コンテンツ展開用のパスとジョブを管理する

注: 最新の詳細情報については、www.microsoft.com にアクセスしてください。

コンテンツ展開パスは、コンテンツ展開とその他の関連設定の展開元と展開先を指定するものです。コンテンツの展開ジョブは、コンテンツ展開に使用されるコンテンツ展開パス、スケジュール (任意)、その他の関連設定を指定するものです。

コンテンツの展開のパスとジョブを管理するには、[コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページを開きます。

  1. トップ ナビゲーション バーで [サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [サーバー構成の管理] ページの [コンテンツ展開] セクションで、[コンテンツ展開用のパスとジョブ] をクリックします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しいコンテンツ展開パスを作成する

コンテンツ展開パスを編集する

コンテンツ展開パスを削除する

新しいコンテンツ展開ジョブを作成する

コンテンツ展開ジョブを編集する

コンテンツ展開ジョブを削除する

コンテンツ展開ジョブを手動で開始する

コンテンツ展開ジョブをキャンセルする

新しいコンテンツ展開パスを作成する

  1. [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページで、[新しいパス] をクリックします。

  2. [コンテンツ展開パスの作成] ページの [このパスの名前を入力してください] ボックスに、コンテンツ展開パスの名前を入力します。

  3. [コンテンツ展開パスの宛先を入力してください] ボックスに、コンテンツ展開パスの展開先を入力します。

  4. [展開元の Web アプリケーションとサイト コレクション] セクションの [展開元 Web アプリケーション] リストで、展開元の Web アプリケーションをクリックします。

  5. [展開元のサイト コレクション] メニューで展開元のサイト コレクションをクリックします。

    Web アプリケーションとサイト コレクションにより、コンテンツの展開元が決定されます。選択後、[URL] の下に展開元の場所が表示されます。

  6. [展開先のサーバーの全体管理 Web アプリケーション] セクションの [展開先のサーバーの全体管理サーバーの URL を入力してください] ボックスに展開先のサーバーの全体管理サーバーの URL を入力します。

    注: これは展開先のサーバーにあるサーバーの全体管理サーバーの URL になります。入ってくるコンテンツ展開ジョブを受け入れるように構成されているサーバーの URL ではありせん。

  7. [認証情報] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • アプリケーション プール アカウントを使用して接続する。アプリケーション プール アカウントを使用し、展開先のサーバーの全体管理サーバーでの認証にアプリケーション プール アカウントを使用する場合、このオプションを選択します。

    • 別のアカウントを使用して接続する。展開先のサーバーの全体管理サーバーでの認証にアプリケーション プール アカウント以外のアカウントを使用する場合、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合、認証の種類を選択し、認証に使用するアカウントの資格情報を入力します。

  8. [接続] をクリックします。

    注: 入力した資格情報が有効であれば、[接続できました] というメッセージが表示されます。

    展開先のサーバーの全体管理サーバーに接続されます。このサーバーは、対象の展開先 Web アプリケーションとサイト コレクションの一覧を提供します。

  9. [展開先の Web アプリケーションとサイト コレクション] セクションの [展開先 Web アプリケーション] リストで展開先 Web アプリケーションをクリックします。

  10. [展開先のサイト コレクション] リストで、展開先サイト コレクションをクリックします。

  11. [ユーザー名] セクションで、コンテンツ展開にこのパスが使用されるときにユーザー名を含める場合、[ユーザー名を展開する] チェック ボックスを選択します。

  12. [セキュリティ情報] セクションの [コンテンツ展開のセキュリティ情報] リストで、次のいずれかをクリックします。

    • すべて

    • ロール定義のみ

    • なし

  13. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

コンテンツ展開パスを編集する

  • [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、編集するパスの [編集] をクリックします。

    編集できる設定に関する詳細については、「新しいコンテンツ展開パスを作成する」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

コンテンツ展開パスを削除する

  • [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、削除するパスの [削除] をクリックします。

  • メッセージ ボックスが表示され、削除を続行するか問われたら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

新しいコンテンツ展開ジョブを作成する

  1. [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページで、[新しいジョブ] をクリックします。

  2. [コンテンツ展開ジョブ] ページの [名前と説明] セクションの [名前] ボックスに、コンテンツ展開ジョブの名前を入力します。

  3. [説明] ボックスに、コンテンツ展開ジョブの説明を入力します。

  4. [パス] セクションの [コンテンツ展開パスを選択してください] メニューで、コンテンツ展開パスをクリックします。

  5. [範囲] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • サイト コレクション全体。展開にサイト コレクションのすべてのサイトを含める場合、このオプションを選択します。

    • サイト コレクション内の特定のサイト。展開にサイト コレクション内のサイトを指定する場合、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合、[サイトの選択] をクリックし、展開に含めるサイトを選択します。

  6. [頻度] セクションでは、[次のスケジュールでこのジョブを実行する] チェック ボックスをオフにしてジョブを手動で実行したり、[次のスケジュールでこのジョブを実行する] チェック ボックスをオンにしてスケジュールを指定したりできます。

  7. [展開オプション] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • 新しいコンテンツ、更新されたコンテンツ、または削除されたコンテンツのみを展開する。新しいコンテンツ、更新されたコンテンツ、または削除されたコンテンツを展開するには、このオプションを選択します。

    • 以前に展開したコンテンツを含む、すべてのコンテンツを展開する。すべてのコンテンツを展開するには、このオプションを選択します。

  8. [通知] セクションでは、コンテンツ展開ジョブが正常に完了した後にメールを受け取る場合、[コンテンツ展開ジョブが正常に終了した場合に電子メールを送信する] チェック ボックスをオンにします。

  9. コンテンツ展開ジョブでエラーが発生したときにメールを受け取る場合、[コンテンツ展開ジョブが失敗した場合に電子メールを送信する] チェック ボックスをオンにします。

  10. [コンテンツ展開ジョブが正常に終了した場合に電子メールを送信する] または [コンテンツ展開ジョブが失敗した場合に電子メールを送信する] チェック ボックスをオンにした場合、[メール アドレスを入力してください] ボックスにメール アドレスを入力します。

ページの先頭へ

コンテンツ展開ジョブを編集する

  • [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、編集するジョブの [編集] をクリックします。

    編集できる設定に関する詳細については、「新しいコンテンツ展開ジョブを作成する」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

コンテンツ展開ジョブを削除する

  1. [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、削除するジョブの [削除] をクリックします。

  2. メッセージ ボックスが表示され、削除を続行するか問われたら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

コンテンツ展開ジョブを手動で開始する

  • [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、開始するジョブの [今すぐ​​実行] をクリックします。

    ジョブの進捗状況​​は [進捗状況​​] 列で報告されます。

ページの先頭へ

コンテンツ展開ジョブをキャンセルする

  • [コンテンツ展開用のパスおよびジョブの管理] ページのメニューで、キャンセルするジョブの [キャンセル] をクリックします。

    ジョブの進捗状況​​は [進捗状況​​] 列で報告されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×