グローバル プロパティ : [詳細な通話の記録]

[詳細な通話の記録] タブを使用して、ボイス オーバー IP (VoIP) 通話、インスタント メッセージング (IM) メッセージ、音声ビデオ会話、会議、アプリケーション共有、リモート アシスタンス、およびファイル共有に関して収集する利用状況データを指定します。

注: 監視サーバーを展開し、このサーバーと、詳細な通話の記録をキャプチャするすべてのサーバーおよびプールを関連付ける必要があります。

[ピアツーピア通話の詳細]

ピアツーピア セッション (インスタント メッセージング、音声ビデオ、ファイル送信、デスクトップ共有、およびリモート アシスタンス セッション) の詳細をアーカイブするには、このチェック ボックスをオンにします。

[電話会議通話の詳細]

すべてのマルチパーティ セッション (インスタント メッセージング、および音声ビデオ セッション) の詳細、および Office Live Meeting クライアントまたは Office Communicator クライアントを使用して実行されるすべての電話会議セッションの詳細をアーカイブするには、このチェック ボックスをオンにします。

[音声通話の詳細]

企業のすべてのエンタープライズ VoIP 通話の詳細をアーカイブするには、このチェック ボックスをオンにします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

詳細な通話の記録は Office Communications Server 2007 R2 監視サーバーの機能であり、インスタント メッセージでの会話や会議の利用状況を記録します。詳細な通話の記録で得られる利用状況データを使用して、投資収益率 (ROI) を計算する組織もあります。

詳細な通話の記録を管理する前に、まず監視サーバーとその前提条件となるソフトウェアをインストールし、監視サーバーの展開に関するドキュメントの手順に従って詳細な通話の記録を有効にします。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×