グローバル プロパティ : [エッジ サーバー]

[エッジ サーバー] タブを使用して、組織のファイアウォールの外部にトラフィックを転送するために Office Communications Server 2007 R2 を実行している内部サーバーで信頼するエッジ サーバーを指定します。

注: この設定は、サーバーまたはプールの構成ウィザードを実行して、エンタープライズ プールや Standard Edition サーバーを外部ユーザー アクセス用に構成する場合に自動的に構成されますが、信頼済みエッジ サーバーを追加または削除するには、このタブを使用します。

[アクセス エッジ サーバーと Web 会議エッジ サーバー]

この一覧には、Office Communications Server 2007 R2 を実行している内部サーバーが内部ユーザーと外部ユーザーの間のセッション開始プロトコル (SIP) トラフィック、会議コンテンツ、および音声とビデオのストリームを信頼してルーティングする各アクセス エッジ サーバーと Web 会議エッジ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) が含まれます。

[追加]

このボタンをクリックして、信頼済みアクセス エッジ サーバーおよび Web 会議エッジ サーバーの一覧にエッジ サーバーを追加します。

[削除]

一覧内のサーバーをクリックしてから [削除] をクリックすると、選択したエッジ サーバーが信頼済みアクセス エッジ サーバーおよび Web 会議エッジ サーバーの一覧から削除されます。

[音声ビデオ エッジ サーバー]

Office Communications Server 2007 R2 を実行している内部サーバーが内部ユーザーと外部ユーザーの間の音声ビデオ会議用に信頼している各音声ビデオ (A/V) 会議エッジ サーバーの FQDN およびユーザー認証 SIP ポートが一覧表示されます。

[追加]

このボタンをクリックして、信頼済み音声ビデオ エッジ サーバーの一覧にエッジ サーバーを追加します。

[削除]

一覧内のサーバーをクリックしてから [削除] をクリックすると、選択したエッジ サーバーが信頼済み音声ビデオ エッジ サーバーの一覧から削除されます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エッジ サーバーを使用すると、内部および外部のユーザーが、企業のファイアウォールを越えて通信できます。Office Communications Server 2007 R2 を実行している内部サーバーが送信トラフィックを転送するエッジ サーバーを一覧表示するには、このタブを使用します。

エッジ サーバーには、アクセス エッジ サーバー、Web 会議サーバー、および音声ビデオ会議サーバーがあります。

  • アクセス エッジ サーバーは、内部ユーザーと外部ユーザー間の SIP トラフィックを処理します。

  • Web 会議エッジ サーバーは、内部ユーザーと外部ユーザー間の会議コンテンツの交換を処理します。

  • 音声ビデオ エッジ サーバーは、内部ユーザーと外部ユーザー間の音声ビデオ会議を行うことができるようにします。

これらのエッジ サーバーは、1 台のコンピュータに配置することも、複数のコンピュータに展開することもできます。一般的な展開で推奨される構成は、アクセス エッジ サーバーと Web 会議サーバーを 1 台のコンピュータ (または複数台を使用した負荷分散型コンピュータ) に配置し、音声ビデオ エッジ サーバーのみ、帯域幅の関係で別の 1 台のコンピュータ (または複数台を使用した負荷分散型コンピュータ) に配置するものです。さらに、展開先にリモート サイトが含まれる場合、リモート サイトには音声ビデオ エッジ サーバーと同様に Web 会議エッジ サーバーを含めることができます。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×