ゲストがグループ メールの会話を受け取らない

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 グループのゲスト アクセスを使うと、Office 365 の一部ではないメール アカウントを使う外部ユーザーと共同作業を行うことができます。 招待したゲスト ユーザーが、グループのメンバーとして表示されるのに、メールまたはグループの会話を受け取らない場合は、以下のことを確認します。

  • 組織内でOffice 365 のグループ内のゲスト アクセス

  • グループ メッセージがゲスト ユーザーの迷惑メール フォルダーに送られていない

  • ゲスト ユーザーのメール プロバイダーがグループ メッセージを拒否していない

次に、ゲストが SharePoint Online と Azure Active Directory B2B から招待されたかどうかを確認します。 招待された場合は、おそらくディレクトリに構成の問題があります。 この 3 つのステップの手順に従って、IT 管理者に問題の解決を依頼します。

  1. Microsoft Azure Active Directory V2 PowerShell モジュールと Microsoft Online Services サインイン アシスタントをダウンロードしてインストールします。

  2. 一連の PowerShell コマンドを実行して、ゲスト ユーザー アカウントのプロパティを取得します。

  3. ゲスト アカウントの構成を修復します。

  1. 64 ビット版の Microsoft Azure Active Directory V2 PowerShell モジュールをダウンロードし、インストールします。 詳しくは、「AzureAD」をご覧ください。

  2. 64 ビット バージョンの Microsoft Online Services サインイン アシスタント: IT プロフェッショナル向け Microsoft Online Service サインイン アシスタント RTW をダウンロードし、インストールします。

  1. 会社の管理者資格情報を使って Microsoft PowerShell に接続します。

  2. 次のコマンドレットを実行します。

    Connect-AzureAD
  3. [資格情報の入力] ページで、Office 365 全体管理者の資格情報を入力します。 Office 365 での役割について詳しくは、「Office 365 で管理者ロールを割り当てる」をご覧ください。

    または

  1. PowerShell ウィンドウで次のように入力します。 コマンドごとに Enter キーを押します。

    Install-module azuread
    $adminusername=<global admin username>
    
    $adminpassword=<global admin password> 
    
    $password=ConvertTo-SecureString $adminpassword -AsPlainText –Force
    
    $credential=New-Object System.Management.Automation.PsCredential($adminusername,$password)
    
    $cred=Get-Credential -cred $credential
    
    Connect-AzureAD -cred $cred
  2. OtherMail プロパティのメール アドレスで、招待されたユーザーとプロパティを確認します。

    Get-AzureADUser -All $true | ?{$_.OtherMails -eq " misconfiguredguestemail@organization.com"} | fl
  3. プライマリ SMTP フィールドが空で、OtherMail フィールドに複数の値がある場合、ゲスト ユーザーのアカウントが正しく構成されていません。 次に例を示します。

    正しく構成されていないゲスト ユーザー アカウントの例

オプション 1: OtherMailプロパティからのメール アドレスを削除します。 これにより、 OtherMail招待されたゲスト メール アドレスと同じメール アドレスには、単一値のプロパティ。 メール アドレスを削除するには、そのアドレスが付与されていたすべてのSharePoint Onlineファイルへのアクセスはユーザーに失われますことに注意してください。

  アドレスを削除するコマンドを次に示します。

Get-AzureADUser -ObjectId <<Userobjectid_from_above>> | Set-AzureADUser -OtherMails "<<Desired email address>>"

- または -

オプション 2: このユーザーを削除し、もう一度、グループに追加します。 あるユーザーを削除するときにいてはアクセスできなくなりますにそのユーザーのメール アドレスが付与されていたすべてのSharePoint Onlineファイルに注意してください。

関連トピック

Azure AD ディレクトリの管理

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×