コンテンツを検索可能にする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint のコンテンツは、列、ライブラリ、およびページなどの多数のソースから表示できます。サイトの所有者には、検索結果にコンテンツを含めるかどうかを決定できます。コンテンツに対するアクセス許可は、検索結果に表示されるかどうかにも影響します。権限と検索の設定の機能を十分に理解は、ユーザーが適切なドキュメントとサイトへのアクセスを持つようにできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

コンテンツを検索結果で使えるように計画するには

検索の設定および権限について理解します。

検索結果にサイト上のコンテンツを非表示を切り替える

検索結果のリストまたはライブラリからコンテンツを非表示を切り替える

ASPX ページのコンテンツを検索結果に含めるかどうかを選択します。

検索結果でコンテンツを使用できるように計画する

サイトの所有者には、コンテンツが検索結果に表示されるかどうかを制御するのに設定を使用することができます。Sharepoint では、サイト、リスト、ライブラリ、Web パーツ、および列を含むさまざまな場所にコンテンツが表示されます。既定では、新しいサイト、リスト、ライブラリ、Web パーツ ページ、または列に含まれているコンテンツがするクロールされたプロパティと検索結果に表示されます。アイテム、リスト、ライブラリ、サイト、およびなどに設定されている権限は、ビューアーが検索結果のコンテンツを表示するかどうかにも影響します。

サイトとコンテンツの所有者は、コンテンツを検索結果に含めるかどうかを指定できます。既定では、サイトのコンテンツは検索結果に表示されます。サイトの所有者または管理者がサイト コンテンツを検索結果に表示しないように指定すると、リスト、ライブラリ、ASPX ページ、列など、他の場所に対する検索結果の設定は無効になります。

同様に、サイト管理者または所有者は、リストまたはライブラリのコンテンツを検索結果に表示されないように場合の列を除外し必要はありません効果。効果的なマーケティング文書を計画するためにより高いレベルの設定内容が反映されているかに重要です。

ページの先頭へ

検索の設定および権限について理解する

サイト所有者の責任の 1 つは、コンテンツにアクセスできるユーザーを制御します。一部の参加者を読み、コンテンツを変更し、他のユーザーにコンテンツを閲覧して、コンテンツをまったく表示されないようにのみを許可するアクセス許可を付与することができます。この柔軟に対応するためには、SharePoint は、特定のアクセス許可レベルが割り当てられているアクセス許可グループを提供します。サイトまたはコンテンツにアクセスできるように、サイト所有者は、1 つまたは複数の SharePoint グループにユーザーを割り当てます。サイトの所有者には、検索結果の設定と組み合わせてアクセス許可の設定を使用して、ユーザーが検索結果でコンテンツを表示するかどうかを管理できます。

たとえばとさんの提案書 (RFP) では、Microsoft Office Word の要求を操作して、10 個の連絡先のチームで共同作業しています。自分の SharePoint チーム サイトには、サイトのメンバーであるすべてのユーザー、50 ユーザーがいます。佐藤が進む準備ができたら、全体のチーム RFP を表示するのにはありません。このため、チーム サイトにアップロードして設定します。 アクセス許可 10 チームのみの表示および編集することができるようにします。50 人のすべての読み取りアクセス許可を付与してまで、ドキュメントを表示するアクセス許可を持つ 10 個の連絡先のみに検索結果に表示されることが表示されます。これは、セキュリティによるトリミングと呼ばれます。

SharePoint の権限は、リスト、サイト、ビュー、および Web パーツに適用できるし、管理者の判断でカスタマイズできます。また、アクセス許可は、他のアクセス許可に依存することができます。ユーザーの検索結果の表示内容このすべての影響を与えることができます。このため、重要なは、SharePoint の権限モデル、組織、またはサイトの権限レベルに慣れるまたは、アクセス許可モデル対象サイトのコンテンツを追加する前に計画する場合があります。権限の詳細については、 SharePoint Foundation 2010ヘルプを参照してください。

注: 最近アップロードされているドキュメントがすぐに表示されません検索結果。間隔の検索が設定されている可能性があります。コンテンツのクロールして検索結果に表示されます。クローラー間隔は、サーバーの全体管理で設定されています。

ページの先頭へ

検索結果でサイトのコンテンツを表示または非表示にする

サイトの所有者は、サイトのコンテンツを検索結果に表示するかどうかを指定できます。既定では、サイトのコンテンツはすべて検索結果に表示されます。検索結果を閲覧するユーザーは、コンテンツを閲覧する権限を持っている必要があります。サイトのコンテンツを検索結果に表示しないようにすると、すべてのサブサイトのコンテンツについても検索結果への表示がブロックされます。

注: この設定を変更するには、権限の管理権限レベルを持っている必要があります。この権限レベルは "<サイト名>" 所有者グループに含まれています。

  1. コンテンツを検索結果に含める、または含まめないようにするサイトに移動します。

  2. サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定 ] をクリックしてください

  3. [サイトの管理] の [検索とオフラインでの使用可能性] をクリックします。

  4. サイト コンテンツのインデックス作成で] セクションの [検索結果に表示するには、このサイトを許可します

  5. [はい]に検索結果に表示するサイトのコンテンツを許可する] または [コンテンツを検索結果に表示されないようにするのには、なしを選択します。

ページの先頭へ

検索結果でリストやライブラリのコンテンツを表示または非表示にする

サイトの所有者は、サイトのリストやライブラリのアイテムを検索結果に含めるかどうかを指定できます。既定では、すべてのリストやライブラリは、すべてのアイテムを検索結果に含めるように設定されています。

注: この設定を変更するには、リストの管理アクセス許可レベルが必要です。デザイナーや「サイト名の」所有者グループは、このアクセス許可レベルを含みます。リストの管理権限がない、ときにこの手順で説明するメニューは利用できません。

  1. リストまたはライブラリを変更するのには含まれているサイトに移動します。

  2. サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定 ] をクリックしてください

  3. [サイトの設定] ページで、リストまたはライブラリをカスタマイズするのには、目的の名前をクリックします。

  4. サイトの管理] で [サイトのライブラリとリストをクリックします。たとえば、 「共有ドキュメント」のカスタマイズします。

  5. [リストの設定] ページで、[全般設定] の [詳細設定] をクリックします。

  6. [検索] セクションの [このドキュメント ライブラリのアイテムを検索結果に表示する] で、リストやライブラリのすべてのアイテムを検索結果に含める場合は [はい] を選択し、検索結果からすべてのアイテムを除外する場合は [いいえ] をクリックします。

ページの先頭へ

ASPX ページのコンテンツを検索結果に含めるかどうかを選択する

サイト所有者の ASPX ページのコンテンツが検索結果に含めるかどうかを制御できます。場合、Web パーツ ギャラリーの [お知らせリスト、およびその他のユーザーは、いくつかの編集フォームとして editform.aspx の SharePoint サイト、多くのコンテンツがページが自動的に作成、たとえば、default.aspx、allitems.aspx を作成します。ユーザー設定の ASPX ページを作成することもできます。既定では、ASPX ページに表示される Web パーツをリストまたはライブラリの権限とも呼ばれる、制限付きアクセス許可を含むからの情報を使用する場合のいずれかのサイトで ASPX ページのコンテンツは、[なし] に含まれている検索結果。これは、権限のないユーザーがコンテンツを表示することを防ぎます。

たとえばとチーム サイトで共有ドキュメント Web パーツに表示される次の 5 つのドキュメントがありますが、50 メンバーします。アクセス許可が制限されたドキュメントのいずれか表示できるは、いくつかのユーザーのみです。自動的に SharePoint は、ユーザーは、検索を行うときに、そのドキュメントのコンテンツが表示されないようにする検索結果では、そのサイトのコンテンツが表示されません。これには、誤ってを持たないをユーザーに公開されることが ASPX ページのコンテンツができなくなります。

この設定を無視して、権限に関係なく、検索結果にすべてのコンテンツを表示することができます。この場合、すべてのコンテンツが検索結果に表示されますが、許可されていないユーザーは実際のドキュメントにアクセスできない可能性があります。また、設定されている権限に関係なく、検索結果に ASPX コンテンツを含めないようにすることもできます。

注: この設定を変更するには、権限の管理権限レベルを持っている必要があります。この権限レベルは "<サイト名>" 所有者グループに含まれています。

  1. 検索結果の Web パーツを制御するサイトに移動します。

  2. サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定 ] をクリックしてください

  3. [サイトの管理] の [検索とオフラインでの使用可能性] をクリックします。

  4. ASPX ページのコンテンツのインデックス作成で] セクションで、[の [このサイトを含まない細かく設定された権限。サイトの ASPX ページのインデックス処理の動作を指定する、次のオプションのいずれかを選択します。

オプション

説明

このサイトの権限が詳細に設定されている場合は Web パーツをインデックス処理しない

ASPX ページの権限が親サイトと異なる場合、検索結果にサイトのコンテンツは表示されません。

常にこのサイトのすべての Web パーツをインデックス処理する

設定されている権限に関係なく、サイトのすべての ASPX ページのコンテンツを検索結果に表示します。

このサイトの Web パーツをインデックス処理しない

設定されている権限に関係なく、サイトのすべての ASPX ページのコンテンツを検索結果で非表示にします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×