コメントを挿入または削除する

ドキュメントの余白に表示される吹き出しまたはボックス内に、commentを挿入することができます。また、コメントをビューに表示したり、非表示にしたりできます。

実行する操作を指定してください。

  1. コメントを付けたいテキストやアイテムを選ぶか、テキストの末尾をクリックします。

  2. [校閲] タブの [コメント] グループで [新しいコメント] を選択します。

    Office 2010 のリボン

    ヒント: 入力しているときにコメントを表示したい場合は、次の操作を行います。

    • Word 2016 の場合、[コメント] グループで、[内容の表示] を選択します。コメントを非表示にするには、もう一度選択します。

    • Word 2013 または Word 2010 の場合は、[校閲] タブで、[変更履歴] グループの [変更履歴とコメントの表示] の一覧から [コメント] を選び、オプションの横に表示されるボックスにチェック マーク (✔) が表示されるかどうかを確認します。再び [コメント] を選び、チェック マークをオフにして、コメントを非表示にします。

  3. 次のいずれかのオプションを選びます。

    Word 2016 の場合

    • ボックスにコメントを入力します。

    Word 2013 または Word 2010 の場合

    • 吹き出しにコメントを入力するか、または [[変更履歴] ​​ウィンドウ] を選択してコメントを入力します。

Word 2016 の場合

  1. 返答するコメントを選びます。

    [コメントに返答] アイコンが強調表示されている

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [返信] の吹き出しを選び、返答を入力します。

      コメントとそれに対する回答が表示される

      または

    • 右クリックして [コメントに返答] を選びます。

Word 2013 および Word 2010 の場合

  1. 返答するコメントの吹き出しをクリックします。

  2. [コメント] グループで、[新しいコメント] を選び、新しいコメントの吹き出しに返答を入力します。

  • 編集するコメントの吹き出し内部またはボックスをクリックして、変更を行います。

    ヒント: 

    • 変更する前に、コメントがどのように表示されるかを確認できるので便利です。

    • Word 2016 の場合

    • Word 2013 および Word 2010 の場合

    • [コメント] グループで、[内容の表示] を選択します。コメントを非表示にするには、もう一度選択します。

    • [変更履歴] グループの [変更履歴とコメントの表示] の一覧から [コメント] を選び、オプションの横に表示されるボックスにチェック マーク (✔) が表示されるかどうかを確認します。再び [コメント] を選び、チェック マークをオフにして、コメントを非表示にします。

Word 2013 および Word 2010 の場合

編集するコメントの全体を表示できない場合は、[[変更履歴] ​​ウィンドウ] を使用してみます。

  • [変更履歴] グループで、[[変更履歴] ​​ウィンドウ] をクリックします。

    注: 変更履歴ウィンドウが、画面の横に縦長に表示されるのではなく、画面の下に横長に表示されるようにするには、[[変更履歴] ​​ウィンドウ] の一覧で、[横長の [変更履歴] ウィンドウを表示] を選択します。

1 つのコメントを削除する

  • コメントを右クリックして、[コメントの削除] を選択します。

すべてのコメントを削除する

  1. ドキュメントのコメントをクリックします。

  2. [削除] の一覧で、[ドキュメント内のすべてのコメントを削除] を選択します。

  1. [校閲] タブの [変更履歴] グループで [変更履歴とコメントの表示] の横にある矢印をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. 次のいずれかのオプションを選びます。

    Word 2016 の場合

    • [変更履歴と​​コメントの表示] の一覧で [特定のユーザー] を選び、削除するコメントの校閲者の名前 (イニシャル) を選択します。

    Word 2013 および Word 2010 の場合

    • [変更履歴と​​コメントの表示] の一覧で [校閲者] を選び、削除するコメントの校閲者の名前 (イニシャル) を選択します。

    注: 選んだ校閲者の名前 (イニシャル) の横に表示されるボックスのチェック マーク (✔) をオフにして、校閲者からのすべてのコメントを削除します。

自分のコメント用に使用する名前やイニシャルを変更すると、変更後のコメントの名前やイニシャルにのみ反映されます。変更する前に既にドキュメントにあったコメントの名前やイニシャルは、更新されません。また、入力する名前やイニシャルは、Microsoft Office のすべてのプログラムで使用されるため、この設定で行った変更は他のすべての Office プログラムに影響します。

Word 2016 の場合

  1. [校閲] タブの [変更履歴] グループで、[変更履歴の​​記録] ランチャーを選択します。

  2. [変更履歴オプション] ダイアログ ボックスで、[ユーザー名の変更] を選択します。

  3. [Word のオプション] ダイアログ ボックスの [Microsoft Office のユーザー設定] で、[ユーザー名] または [イニシャル]、あるいはその両方を変更して、[OK] を選択します。

    注: 選択したイニシャルが常に使用されるようにする場合は、[Office へのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] を選択して変更を完了します。

Word 2013 および Word 2010 の場合

  1. [校閲] タブの [変更履歴] グループで、[変更履歴の​​記録] を選択します。

    ユーザー名を変更する

  2. [変更履歴オプション] ドロップダウン リストで、[ユーザー名の変更] を選択します。

  3. [Word のオプション] ダイアログ ボックスの [Microsoft Office のユーザー設定] で、[ユーザー名] または [イニシャル]、あるいはその両方を変更して、[OK] を選択します。

実行する操作を指定してください。

コメントを入力することができます。Tablet PC の場合、音声のコメントや手書きのコメントを挿入することができます。

  1. コメントを付けたいテキストやアイテムを選ぶか、テキストの末尾をクリックします。

  2. [校閲] タブの [コメント] グループで [コメントの挿入] をクリックします。

    Word のリボンの画像

    注: 入力しながらコメントを表示する場合は、[校閲] タブで、[変更履歴] グループの [変更履歴とコメントの表示] の一覧から [コメント] を選び、オプションの横にチェック マーク (✔) が表示されるかどうかを確認します。コメントを非表示にするには、もう一度 [コメント] を選択します。

  3. コメントの吹き出し、ボックス、または [[変更履歴] ウィンドウ] にコメントのテキストを入力します。

  1. 現在のコメント吹き出しまたはボックスをクリックします。

  2. [コメント] グループで、[新しいコメント] を選び、新しいコメントの吹き出しまたはボックスに返答を入力します。

コンピューターがタブレット PC の場合は、音声のコメントを録音することができます。音声のコメントは、サウンド オブジェクトとして、コメントの吹き出し内部に追加されます。

クイック アクセス ツール バーにコマンドを追加する

音声のコメントを追加するのが初めての場合、最初に [音声の挿入] コマンドを [クイック アクセス ツールバー] に追加する必要があります。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Word のオプション]、[カスタマイズする] の順にクリックします。

  2. [コマンドの選択] の一覧で、[すべてのコマンド] を選択します。

  3. コマンドの一覧で、[音声の挿入]、[追加] の順に選択します。

音声のコメントを挿入する

  1. [クイック アクセス ツール バー] で [音声の挿入] ボタン イメージ をクリックします。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、[スタート] ボタンをクリックし、音声のコメントを録音します。

  3. コメントの録音が終了したら、[停止] ボタンを押して、ダイアログ ボックスを閉じます。

  4. Microsoft Office Word で、サウンド オブジェクトの更新を確認するメッセージが表示される場合は、[はい] をクリックします。

録音されたコメントを聞く

  • コメントの吹き出しを右クリックして、[サウンド レコーダー ドキュメント オブジェクト] をポイントし、[再生] をクリックします。

注: サウンド オブジェクトの録音と編集についてのその他の情報については、ご使用のサウンド カードとマイクロフォンのマニュアルを参照してください。

ご使用のコンピューターがタブレット PC の場合は、ドキュメントに手書きのコメントを挿入することができます。インクはコメント用吹き出しの中に追加され、表示されます。

  1. [校閲] タブの [コメント] グループで [コメントの挿入] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. コメントの吹き出しにコメントを記述します。

コメントが画面に表示されていない場合は、[校閲] タブの [変更履歴] グループで、[変更履歴と​​コメントの表示] をクリックします。

Word のリボンの画像

  1. 編集するコメントの吹き出し内部をクリックします。

  2. 必要な変更を行います。

  • 吹き出しが表示されていない場合や、コメントの一部しか表示されていない場合は、[変更履歴] ​​ウィンドウでコメントを変更することができます。[変更履歴] ウィンドウを表示するには、[変更履歴] グループで、[[変更履歴] ウィンドウ] をクリックします。変更履歴ウィンドウが、画面の横に縦長に表示されるのではなく、画面の下に横長に表示されるようにするには、[[変更履歴] ウィンドウ] の横の矢印をクリックして、[横長の [変更履歴] ウィンドウを表示] をクリックします。

  • コメントに返答するには、吹き出しをクリックして、[コメント] グループで [新しいコメント] をクリックします。新しいコメントの吹き出しに、返答を入力します。

  • 1 つのコメントをすばやく削除するには、コメントを右クリックし、[コメントの削除] をクリックします。

  • ドキュメント内のすべてのコメントをすばやく削除するには、ドキュメントのコメントをクリックします。[校閲] タブの [コメント] グループで、[削除] の下の矢印をクリックして、[ドキュメント内のすべてのコメントを削除] をクリックします。

  1. [校閲] タブの [変更履歴] グループで [変更履歴とコメントの表示] の隣にある矢印をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. すべての校閲者のチェック ボックスをオフにするには、[校閲者] をポイントし、[すべての校閲者] をクリックします。

  3. [変更履歴とコメントの表示] の横にある矢印を再びクリックして、もう一度 [校閲者] をポイントし、削除するコメントの校閲者の名前をクリックします。

  4. [コメント] グループで、[削除] ボタン イメージ の下の矢印をクリックして、[表示されたすべてのコメントを削除] をクリックします。

    注: この手順により、ドキュメント全体のコメントを含む、選択した校閲者からのコメントがすべて削除されます。

ヒント: また、[変更履歴] ​​ウィンドウを使用して、コメントの確認や削除を行うことができます。[変更履歴] ウィンドウの表示と非表示を切り替えるには、[変更履歴] グループで、[[変更履歴] ウィンドウ] をクリックします。[変更履歴] ​​ウィンドウを画面の下に横長に表示するには、[[変更履歴] ウィンドウ] の横の矢印をクリックして、[横長の [変更履歴] ウィンドウを表示] をクリックします。

自分のコメント用に使用する名前やイニシャルを変更すると、変更後のコメントの名前やイニシャルにのみ反映されます。変更する前に既にドキュメントにあったコメントの名前やイニシャルは、更新されません。また、入力する名前やイニシャルは、Microsoft Office のすべてのプログラムで使用されるため、この設定で行った変更は他のすべての Office プログラムに影響します。

  1. [校閲] タブの [変更履歴] グループで、[変更履歴の記録] の横の矢印をクリックし、[ユーザー名の変更] をクリックします。

    ユーザー名を変更する

  2. [個人用設定] をクリックします。

  3. [Office のユーザー設定] で、自分のコメントに使用する名前やイニシャルを変更します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×