スキップしてメイン コンテンツへ

コメントの @mention を使用して、フィードバックを求める人にタグを付けます。

文書、プレゼンテーション、またはスプレッドシートへのコメントで、他のユーザーの名前に "@" 記号を付けて入力すると、入力されたユーザーにコメントへのリンクがメールで送信されます。 そのユーザーがリンクをクリックすると、ドキュメントと会話に移動します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 職場または学校アカウントで Office 365 にサインインし、SharePoint ライブラリ または OneDrive for Business に保存されているドキュメントに移動します。

    注: この機能を利用するには、PC の Outlook にサインインする必要があります。

  2. コンテキスト メニューまたは [校閲] > [新しいコメント] からコメントを追加します。

    コンテキスト メニューで [新しいコメント] を選択します。
  3. @ とユーザーの姓または名の最初の数文字を入力し、目的の名前を選択します (そのユーザーがドキュメントを開くアクセス許可を持っていない場合は、それを付与するように求められます)。

ヒント: より親しみやすい感じを出すには、@mention でそのユーザーの下の名前以外をすべて削除することもできます。 他のユーザーを追加するには、@ をもう一度入力して他のユーザーをメンションします。

  1. 職場または学校アカウントで Office 365 にサインインし、SharePoint ライブラリ または OneDrive for Business に保存されているドキュメントに移動します。

    注: この機能を利用するには、Outlook for Mac にサインインする必要があります。

  2. コンテキスト メニューまたは [校閲] > [新しいコメント] からコメントを追加します。

    コンテキスト メニューで [新しいコメント] を選択します。
  3. @ とユーザーの姓または名の最初の数文字を入力し、目的の名前を選択します (そのユーザーがドキュメントを開くアクセス許可を持っていない場合は、それを付与するように求められます)。

ヒント: より親しみやすい感じを出すには、@mention でそのユーザーの下の名前以外をすべて削除することもできます。 他のユーザーを追加するには、@ をもう一度入力して他のユーザーをメンションします。

  1. 職場または学校の Office 365 アカウントで Office.com にサインインし、SharePoint ライブラリ または OneDrive for Business に保存されているドキュメントに移動します。

  2. コンテキスト メニューまたは [校閲] > [新しいコメント] からコメントを追加します。

    コンテキスト メニューで [新しいコメント] を選択します。
  3. @ とユーザーの姓または名の最初の数文字を入力し、目的の名前を選択します (そのユーザーがドキュメントを開くアクセス許可を持っていない場合は、それを付与するように求められます)。

コメントに記載されている連絡先

ヒント: より親しみやすい感じを出すには、@mention でそのユーザーの下の名前以外をすべて削除することもできます。 他のユーザーを追加するには、@ をもう一度入力して他のユーザーをメンションします。

注: 条件付きアクセスを使用するテナントは @メンションを作成できません。 詳細については、IT 管理者に問い合わせてください。

  1. お使いのデバイスで、SharePoint ライブラリ または OneDrive for Business に保存されているドキュメントに移動します。

  2. ドキュメント内の単語を選択し、[新しいコメント] をタップします。

    Word でテキストを選択した後、[新しいコメント] をタップしてください。
  3. @ とユーザーの姓または名の最初の数文字を入力し、目的の名前を選択します (そのユーザーがドキュメントを開くアクセス許可を持っていない場合は、それを付与するように求められます)。

ヒント: より親しみやすい感じを出すには、@mention でそのユーザーの下の名前以外をすべて削除することもできます。 他のユーザーを追加するには、@ をもう一度入力して他のユーザーをメンションします。

注: 条件付きアクセスを使用するテナントは @メンションを作成できません。 詳細については、IT 管理者に問い合わせてください。

  1. お使いのデバイスで、SharePoint ライブラリ または OneDrive for Business に保存されているドキュメントに移動します。

  2. ドキュメント内の単語を選択し、[新しいコメント] をタップします。

    コンテキスト メニューで [新しいコメント] を選択します。
  3. @ とユーザーの姓または名の最初の数文字を入力し、目的の名前を選択します (そのユーザーがドキュメントを開くアクセス許可を持っていない場合は、それを付与するように求められます)。

ヒント: より親しみやすい感じを出すには、@mention でそのユーザーの下の名前以外をすべて削除することもできます。 他のユーザーを追加するには、@ をもう一度入力して他のユーザーをメンションします。

@mentions をすばやく見つけて反応する

他のユーザーがあなたをメンションすると、メール通知が届きます。 そのメールには、ドキュメントまたはプレゼンテーション内のコメントに移動できるリンクが含まれています。

メンションが複数回あった場合は、リンクはまとめて 1 通のメールで届きます。

注: 21Vianet が運用する Office 365 を使用するお客様は、この機能をご利用いただけません。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×