コンテンツ クエリ Web パーツを追加してページにコンテンツの動的なビューを表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

コンテンツ クエリ Web パーツを使用すると、コンテンツの動的ビューを作成できます。どのようなコンテンツを表示するかを定義するクエリをカスタマイズし、そのコンテンツのページ上での表示方法を決定するビューの設定をカスタマイズすることができます。

この記事の内容

コンテンツクエリ Web パーツとは

クエリを構築する

データの表示方法をカスタマイズする

コンテンツ クエリ Web パーツとは

コンテンツ クエリ Web パーツは、動的なアイテムを Web ブラウザーで作成されたクエリに基づいて表示します。ユーザーは、クエリを使用して表示されるアイテムを指定します。完成したページでのアイテムの表示は、表示オプションを設定することによって指定することができます。

コンテンツ クエリ Web パーツによって表示されるアイテムには、常に、ページ閲覧者がアクセスを許可されているクエリによって取得される最新のアイテムが反映されます。クエリは、コンテンツのクエリ Web パーツを含むページが表示されるたびに実行されます。新しいコンテンツが追加され、そのコンテンツがクエリの抽出条件と一致すると、そのコンテンツはコンテンツ クエリ Web パーツにより自動的に表示されます。

注:  新しいコンテンツを追加してから、そのコンテンツがコンテンツ クエリ Web パーツによって表示されるまで、数分かかる場合があります。

ページにコンテンツ クエリ Web パーツを追加したら、Web パーツを編集して、表示するアイテムとその表示方法を変更できます。コンテンツ クエリ Web パーツを編集するには、Web パーツをポイントし、Web パーツの右上隅の下向き矢印をクリックして、[Web パーツの編集] をクリックします。ツール ウィンドウが開き、コンテンツ クエリ Web パーツの設定が表示されます。

設定は、次の 5 つのカテゴリがあります。

  • クエリ   クエリを作成するための設定です。

  • プレゼンテーション   クエリによって取得したアイテムの表示をカスタマイズするための設定です。

  • 外観   Web パーツ自体の外観を調整するための設定です。これらの設定では、Web パーツのタイトル、高さ、幅、および枠 (Web パーツの枠を構成するデザイン要素とナビゲーション用の要素) を変更できます。

  • レイアウト   Web パーツのレイアウトを調整するための設定です。Web パーツの表示または非表示、方向 (左から右、右から左、またはどちらもなし)、表示領域 (上端、左端列、または右端列)、および領域のインデックスを指定できます。

  • 詳細設定   Web パーツのさまざまな詳細オプションを調整するための設定です。

ページの先頭へ

クエリを構築する

次の [クエリ] の設定を使用して、クエリによって取得されるコンテンツを指定することができます。

ソース: クエリの範囲を指定します。この設定は必須です。この設定には、次の 3 つのオプションがあります。

  • このサイト コレクションのすべてのサイトからアイテムを表示する   サイト コレクション内の特定のサイトのみをクエリの対象にする場合にオンにします。これは既定の設定です。

  • 以下のサイトおよびそのサブサイトからアイテムを表示する   サイト コレクション内の特定のサイトのみをクエリの対象にする場合にオンにします。サイトのアドレスを入力することもできますが、[参照] ボタンを使用してサイトを選択することをお勧めします。[参照] をクリックすると、Web パーツの [サイトの選択] ダイアログ ボックスが開き、サイト コレクションのツリー ビューが表示されます。ここでクエリ対象のサイトをクリックし、[OK] をクリックします。

  • 以下のリストからアイテムを表示する:    サイト コレクション内の特定のリストまたはライブラリのみをクエリの対象にする場合にオンにします。リストのアドレスを入力することもできますが、[参照] ボタンを使用してリストまたはライブラリを選択することをお勧めします。[参照] をクリックすると、Web パーツの [リストまたはライブラリの選択] ダイアログ ボックスが開き、サイト コレクションのツリー ビューが表示されます。クエリ対象のリストまたはライブラリが特定のサイト内にある場合は、そのサイトの名前の横にある正符号 (+) をクリックします。クエリ対象のリストまたはライブラリが表示されたら、それをクリックし、[OK] をクリックします。

リストの種類   この設定は必須です。サイト コレクション内にある任意のリストの種類を選択できます。ここで選択したリストの種類によって、クエリの範囲内にあるリストまたはライブラリのうち、どのリストまたはライブラリをクエリで処理するかが決まります。

コンテンツ タイプ   [コンテンツ タイプ] には、[コンテンツ タイプ グループ] と [コンテンツ タイプ] の 2 つの設定があります。これらの設定はオプションです。これらの設定を使用して、サイト コレクションで定義されている特定のコンテンツ タイプのアイテムにクエリを制限することができます。

対象ユーザーのターゲット設定  この設定は省略可能です。[対象ユーザーのターゲット設定] を選択すると、クエリによって取得されたコンテンツがフィルター処理され、ページビューアーが所属する対象ユーザーを対象としているコンテンツだけを表示します。対象ユーザーはシステム全体で定義されているため、コンテンツクエリ Web パーツを使用して変更することはできません。この設定では、Web パーツが対象ユーザーを対象とするかどうかのみを決定します。
対象ユーザーターゲットを選択すると、第2の設定が利用可能になります。対象になっていないアイテムを含めます。この設定を選ぶと、対象ユーザーに対して明示的に対象指定されていないコンテンツは、だれがページを表示しているかに関係なく、クエリによって取得されます。[対象ユーザーターゲット] を選択しても、この設定を選択しないと、対象ユーザーを明示的に対象にしていないコンテンツはクエリによって取得されません。

その他のフィルターこの設定は省略可能です。この設定を使用して、クエリによって取得されるコンテンツをさらに限定することができます。フィルターフィールド、比較演算子を選び、抽出条件を入力します。たとえば、フィルターフィールドの作成者、比較演算子は次のように使用できます。また、 トニ poe によって作成されたアイテムに対するクエリの結果を制限するために、条件と同等です。フィルターオプションは、選択したフィルターフィールドによって異なります。たとえば、[作成者] フィールドを選択した場合は、追加のオプションが表示されます。

  • [自分] では、自分が作成したコンテンツが表示されます。

  • ユーザー名を入力するか参照すると、そのユーザーが作成した Web パーツ コンテンツが表示されます。

  • [ユーザー設定の値またはクエリ] では、次のトークンをフィルター値として入力することも可能です。

    • [PageFieldValue: フィールド名] の設定を使用すると、現在のページの指定したフィールドの値を使用して動的にコンテンツをフィルタリングできます。

    • [PageQueryString: クエリ文字列パラメーター名] の設定を使用すると、現在のページの URL で指定されたクエリ文字列プロパティの値に基づいて、コンテンツを動的にフィルター処理できます。

      注:  ページのフィールド値またはクエリ文字列パラメーター値が null の場合、そのフィルターはクエリで使用されません。

[追加フィルター] 設定では、フィルターを 3 つまで指定できます。複数のフィルターを使用する場合は、2 番目のフィルターと 3 番目のフィルターの前に [かつ] オプションや [または] オプションを追加して、フィルターを一括して適用する方法を指定する必要があります。

注: 追加のフィルターのオプションは、選択されているソースによって異なる場合があります。

ページの先頭へ

データの表示方法をカスタマイズする

次の [プレゼンテーション] の設定を使用して、クエリにより取得されるコンテンツの表示をカスタマイズすることができます。これらはすべて任意の設定です。

グループ化と並べ替え   クエリで取得したアイテムを並べ替えるときに使用します。

  • 最優先されるフィールド   アイテムをグループに分類するのに使用するフィールドを選択します。たとえば、作成者別にアイテムをグループ化する場合は、[作成者] を選択します。

  • グループ化の基準となるフィールドを選択するとき、[昇順でグループを表示する] および [降順でグループを表示する] を使用して、アイテムを昇順で整列するか降順で整列するかを指定できます。

  • 列数   アイテムの並べ替えに使用する列数を指定します。アイテムの並べ替えに使用できる列数は 5 列以下です。

  • アイテムの並べ替えキー   アイテムの並べ替えに使用するフィールドを選択します。アイテムのグループ化を指定した場合、アイテムはそのグループ内で並べ替えられます。

  • 並べ替えの基準となるフィールドを選択するとき、[昇順でアイテムを表示する] および [降順でアイテムを表示する] を使用して、アイテムを昇順で整列するか降順で整列するかを指定できます。

  • 表示するアイテム数を制限する   このオプションを設定すると、表示するアイテム数を制限できます。制限を指定しない場合は、クエリで取得されたすべてのアイテムが表示されます。アイテム数が多い場合は、すべて表示できるようにページが拡大されます。

スタイル   次の設定を使用して、グループおよびアイテムに視覚スタイルを適用します。

  • グループ スタイル   グループの見出しに適用するスタイルを指定します。たとえば、作成者別にグループ化した場合、アイテムの各グループの見出しに作成者名が表示されますが、その作成者名はこの設定で指定したスタイルで表示されます。

  • アイテムのスタイル   アイテムに適用するスタイルを指定します。

表示するフィールド クエリの範囲に応じて、このスタイルの表示スロットに表示する値を含むサイトやリストの列を 1 つまたは複数選択できます。特定のグループの列を指定するには、列名の後ろにグループ名を角かっこで囲んで入力します (「[<グループ>]」のように入力します)。入力した列をそれぞれセミコロンで区切るようにします。

指定した最初の列の値が空白の場合、Web パーツには後続の列の値が表示されます。

フィード   コンテンツ クエリ Web パーツを RSS フィードとして使用するよう選択できます。この場合、Web パーツによるクエリ結果をサブスクライブするためのオプションがページに表示されるため、ページを再表示しなくても、新しいアイテムの追加時にそのアイテムを確認することができます。次の設定を使用して、RSS フィードのタイトルと説明を指定します。

  • フィードのタイトル   RSS フィードに使用する名前を入力します。この名前は、サブスクライブしているユーザーが RSS リーダー内でフィードを特定するときの手掛かりとなります。

  • フィードの説明   RSS フィードに使用する説明を入力します。この説明は、サブスクライブしているユーザーが RSS リーダー内でフィードを特定するときの手掛かりとなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×