グローバル プロパティ : [フェデレーション]

[フェデレーション] タブを使用して、内部ユーザーが、組織ネットワーク外のユーザー (フェデレーション パートナー、パブリック インスタント メッセージング (IM) サービス プロバイダ、リモート ユーザーなど) とセッション開始プロトコル (SIP) メッセージを交換できるようにします。また、このタブを使用すると、外部ユーザーのプレゼンスを追跡できます。これには、送信メッセージ用のグローバルな既定のルートを設定する必要があります。この既定のルートは、フォレスト内のすべてのサーバーに対してグローバル レベルで設定されます。グローバルな既定のルートは、単一の Standard Edition サーバー、または単一のエンタープライズ プール宛てに変更することができます。

[フェデレーションとパブリック IM 接続を有効にする]

このチェック ボックスをオンにすると、フェデレーション パートナーおよびパブリック IM サービス プロバイダとメッセージを交換できるようになります。

[FQDN]

内部サーバーが、リモート ユーザーを含む外部ユーザー宛てのメッセージ送信に使用する次ホップ サーバー、ディレクタ、またはアクセス エッジ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。

[ポート]

内部サーバーが、外部ユーザー宛てのメッセージ送信に使用するポート番号を指定します。このポート番号は、次ホップ サーバーのポート番号と一致しているか、直接接続の場合はアクセス エッジ サーバー自体のポート番号と一致している必要があります。既定値は 5061 です。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

グローバルな既定のルートとは、フォレスト内のすべての内部 Communications Server に対してグローバル レベルで構成されたルート (つまり次ホップ サーバー) のことです。このルートは、すべての送信 SIP トラフィック (つまり通信要求) を、自社組織でサポートする SIP ドメインとは一致しないドメインに送信するために使用されます。この既定のルートは、任意の Standard Edition サーバー、またはエンタープライズ プール宛てに変更することも可能です。

グローバルな既定のルートに構成される次ホップ サーバーの FQDN は、次のいずれかです。

  • 組織外への SIP トラフィックのルーティングに使用するディレクタの FQDN。セキュリティとスケーラビリティを確保するために、ディレクタの使用をお勧めします。

  • アクセス エッジ サーバー内インターフェイスの FQDN。

  • ロード バランサ機器の仮想 IP アドレスの FQDN。アクセス エッジ サーバーの内部エッジと内部ネットワークとの接続に使用されます。

ディレクタを使用している場合、このサーバーは、通常グローバル レベルで次ホップ サーバーとして構成されているため、この設定をディレクタ上で変更し、アクセス エッジ サーバーを次ホップ サーバーとして構成します。

単一の Standard Edition サーバー、または単一のエンタープライズ プールについてグローバルな既定のルートを変更するには、特定のサーバーまたはプールの [フロント エンドのプロパティ] の [フェデレーション] タブで、特定のルートを使用するように構成します。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×