コンテナーやリストを使用して、図の構造を明らかにする

コンテナーやリストを使用して、図の構造を明らかにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複雑な図面は通常、関連する図形を識別しラベルを付けるとわかりやすくなります。視覚的にグループ化することにより、図の構造をすばやく簡単に理解できます。

コンテナー

コンテナーとは、表示された枠で囲まれた図形の集まりです。

コンテナーを追加する

  1. 含める図形を選択します。

  2. [挿入] タブの [図面パーツ] グループで [コンテナー] をクリックします。

  3. コンテナー スタイルをポイントすると、ページ上にコンテナーのプレビューが表示されます。

  4. 挿入するにはコンテナーをクリックします。

  5. コンテナーが選択されたら、図形のグループ用の見出しを入力します。

コンテナーを挿入する際に図形が選択されていないと、そのコンテナーは現在のビューの中央に追加されます。図形が内部に含まれているように見えますが、実際には図形は含まれていません。それらの図形は同じ位置にあるだけで、コンテナーに含まれているわけではありません。

含まれる図形の動作

コンテナーが含まれる図形は、そのコンテナーと特別の関係を持っており、コンテナーに対して実行されたアクションの影響を受けます。

  • コンテナーを移動させると、それに含まれる図形も一緒に移動します。

  • また、コンテナーをコピーすると、含まれる図形もコピーされます。

  • コンテナーを削除すると、図形も削除されます。

コンテナーに図形を追加する

コンテナーに図形を追加するには、コンテナー内に図形をドロップします。図形を選択するとそれがコンテナーに含まれたかどうかが判断できます。含まれた図形を選択すると、コンテナーがわずかに強調表示されて輝きます。

コンテナーに含まれる図形を選択してもコンテナーが強調表示されない場合、コンテナー内で図形を少し移動します。そうすると、図形をドロップした場合と同じ効果が得られます。また、図形を右クリックして [コンテナー] をポイントし、[重なっているコンテナーに追加] をクリックすることもできます。

図形をコンテナーの端に付けることもできます。図形を端の上に置くと、その端のみが強調表示されます。図形をドロップすると、そのコンテナーの移動またはサイズ変更を行う際、その図形はコンテナーの端に留まります。

コンテナーの書式を設定する

コンテナーを選択すると、リボン上の [書式] という名前の [コンテナー ツール] タブを使用できます。このタブには、コンテナーの外観や動作をカスタマイズするコマンドが含まれています。

  • 余白と自動サイズ調整を設定します。

  • スタイルを拡張します。

  • メンバーシップ コマンドを指定します。

    • コンテナーのロック    選択したコンテナーに対して、図形の追加または削除を行えないようにします。ただし、コンテナー内で図形を移動することはできます。また、図形をコンテナーにドロップすることはできますが、コンテナーには含まれません。

    • 内容の選択    含まれている図形をすべて選択するだけです。

    • コンテナーの削除    選択したコンテナーが削除されますが、それに含まれる図形は残ります (コンテナーを選択し Del キーを押すと、含まれている図形も削除されます)。

さらに、[ホーム] タブ上の書式設定コマンドも使用できます。たとえば、段落の配置コマンドを使用して、コンテナーの見出しテキストの位置を制御できます。

リスト

リストはコンテナーの特殊な種類で、リストに追加されたアイテムは自動的に順番に配置されます。

コンテナーと異なり、図面に追加できる汎用的なリストはありません。その代わり、特殊な用途のために一部の図形がリストの動作を備えています。たとえば、部門連係フローチャートに含まれるレーン図形、データ グラフィック用の凡例図形、ワイヤーフレーム テンプレートに含まれるリスト ボックスなどの制御図形などです。

リストの中のアイテムは、新しい位置にドラッグすると順番を変更でき、リストの挿入矢印をクリックするとアイテムを追加できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×