コンテンツ タイプ、リスト、またはライブラリに、発行に関する列を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

列の種類により、データがリストまたはライブラリに格納、表示される方法が決まります。列の作成時に列の種類を選択すると、選択した種類によって、列に格納するデータの種類が示されます。たとえば、数値のみ、書式付きテキスト、選択肢の一覧、自動的に計算される数値などがあります。SharePoint Online には、発行サイトに固有の 3 つの列の種類があり、これらを使用することで、サイト ページ、リスト、およびライブラリでリッチ テキスト、画像、およびハイパーリンクを扱う方法を制御できます。ここでは、これらの使用方法を説明します。

この記事の内容

発行に関する列の種類

発行に関する列を作成する

コンテンツ タイプに発行に関する列を追加する

リストまたはライブラリに発行に関する列を追加する

発行に関する列の種類

SharePoint Online には、3 つの発行に関する列の種類があります。それぞれについて、次の表で説明します。

正式な列名

短縮名

説明

発行用の完全な HTML コンテンツ (書式設定と制約付き)

発行用 HTML

フォント、スタイル、リンク、表形式のレイアウト、再利用可能なコンテンツなどを指定してリッチ テキストで記述できます。SharePoint ページ レイアウト内にコンテンツ フィールドのコントロールを配置すると、記述オプションを管理できます。新しいコンテンツが既に確立されているスタイルおよびテーマに従って表示されるように、コンテンツおよび書式設定に関する制約を適用できます。

注: 完全な HTML フィールドは、(スクリプト、IFrame など) の埋め込みコードをサポートしていません。

発行用イメージ (書式設定と制約付き)

発行用イメージ

サイトに使用する画像に関するメタデータを提供できるようにします。このメタデータには、画像のパス、代替テキスト、ハイパーリンク、画像の配置、サムネイル、および表示サイズが含まれます。手動で画像や Web 参照の URL を入力するよりも簡単です。SharePoint ページ レイアウト内にコンテンツ フィールドのコントロールを配置すると、画像を厳密に制御できます。

発行用ハイパーリンク (書式設定と制約付き)

発行用ハイパーリンク

作成者が URL を入力しなくてもオブジェクトおよびそのリンクを参照できるようにします。また、表示テキストおよびツール ヒントのメタデータを入力するオプションもあります。SharePoint ページ レイアウト内にコンテンツ フィールドのコントロールを配置すると、リンクの書式設定やその他のオプションを設定できます。

注: これらの列の種類を表示するには、サイト コレクションの管理者が発行を有効にする必要があります。発行を有効にするには、[設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア。 、[サイトの設定] の順に移動します。[サイト コレクションの管理] で、[サイト コレクションの機能] をクリックします。[SharePoint Server 発行インフラストラクチャ] までスクロール ダウンし、[アクティブ化] をクリックします。

発行に関する列を作成する

最初に、発行に関する列を作成します。この例では、[発行用ハイパーリンク] 列を使用します。

注: リストとライブラリに列を追加するには、サイト管理者またはサイト コレクションの管理者である必要があります。

  1. サイト コレクションのルートで、[設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア。 の [サイトの設定] をクリックします。

  2. [Web デザイナー ギャラリー] で、[サイト列] をクリックします。

  3. [作成] をクリックします。

  4. 列に名前を付けます。この例では、「Hyperlink」とします。

  5. 列の種類の一覧で、[発行用ハイパーリンク (書式設定と制約付き)] をクリックします。

  6. [既存のグループ] ボックスで、[発行に関する列] を選択します。この手順は省略できますが、列を整理するのに役立ちます。

  7. [OK] をクリックします。

コンテンツ タイプに発行に関する列を追加する

[発行用 HTML] および [発行用イメージ] 列に基づいて列を発行することは、[アーティクル ページ]、[エンタープライズ Wiki ページ]、[プロジェクト ページ]、[ウェルカム ページ] の各コンテンツ タイプでは、既に組み込まれています。[発行用ハイパーリンク] では、組み込まれていません。この手順では、[発行用ハイパーリンク] 列に基づいて、コンテンツ タイプに新しく [ハイパーリンク] 列を追加します。列の種類が組み込みであるかユーザー設定であるかに関係なく、手順は同じです。

注: リストとライブラリに列を追加するには、サイト管理者またはサイト コレクションの管理者である必要があります。

  1. サイトまたはサイト コレクションのルートで、[設定] の [サイトの設定] をクリックします。

  2. [Web デザイナー ギャラリー] で、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  3. [サイト コンテンツ タイプ] で、列を追加するコンテンツ タイプをクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプの情報] ページの末尾で、[サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

  5. [列の追加] ページの [列の選択元] ボックスで、[発行に関する列] (または前に選択したグループ) をクリックします。

  6. [利用可能な列] の一覧で、[ハイパーリンク] をクリックし、[追加] をクリックします。

  7. [OK] をクリックします。

これで、コンテンツ タイプに [ハイパーリンク] 列が追加されました。このコンテンツ タイプから作成した新しいページのプロパティを編集すると、この列が一覧となって表示されます。

リストまたはライブラリに発行に関する列を追加する

発行に関する列をリストまたはライブラリに追加する手順は、コンテンツ タイプに追加する手順とほぼ同じです。この例では、最初の手順で作成した [ハイパーリンク] 列を引き続き使用します。リストまたはライブラリが組み込みとユーザー設定のどちらであっても手順は同じです。

注: リストとライブラリに列を追加するには、サイト管理者またはサイト コレクションの管理者である必要があります。

  1. 目的のリストまたはライブラリに移動します。

  2. [リスト] タブの [設定] で [リストの設定] をクリックします。(ライブラリに列を追加する場合は、[ライブラリの設定] をクリックします)。

  3. [] で、[サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

  4. [サイト列の選択元] ボックスで、[発行に関する列] (または前に選択したグループ) をクリックします。

  5. [利用可能なサイト列] の一覧で、[ハイパーリンク] をクリックし、[追加] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

これで、リストに [ハイパーリンク] 列が追加されました。リストにアイテムを追加すると、列がプロパティ ページに表示されます。

列の詳細については、「列のタイプおよびオプション」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×