グリッド間隔とサイズを変更する

グリッド間隔とサイズを変更する

図面でグリッド線を使用する場合は、必要な図面の精度になるように間隔を設定します。

グリッド線を表示するには、[表示]、[表示]、グリッド] の順にクリックします。

  1. [表示] タブで、[表示] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    グループの表示

  2. [ルーラーとグリッド] ボックスの [グリッド] の下にある [グリッド間隔] リストで [固定] をクリックします。[最小間隔] ボックスに必要な間隔を入力します。[最小間隔] に数字を入力しないと固定グリッドは使用できません。

    可変グリッドの場合、[グリッド間隔] にある [水平] ボックスや [垂直] ボックスの一覧の [細かい]、[標準]、または [粗い] をクリックします。

    [細かい] ではグリッド間隔が最小になります。

    [細かい] 設定のグリッド間隔

    [粗い] では最大になります。

    [粗い] 設定のグリッド間隔

可変グリッドと固定グリッドのどちらを使うか

Visio のテンプレートのほとんどは、既定では可変グリッドを使用します。つまり、図面の表示をズームすると、グリッド間隔が変わります。たとえば、次のグリッド線は [通常] に設定され、縮小したときに 5 フィート間隔で表示されます。

縮小された可変グリッド

ただし、ビューを拡大したときには、1 フィート間隔で表示されます。

拡大された可変グリッド

図面によっては、固定グリッドにすると有効な場合があります。この場合、倍率にかかわらずグリッドは同じ間隔で表示されます。たとえば、固定グリッドで [最小間隔] が 1 フィートの場合、図面ビューの拡大または縮小の度合いに関係なくグリッド線は 1 フィードの四角形で表示されます。

固定グリッド間隔

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×