体を通じて、一貫した方法でコンテンツを整理、管理、および処理できます。特定の種類のドキュメントまたは情報製品のコンテンツ タイプを定義することにより、コンテンツの各グループを一貫性のある方法で管理できます。ここでは、コンテンツ タイプに関する基本的な概念と、コンテンツ タイプの発行をどのように使用してサイト コレクション全体でコンテンツ タイプを共有するかについて説明します。

この記事の内容

コンテンツ タイプとは何ですか。

コンテンツ タイプの継承の動作

サイト コンテンツ タイプの継承について

リスト コンテンツ タイプの継承について

コンテンツ タイプの発行

関連作業

コンテンツ タイプとは

ビジネスの過程で、通常、さまざまな種類のコンテンツが作成されます。たとえば、法的契約書、マーケティング企画書、製品設計仕様書、製造工程ドキュメントなどが作成されます。これらのコンテンツで共通のプロパティ セットが共有される場合もありますが、コンテンツの種類ごとに固有の属性があり、それぞれのコンテンツが異なる方法で作成、使用、共有、および保持される可能性があります。組織では、各種コンテンツに関する各種のメタデータを保持する場合や、各種のコンテンツにそれぞれ異なる保持ポリシーまたは機密性ポリシーを適用する場合があります。

組織は、それぞれ異なる種類のドキュメントをコンテンツ タイプとして定義できます。コンテンツ タイプは、特定の種類のコンテンツ用の、共有の属性および動作を設定する、再利用可能な設定のグループです。ドキュメント、リスト アイテム、メディア ファイル、フォルダーなど、あらゆるアイテム タイプについて、コンテンツ タイプを定義できます。

各コンテンツ タイプに次の属性を指定できます。

  • コンテンツ タイプのアイテムに割り当てる列 (メタデータ)。

  • このコンテンツ タイプで使用するカスタムの [新規作成]、[編集]、および [表示] フォーム。

  • このコンテンツ タイプのアイテムで使用可能なワークフロー。

  • このコンテンツ タイプのアイテムに関連付けられるカスタム ソリューションまたは機能。

  • このコンテンツ タイプのアイテムに関連付けられる情報管理ポリシー。

  • コンテンツ タイプのアイテムについて、対応する Microsoft Office プログラムで表示されるドキュメント情報パネル。

  • コンテンツ タイプの新しいアイテムのドキュメント テンプレート (ドキュメント コンテンツ タイプのみ)。

  • コンテンツ タイプのアイテムが使用できるドキュメント変換 (ドキュメント コンテンツ タイプのみ)。

コンテンツ タイプを使用すると、サイト、リスト、およびライブラリを通して、コンテンツを一貫した方法で管理および整理できます。また、1 つのリストまたはライブラリに、複数のアイテム タイプやドキュメント タイプを含めることもできます。

複数のコンテンツ タイプをサポートするようにライブラリが設定されている場合、使用可能なコンテンツ タイプの一覧が [新しいドキュメント] メニューに表示され、ユーザーは、作成するドキュメントの種類に対応するタイプを選択できます。

リストまたはライブラリの [新規] メニューでのコンテンツ タイプの表示。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプの継承性

コンテンツ タイプは階層にまとめられており、あるコンテンツ タイプが別のコンテンツ タイプからその特性を継承できます。このため、ドキュメントのカテゴリが組織全体で属性を共有したり、チームが特定のサイトまたはリストの属性をカスタマイズしたりできます。

コンテンツ タイプには、2 つの基本的なタイプとして、サイト コンテンツ タイプとリスト コンテンツ タイプがあります。

サイト コンテンツ タイプ   サイト レベルで定義されているコンテンツ タイプ、サイト コンテンツ タイプとは、サイトのサイト コンテンツ タイプのギャラリーで管理します。サイトのすべてのサブサイトで定義されているを使用するサイト コンテンツ タイプを利用できます。たとえば、サイト コレクションのトップレベル サイトのサイト コンテンツ タイプのギャラリーでは、サイト コンテンツ タイプを定義してはリストの使用とサイト コレクション内のすべてのサイトのライブラリの利用できます。コンテンツ タイプの発行が構成されている場合は、このサイト コレクションには、コンテンツ タイプの発行ハブをサブスクライブしているサイト コレクションおよび Web アプリケーションにこれらのサイト コンテンツ タイプが発行できます。サイト コンテンツ タイプのリストまたはライブラリを個別に追加され、そのリストまたはライブラリで使用するためにカスタマイズしたことができます。

リスト コンテンツ タイプ    リストまたはライブラリにサイト コンテンツ タイプを追加すると、リスト コンテンツ タイプと呼ばれます。リスト コンテンツ タイプは、作成元となるサイト コンテンツ タイプの子です。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプの継承性

サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで新しいカスタム サイト コンテンツ タイプを定義するときには、まず、サイト コンテンツ タイプ ギャラリーで既存の親サイト コンテンツ タイプを選択します。独自のカスタム サイト コンテンツ タイプを作成するときに使用できる、多くの既定のサイト コンテンツ タイプにアクセスできます。作成する新しいサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。新しいサイト コンテンツ タイプを作成した後で、それらの属性に変更を加えることができます。

サイト コンテンツ タイプに変更を加えるたびに、そのサイト コンテンツ タイプから属性を継承する子のサイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプも更新するかどうかを指定できます。更新できるのは、子のサイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプが親のコンテンツ タイプと共有する属性だけです。子サイト コンテンツ タイプが、親サイト コンテンツ タイプにはない追加属性 (追加の列など) でカスタマイズされている場合、これらのカスタマイズは、子サイト コンテンツ タイプの更新時に上書きされません。サイト コンテンツ タイプに加える変更は、その作成元である親サイト コンテンツ タイプには影響しません。

次の図は、コンテンツ タイプの継承のしくみを示しています。このトップ レベル サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーには、Document、Design Spec、および Memo という、3 つのコンテンツ タイプがあります。Design Spec コンテンツ タイプと Memo コンテンツ タイプは Document コンテンツ タイプの子であり、ドキュメント コンテンツ タイプから継承した Author 列を共有します。このサイト コレクションのサブサイトでは、Design Spec コンテンツ タイプを使用して、追加の列を含む新しい子サイト コンテンツ タイプ Product X Spec が作成されています。新しい Product X Spec サイト コンテンツ タイプと Memo サイト コンテンツ タイプのインスタンスがライブラリに追加され、そのライブラリでリスト コンテンツ タイプとして機能します。ライブラリでは、Author 列など、両方のコンテンツ タイプに関連する列が表示され、両方のコンテンツ タイプで共有されます。

コンテンツ タイプの継承の図

1 斜体のテキストで表される列のサイトのコンテンツ タイプ。

2. リスト コンテンツ タイプ

3. 両方コンテンツの種類をライブラリには、これらの両方に関連する表示列が追加されているし、各コンテンツ タイプのアイテムに関連付けられている特定の列でのメタデータがあります。

ページの先頭へ

リスト コンテンツ タイプの継承性

リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用できるように設定されている場合は、このリストまたはライブラリに、サイトで有効なサイト コンテンツ タイプのグループからコンテンツ タイプを追加できます。

リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加すると、そのリストまたはライブラリにそのタイプのアイテムを含めることができるようになります。ユーザーは、そのリストまたはライブラリの [新しいアイテム] コマンドまたは [新しいドキュメント] コマンドを使用して、そのタイプの新しいアイテムを作成できます。リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加する主な利点の 1 つは、1 つのリストまたはライブラリに複数のアイテム タイプやドキュメント タイプを含めることができるようになり、それぞれに固有のメタデータ、ポリシー、または動作を設定できることです。

リストまたはライブラリに追加されてその場所で使用できるようになったサイト コンテンツ タイプは、リスト コンテンツ タイプと呼ばれ、作成元のサイト コンテンツ タイプの子です。このリスト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。

リスト コンテンツ タイプを、追加先のリストまたはライブラリ用にカスタマイズできます。このカスタマイズによって親サイト コンテンツ タイプに影響が及ぶことはありません。リスト コンテンツ タイプの親サイト コンテンツ タイプが更新された場合、リスト コンテンツ タイプはその更新を継承します (そのサイト コンテンツ タイプを管理しているユーザーが、更新内容をすべての子コンテンツ タイプに適用することを選択した場合)。リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプと共有する属性をカスタマイズした場合、親サイト コンテンツ タイプの更新がすべての子コンテンツ タイプに適用されると、カスタマイズ内容が上書きされます。親のコンテンツ タイプにはない属性を追加することによってリスト コンテンツ タイプをカスタマイズした場合 (列の追加など) は、親のサイト コンテンツ タイプの更新がすべての子コンテンツ タイプに適用されても、カスタマイズ内容は上書きされません。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプの発行

組織は、Managed Metadata Service アプリケーションを使用してコンテンツ タイプの発行を設定することによって、サイト コレクション間でコンテンツ タイプを共有できます。コンテンツ タイプの発行では、コンテンツ タイプを一元的に作成および管理して、更新内容を複数の購読側サイト コレクションまたは Web アプリケーションに発行できるため、コンテンツとメタデータをすべてのサイトで一貫した方法で管理できます。

コンテンツ タイプの発行を設定するには、ファーム管理者が Managed Metadata Service を作成し、コンテンツ タイプ発行のハブとして特定のサイト コレクションを指定するように構成する必要があります。Managed Metadata Service が作成され、構成された後は、ファーム管理者がそれを発行します。ファーム管理者は、この発行された URL を使用して、他の Web アプリケーションをこの Managed Metadata Service アプリケーションに接続し、そのコンテンツ タイプを購読することができます。

組織で複数の Managed Metadata Services を設定して、複数のサイト コレクションのコンテンツ タイプを共有することができます。個別の Web アプリケーションも、複数の Manage Metadata Service に接続して複数のハブ サイトのコンテンツ タイプを購読することができます。

Managed Metadata Service は管理者によって構成される必要があります。

Managed Metadata Service のコンテンツ タイプ発行が管理者によって構成されている場合は、ハブ サイト コレクションのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーのコンテンツ タイプを、他の購読側サイト コレクションに発行できます。発行されたコンテンツ タイプは、購読側サイトで読み取り専用になります (ただし、ユーザーが読み取り専用設定を変更して更新することができます)。購読側サイトのサイト所有者は、そのコンテンツ タイプをリストまたはライブラリに追加してそのまま使用することも、そのコンテンツ タイプに基づく新しいサイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプを作成して、それを拡張することもできます。

発行されたコンテンツ タイプがハブ サイトのサイト コンテンツ ギャラリーで更新された場合、更新後のコンテンツ タイプを購読側サイトに再発行できます。コンテンツ タイプの発行は、管理者が構成できるタイマー ジョブで管理されます。タイマー ジョブの実行頻度によっては、更新後のコンテンツ タイプが発行されてから購読側サイトがそれを受け取るまでに遅延が生じることがあります。

発行されたコンテンツ タイプのローカル バージョンは、購読側サイトで読み取り専用になります (ただし、ユーザーが読み取り専用設定を変更して更新することができます)。このため、組織は、コンテンツ タイプの発行を行って、すべてのサイトで一貫したコンテンツ管理を行うことができます。ハブ サイトのサイト コンテンツ ギャラリーで発行済みのコンテンツ タイプを削除しても、購読側サイトにある発行済みバージョンは削除されません。それらの発行済みバージョンは、読み取り専用設定が解除され、編集可能になります。

ページの先頭へ

関連作業

コンテンツ タイプの発行を管理します。

作成またはサイト コンテンツ タイプをカスタマイズします。

リストまたはライブラリのコンテンツ タイプを変更します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×