コストの計上方法を指定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Project 2010 を使用すると、タスクとその割り当てでコストが発生するタイミングを制御できます。この設定では、リソースの使用状況に関連するコストの自動生成を上書きできます (これは既定では日割り計算されます)。タスクの最初または最後にコストの認識を配置します。これは、コストが課金システムによって実現され、プロジェクトのキャッシュフローを管理するのに役立つ場合に、アライメントに使われる可能性があります。リソースコストに対するコストの計上方法とタスクの固定コストを定義できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リソース コストの計上方法を変更する

新規タスクの固定コストの計上方法を変更する

既存タスクの固定コストの計上方法を変更する

リソース コストの計上方法を変更する

  1. [表示] タブの [リソース ビュー] で [リソース シート] をクリックします。

  2. [リソース名] フィールドでリソースをクリックします。

  3. 右クリックして、[情報] をクリックします。[リソース情報] ダイアログ ボックスで、[コスト] タブをクリックします。

  4. [コスト計上の時期] ボックスで、適用する計上方法をクリックします。

    注意:  リソース コストの計上の設定は、リソースを作成するときに行い、その後は変更しないことをお勧めします。変更により、予定コストと実績コストが変動する場合があり、これによって実績コストが変化する可能性があります。

注: リソース導入コストは、達成率に比例して計上されるのではなく、割り当ての開始時または終了時に計上されます。

ヒント:  コスト計上の設定が間違っている場合、その設定を変更するには、新しいリソースを作成して割り当て、古いリソースから新しいリソースに残存コストを移すのが安全な方法です。

ページの先頭へ

新規タスクの固定コストの計上方法を変更する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. Microsoft Office Backstage ビューで、[ヘルプ] の下の [オプション] をクリックします。

  3. [Project のオプション] ページが表示されます。[スケジュール] をクリックします。

  4. [次のプロジェクトの計算オプション] 領域の [既定の固定コスト計上の時期] ボックスで、このプロジェクトのすべての新規タスクに適用する計上方法をクリックします。

    注:  今後作成するすべてのプロジェクトにこの計上方法を適用する場合は、[次のプロジェクトの計算オプション] ラベルで、[すべての新規プロジェクト] をクリックします。

ページの先頭へ

既存タスクの固定コストの計上方法を変更する

  1. [表示] タブの [リソース ビュー] で [その他のビュー] をクリックします。

  2. 一覧で [その他のビュー] をクリックし、[その他のビュー] ダイアログ ボックスで [タスク シート] をクリックして [適用] をクリックします。

  3. [データ] で [テーブル] の矢印をクリックし、[コスト] をクリックします。

  4. [固定コスト計上の時期] フィールドで、各タスクに適用する計上方法をクリックします。

注: このコスト設定は、固定コストの計上方法にのみ影響します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×