コモンコントロール図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

多くのコモンコントロール図形で共有されるオプション

コントロール図形の多くは同じオプションを持っています。

コントロール図形を右クリックして、次のコマンドを表示します。

  • Enableを指定すると、コントロールを使うことができます。

  • 無効にすると、通常は別の UI 要素の状態が原因でコントロールを使用できないことを示します。

  • 選択すると、コントロールが現在プログラムに影響していることを示します。

  • オフにすると、コントロールが現在プログラムに影響していないことを示します。

  • 混合値は、選択された項目がすべて同じ状態ではないことを示します。

特殊なオプションを使用したコモンコントロール図形

一般的なオプションに加えて、一部の図形には一意のものがあります。

  • スクロールバーがある図形には、[親指のサイズを設定] オプションがあります。

    ヒント: ほとんどの文書が表示されていることを示すために、スクロールバーの長さと比較して、親指のサイズを大きくするように設定します。スクロールバーの長さと比較して、親指のサイズを小さくして、文書の多くが表示されていないことを示すように設定します。

  • [スクロールバーを表示する] では、目的のスクロールバーのみを表示するようにコントロールボックスを変更できます。

  • [スライダー ] 図形には、必要なティック数と表示する場所のオプションがあります。

  • マウスポインターの図形には、15の異なる状態の[マウスポインターの選択] オプションがあります。

コモンコントロール図形のサイズを変更する

一部のコモンコントロール図形には、特殊なサイズ変更の特徴があります。

  • ツリーノード図形などの図形は、そのコントロールの標準サイズに設定されているため、変更することはできません。

  • コンボボックス図形などの図形は、標準の高さに設定されますが、長くすることができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×