コンテンツ検索レポートのエクスポート

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター のコンテンツ検索 (ならびに電子情報開示ケースに関連付けられているコンテンツ) の検索結果を完全なセットでエクスポートする代わりに、検索結果のエクスポート時に生成されるものと同じレポートだけをエクスポートできます。

レポートをエクスポートするとき、レポートは、コンテンツ検索と同じ名前のフォルダーにダウンロードされますが、名前に _ReportsOnly が追加されます。たとえば、コンテンツ検索の名前が ContosoCase0815 の場合、ContosoCase0815_ReportsOnly という名前のフォルダーにレポートがダウンロードされます。レポートに含まれる文書の一覧については、「レポートの内容」を参照してください。

始める前に

  • コンテンツ検索レポートをエクスポートするには、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター でエクスポート管理の役割が割り当てられている必要があります。この役割は、組み込みの電子情報開示管理者役割グループに割り当てられています。既定では組織管理の役割グループに割り当てられていません。詳細については、「Assign eDiscovery permissions in the Office 365 Security & Compliance Center」 (Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示アクセス許可を割り当てる) を参照してください。

  • レポートをエクスポートするとローカル コンピューターにダウンロードされる前にデータがマイクロソフト クラウドで固有 Windows Azureストレージ領域に一時的に保存します。組織がAzure、これはのエンドポイントに接続できるかどうかを必ず*. blob.core.windows.net (ワイルドカードはエクスポートの一意の識別子を表す)。検索結果のデータは、作成した後の 2 週間にAzure領域から削除されます。

  • 検索結果のエクスポートで使用するコンピューターが次のシステム要件を満たしている必要があります。

    • Windows 7 以降の 32 ビットまたは 64 ビット バージョン

    • Microsoft .NET Framework 4.7

    • サポートされているブラウザー:

      • Internet Explorer 10 以降のバージョン

        または

      • ClickOnce アドインがインストールされた Mozilla Firefox または Google Chrome

コンテンツ検索レポートを生成し、ダウンロードする

コンテンツ検索レポートを生成し、ダウンロードする手順は、実際に検索結果をエクスポートする手順と非常に似ています。

手順 1: エクスポートするレポートを生成する

最初に、コンピューターのエクスポート機能にダウンロードするレポートを用意します。レポートをエクスポートすると、レポート文書が Microsoft クラウド内の Azure ストレージ領域にアップロードされます。

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センター の左側のウィンドウで [検索と調査]、[コンテンツ検索] の順にクリックします。

  4. [コンテンツ検索] ページで、検索を選択します。

  5. 詳細ウィンドウの [レポートをコンピューターにエクスポート] で [レポートの生成] をクリックします。

    注: 検索の結果が 7 日より前のものである場合は、検索結果の更新を求められます。この場合、エクスポートを取り消し、選択した検索の詳細ウィンドウの [検索結果の更新] をクリックします。結果が更新された後でもう一度レポートのエクスポートを開始します。

  6. [レポートのエクスポート] ページの検索からこれらのアイテムを含めるには、で、次のいずれかを選択します。

    • インデックス付きのアイテムのみをエクスポートする

    • インデックス付きのアイテムとインデックスのないアイテムをエクスポートする

    • インデックスのないアイテムのみをエクスポートする

    インデックスのないアイテムの詳しい内容については、「コンテンツ検索でのインデックスのないアイテム」を参照してください。

  7. SharePoint ドキュメントのすべてのバージョンの検索統計を含めるように選択します。このオプションは、検索のコンテンツ ソースに SharePoint サイトまたは OneDrive for Business サイトが含まれている場合にのみ表示されます。

  8. [レポートの生成] をクリックします。

    ダウンロードに備えて検索結果レポートが用意されます。つまり、レポート文書が Microsoft クラウド内の Azure ストレージ領域にアップロードされます。レポートのダウンロード準備が整ったら、詳細ウィンドウの [レポートをコンピューターにエクスポート] の下に [レポートのダウンロード] リンクが表示されます。

注: 電子情報開示ケースに関連付けられているコンテンツ検索のレポートもエクスポートできます。その場合、[検索と調査]、[電子情報開示] の順に進み、ケースをクリックし、[編集] [編集] アイコン をクリックします。[検索] ページで、検索を選択し、[エクスポート] [検索結果のエクスポート] アイコン 、[レポートのエクスポート] の順にクリックします。

先頭に戻る

手順 2: レポートをダウンロードする

次に、Azure ストレージ領域からレポートをローカル コンピューターにダウンロードします。

  1. レポートを生成した検索の詳細ウィンドウの [レポートをコンピューターにエクスポート] で、[レポートのダウンロード] をクリックします。

    レポートのダウンロードページが表示され、次を含むまでレポートについての情報をお使いのコンピューターにダウンロードします。

    • ダウンロードされるアイテムの数

    • ダウンロードされるアイテムの推定合計サイズ

    • インデックス付きのアイテムまたはインデックスのないアイテムのどちらがエクスポートされるか。インデックスのないアイテムとは、認識された書式を持つアイテム、暗号化されたアイテム、またはその他の理由でインデックスが作成されていないアイテムです。

    • SharePoint ドキュメントのバージョンがダウンロードされるかどうか。

    • レポート エクスポート プロセスの状態。レポートの準備が完了していなくてもレポートのダウンロードを開始することができます。

  2. [エクスポート キー] で、[クリップボードにコピー] をクリックします。手順 5 でこのキーを使用して、レポートをダウンロードします。

    重要: 電子情報開示エクスポート ツールは誰でもインストールして起動し、誰でもこのキーを使用して検索レポートをダウンロードできるので、パスワードなどのセキュリティ関連の情報を保護する場合と同様に、このキーの保護には十分注意する必要があります。

  3. [レポートのダウンロード] をクリックします。

  4. MicrosoftOffice 365電子情報開示エクスポート ツールのインストールを求められた場合は、[インストール] をクリックします。

  5. 電子情報開示エクスポート ツールでは、手順 2 でコピーしたエクスポート キーを適切なボックスに貼り付けます。

  6. [参照] をクリックして、レポートをダウンロードする場所を指定します。

  7. [開始] をクリックして、検索結果をコンピューターにダウンロードします。

    電子情報開示エクスポート ツールには、まだダウンロードされず残っているアイテム数 (サイズ) の概算値など、エクスポート プロセスに関する状態情報が表示されます。エクスポート プロセスが完了したら、ダウンロードした場所でファイルにアクセスできます。

注: 電子情報開示ケースに関連付けられているコンテンツ検索のレポートをダウンロードできます。その場合、[検索と調査]、[電子情報開示] の順に進み、ケースをクリックし、[編集] [編集] アイコン をクリックします。[エクスポート] ページで、レポート エクスポートを選択し、詳細ウィンドウで [レポートのダウンロード] をクリックします。

先頭に戻る

レポートの内容

コンテンツ検索の結果に関するレポートを生成し、エクスポートすると、次の文書がダウンロードされます。

  • エクスポートの要約   エクスポートの概要が含まれている Excel ドキュメント。検索されたコンテンツ ソースの数、各コンテンツ場所からの検索結果の数、アイテムの見積もり数、エクスポートされるアイテムの実際の数、エクスポートされるアイテムの見積もりサイズと実際のサイズなどの情報がこれに含まれています。

    注: レポートにインデックスのないアイテムが含まれる場合、エクスポートのまとめレポートに一覧表示される、見積もり検索結果の合計数とダウンロードされた検索結果の合計数 (検索結果をエクスポートした場合) にインデックスのないアイテムの数が含まれます。言い換えると、ダウンロードされるアイテムの数は次に等しくなります。

  • マニフェスト   検索結果に取り込まれた各アイテムに関する情報を含むマニフェスト ファイル (XML 形式)。

  • 結果   検索結果と共にエクスポートされる各インデックス付きアイテムに関する情報を持つ行を含む Excel ドキュメント。メールの場合、結果ログには各メッセージに関する次のような情報が含まれます。

    • ソース メールボックス内のメッセージの場所 (メッセージがプライマリ メールボックスまたはアーカイブ メールボックスのどちらに存在するかなど)。

    • メッセージの送信日または受信日。

    • メッセージの件名。

    • メッセージの送信者と受信者。

    SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトからのドキュメントの場合、結果ログには各ドキュメントに関する次のような情報が含められます。

    • ドキュメントの URL。

    • ドキュメントが置かれているサイト コレクションの URL。

    • 文書の最終更新日。

    • ドキュメントの名前 (結果のログの [件名] 列にある)。

    注: 結果文書の行数は、ダウンロードされる検索結果の合計数からインデックスのないアイテム ドキュメントに記載されているアイテムの合計数を差し引いた数に等しくなります。

  • インデックスのないアイテム   検索結果に含まれるインデックスのないアイテムに関する情報を含む Excel 文書。検索結果レポートの生成時にインデックスのないアイテムを含めない場合、このレポートがダウンロードされますが、空です。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×