コンテンツ配信ネットワーク

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この情報を使用して、 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) とOffice 365での活用方法について説明します。 CDN受信エンドユーザーのOffice 365高速かつ信頼性をしないようにします。CDNとOffice 365などのクラウド サービスは web クライアントを使用して、サービスを使用しているときに、ユーザーのブラウザーにすばやくデータのアイコンなどの一般的なコンテンツをダウンロードします。

次のページに戻る ネットワーク計画と Office 365 のパフォーマンスのチューニングします。

Office 365 に対してネットワーク接続を計画する場合、CDN の動作方法を把握しておくと役立ちます。また、IP アドレスでは CDN に対する接続をフィルター処理できないことを理解しておくことも重要です。Office 365 (Exchange Online など) のサービスに対して最善の選択となる IP の一覧を提供します。「Managing Office 365 endpoints (Office 365 エンドポイントを管理する)」で推奨事項を参照してください。

アイコンなどの共通アイテムを何度もダウンロードすると、本来はメールやドキュメントなどの重要な個人用コンテンツのダウンロードに使用するネットワークの帯域幅を占有してしまう可能性があります。 Office 365 では CDN が組み込まれているアーキテクチャを使用しているため、アイコンやスクリプトなどの汎用コンテンツをクライアント コンピューターに近いサーバーからダウンロードでき、ダウンロードの高速化を実現できます。 つまり、Office 365 のデータセンターに安全に格納されている個人用コンテンツに高速にアクセスできるということです。

CDN は、ほとんどのエンタープライズ クラウド サービスで使用されています。 Office 365 などのクラウド サービスでは、無数のユーザーが、独自のコンテンツ (メールなど) と汎用コンテンツ (アイコンなど) を分けることなく同時にダウンロードします。 アイコンのような、すべてのユーザーが使用するイメージは、可能な限りユーザーのコンピューターに近いところに配置すると効率的です。 ただし、どのクラウド サービスにおいても、大都市地域ごとに、または世界中の主要なインターネット ハブごとにこうした汎用コンテンツを格納する CDN データセンターを構築するというのは実際的ではありません。そこで CDN の一部を共有することになります。

CDN には、プライベート CDN とパブリック CDN があります。プライベート CDN は、単一の企業が所有して運用し、使用できるのはその企業のアプリケーションとサービスのみです。パブリック CDN は、複数の企業に使用権をリースする企業が運用しています。ユーザーの地域によって、Office 365 が汎用イメージを最も効率的にダウンロードできる CDN が異なります。Office 365 が所有して実行する CDN か、パブリック CDN、あるいは両方の組み合わせの場合もあります。どのような CDN を使用している場合でも、データを取得する手順は同じです。

  1. クライアントが、Office 365 にデータを要求します。

  2. Office 365 は、クライアントに直接データを返すか、またはクライアントを CDN にリダイレクトします。

  3. データが既に CDN にキャッシュされている場合、クライアントは、インターネット上のクライアントに最も近い CDN から直接データをダウンロードします。

  4. データが CDN にキャッシュされていない場合は、CDN ノードが Office 365 にデータを要求し、そのデータは、クライアントがデータをダウンロードした後も一定期間キャッシュされます。

CDN は、最も近くにある Office 365 データセンターからファイルとイメージを取得し、クライアント側では、最も近くにある CDN からファイルとイメージを取得します。Outlook Web App でメールを閲覧するなど、ユーザーがクラウド サービスにアクセスすると、ユーザーのブラウザーは Office 365 データセンターからファイルとイメージを取得しようとします。Office 365 では、ファイル配信のために時間と帯域幅を使用する代わりに、ブラウザーを CDN にリダイレクトします。CDN は、ユーザーのブラウザーに最も近いデータセンターを判別し、リダイレクトを使用して、そのデータセンターから汎用イメージをダウンロードします。この CDN のリダイレクトは高速で、ユーザー側のダウンロードにかかる時間が大幅に短縮されます。

FQDN の一覧と、その CDN の利用方法は、徐々に変化しています。CDN を利用する最新の FQDN の一覧については、公開されている Office 365 のエンドポイントを記載したページを参照してください。

Office 365で使わCDNは、常に変更の適用対象は複数のCDNパートナーが設定されていない場合に多くの場合です。使用中の 2 つの最も一般的なCDNAkamaiMicrosoft Azureです。どちらのCDNソリューションがある、世界中の他の角にサービスの範囲を拡張するグローバル展開します。 Office 365 の一般のスクリプト、ファイル、およびイメージが保存されているコンテンツが含まれます。たとえば、 portal.office.comにログオンするときに画像がページの読み込み時間を高速化に最も近いCDNから取得します。その他の例には、 Office 365の最新バージョンの Office をダウンロードにかかる時間を速くには、インストール ビットCDNを保存する ProPlus が含まれます。CDNOffice 365ビデオのビデオ ファイルなどに保存されている一部の独自コンテンツがあります。ビデオをアップロードするファイルが暗号化され、[Azure メディア サービスでの暗号化された形式で保存します。Office 365ビデオ プレーヤーのビデオを取得するときに最初にキャッシュされて近いCDNにビデオをダウンロードにかかる時間の合計を高速化にダウンロードされる前にします。

はい。今すぐOffice 365サブスクリプションには、Azure 具体的には、SharePoint Online の資産を使用できるとは別CDNにはが含まれています。Office 365 CDN を使用する方法については、 SharePoint Online と Office 365 コンテンツ配信ネットワークの使用を参照してください。

Microsoft では、お客様のニーズに応えられる新しい方法を絶えず探しています。現在、キャッシング プロキシ ソリューションやその他のオンプレミス CDN ソリューションについて、その可能性を検討中です。

お客様のビジネス上のデータを保護するために十分な注意を払っています。 Microsoft のコンテンツ配信ネットワーク パートナーに格納されているアイテムは、暗号化されているか (Office 365 ビデオなど)、不特定のユーザー向けとなっています (Office 365 ProPlus インストール ファイルなど)。 お客様のデータとプライバシーを保護する取り組みの詳細については、Office 365 セキュリティ センターを参照してください。

各パートナー サービスを幅広く活用すれば、Office 365 を拡張して可用性の要件を満たすことができ、同時に Office 365 のユーザー エクスペリエンスも向上します。 Office 365 が利用するサード パーティ サービスには、証明書失効リスト (crl.microsoft.comsa.symcb.com など) と CDN (r3.res.outlook.com など) の両方が含まれます。 Office 365 が使用するそれぞれの CDN の FQDN は、Office 365 用のカスタム FQDN です。Office 365 の要求でユーザーが FQDN にリダイレクトされた場合、Microsoft がその FQDN とその場所にある元のコンテンツを管理していますのでご安心ください。

Microsoft または Office 365 向けの要求をサード パーティ向けの要求と分離することを希望するユーザーのために、「Managing Office 365 endpoints (Office 365 エンドポイントを管理する)」にガイダンスを投稿しました。

Azure ExpressRoute for Office 365 には、パブリック インターネットとは分離した Office 365 インフラストラクチャとの専用接続があります。 つまり、クライアントは、CDN や他の Microsoft インフラストラクチャ (ExpressRoute のサポート対象サービスの一覧に明示的に含まれていないもの) に接続するためには、ExpressRoute 以外の接続を使用する必要があります。 CDN 宛ての要求など、特定のトラフィックをルーティングする方法の詳細については、「Office 365 ネットワーク トラフィック管理」を参照してください。

戻る場合は、ショート リンク https://aka.ms/o365cdns をご利用ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Troubleshooting Office 365 connectivity (Office 365 接続のトラブルシューティング)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×