スキップしてメイン コンテンツへ
Office

コネクタツールを使用して外部キーリレーションシップを作成する

データベース モデリング機能が見つかりません

お使いのバージョンの Microsoft Office Visio に、探している機能が含まれていない可能性があります。 ご利用中の Visio のエディションを確認するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックしてください。 ダイアログ ボックスの一番上のテキスト行にエディションの名前が表示されます。

Microsoft Office Visio Standard にはデータベース モデル図テンプレートがありません。

Microsoft Office Visio Professional の場合、データベース モデル図テンプレートのリバース エンジニアリング機能を備えていますが (既存のデータベースを利用し、Visio でモデルを作成する)、フォワード エンジニアリング (Visio データベース モデルを利用し、SQL コードを生成する) には対応していません。 詳細については、「既存のデータベースをリバースエンジニアリングする」のトピックを参照してください。

Visio のサブスクリプションバージョンを使用していて、既存のデータベースをデータベースモデルにエンジニアリングする方法については、「既存のデータベースをリバースエンジニアリングする」のトピックを参照してください。

注: Visio for Enterprise Architects には、リバース エンジニアリングとフォワード エンジニアリングの両方が含まれており、完全なデータベース モデリング機能をご利用いただけます。 Visio for Enterprise Architects は MSDN Premium Subscription に含まれています。このサブスクリプションは Visual Studio Professional エディションと Visual Studio Team System ロールベース エディションでご利用いただけます。

  1. データベースモデル図を開きます。

  2. [ホーム] タブの [ツール] で [コネクタ] をクリックします。

  3. [コネクタ] ツールを親テーブルの中央に配置し、テーブルのアウトラインが作成されたら、それを子テーブルの中央にドラッグします。 子テーブルにアウトラインが表示されたら、マウスボタンを放します。

    両方の接続ポイントが赤で表示され、親テーブルの主キーが子テーブルに外部キーとして追加されます。

  4. プロパティを編集してリレーションシップを定義します。

    1. [データベースプロパティ] ウィンドウを開くには、プロパティを編集するリレーションシップをダブルクリックします。

    2. [データベースプロパティ] ウィンドウで、編集する情報が含まれているカテゴリをクリックし、変更を加えます。

      データベース モデル図が更新されます。

  1. データベースモデル図を開きます。

  2. [標準] ツールバーの [コネクタ] ツールをクリックします。

  3. [コネクタ] ツールを親テーブルの中央に配置し、テーブルのアウトラインが作成されたら、それを子テーブルの中央にドラッグします。 子テーブルにアウトラインが表示されたら、マウスボタンを放します。

    両方の接続ポイントが赤で表示され、親テーブルの主キーが子テーブルに外部キーとして追加されます。

  4. プロパティを編集してリレーションシップを定義します。

    1. [データベースプロパティ] ウィンドウを開くには、プロパティを編集するリレーションシップをダブルクリックします。

    2. [データベースプロパティ] ウィンドウで、編集する情報が含まれているカテゴリをクリックし、変更を加えます。

      データベース モデル図が更新されます。

関連項目

データベース モデル図でリレーションシップを定義する

データベース モデル図にテーブルと列を追加する

データベースモデルを作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×