グループ スケジュールを作成、表示、または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。 Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。

予定表のグループ スケジュールを使用すると、複数のユーザーまたはリソースの予定を一緒にして、一度に簡単に表示できます。グループ スケジュールには、パブリック フォルダにあるすべての連絡先やリソースを含めることができます。

ユーザーまたはリソースのグループを表示するグループ スケジュールを、複数作成して保存できます。たとえば、部門の全社員の予定を入れたグループ スケジュールを作成できます。また、社内のすべての会議室の予定を入れた別のグループ スケジュールも作成できます。

会議を開催するためにユーザーのスケジュールを確認するだけではなく、会議に使用する会議室、プレゼンテーションに使用するスライド プロジェクタなどのリソースの予定も作成する必要があります。リソースの予定を作成するには、Microsoft Exchange Server 管理者が Exchange サーバー上にメールボックス アカウントを作成し、関連するリソースと共に、リソースを予定するアクセス許可をユーザーに付与している必要があります。

グループ スケジュールを表示しながら、会議の予定をすばやく決定したり、グループのメンバー全員または一部に電子メールを送信したりできます。会議の予定を作成する前に、グループの各メンバーの最新の空き時間情報を参照したり、グループのメンバー全員の空いている時間を自動選択で見つけたりすることができます。

既定では、グループの予定表には、所有者がアイテムを非公開にしていない限り、すべてのアイテムの詳細が表示されます。

  1. [予定表] で、[アクション] メニューの [グループ スケジュールの表示] をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • グループ スケジュールを作成します。   

      1. [グループ スケジュール] ダイアログ ボックスで、[新規作成] をクリックします。

      2. 新しいグループ スケジュールの名前を入力し、[OK] をクリックします。

      3. [出席者の追加] をクリックし、[アドレス帳から追加] または [パブリック フォルダの追加] をクリックします。

      4. 追加する名前またはパブリック フォルダを選択し、[OK] をクリックします。

      5. [保存して閉じる] をクリックします。

    • グループのスケジュールを表示します。   

      1. 表示するグループ スケジュールを選択し、[開く] をクリックします。

    • グループ スケジュールを削除します。   

      1. 削除するグループ スケジュールを選択し、[削除] をクリックします。

注: グループ スケジュール上の空き時間情報を更新するには、[オプション] をクリックし、[空き時間情報の更新] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×