グリッドを表示、非表示、または変更する

グリッドを表示、非表示、または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

各図面ページには、グリッドの線が従来の方眼紙のように十字に交差して引かれています。グリッドを使用すると、図面ページに図形を配置するのに役立ちます。

グリッドの表示と非表示を切り替える

  • [表示] タブの [表示] グループで [グリッド] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    ヒント: グリッドは通常は印刷されませんが、印刷されるように指定するには、ページ タブを右クリックし、[ページ設定] をクリックし、[プリンターの設定] タブで [グリッド線] チェック ボックスをオンにします。

グリッド線の間隔を変更する

Microsoft Visio のテンプレートのほとんどは、既定では可変グリッドを使用します。可変グリッド線は、図面の表示倍率に応じて変化し、図形を正確に整列する場合に便利です。

空間設計や機械製図などの一部の図面では、固定グリッドを設定して、倍率にかかわらずグリッド線の間隔を一定にすることができます。たとえば、天井タイルのサイズに一致するグリッドを設定できます。40 cm x 40 cm のタイル用に固定グリッドを設定する場合、倍率に関係なく、グリッド線のルーラー上の間隔が常に 40 cm になります。

  1. [表示] タブの [表示] グループで [ルーラーとグリッド] ダイアログ ボックス起動ツールの矢印をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を実行して、可変グリッドまたは固定グリッドの間隔を設定します。

    • 可変グリッドのグリッド間隔を水平方向縦型の一覧で、[細かい]、[標準]、または [粗い] をクリックします。でも、問題ありませんが、グリッド間隔が最小し、[粗い] では、最大します。

    • 固定グリッドのグリッド間隔を水平方向縦型の一覧で、[固定] をクリックします。最小間隔、目的の間隔を入力します。

グリッド線の開始位置を変更する

グリッド線の開始位置は、ルーラーのゼロ点と同じ位置に設定されます。ルーラーのゼロ点を移動すると、グリッド線の開始位置も移動します。ただし、グリッド線の開始位置は、ルーラーのゼロ点と異なる位置に設定できます。

  1. [表示] タブの [表示] グループで [ルーラーとグリッド] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

  2. [グリッド線の開始位置] で、グリッドの原点として設定する点の x (水平) 座標や y (垂直) 座標を入力して、[OK] をクリックします。

ルーラーのゼロ点の位置を変更する

既定では、ゼロ点は図面ページの左下隅です。次のいずれかの操作を実行します。

  • 両方のルーラーについてゼロ点の位置を変更するには、Ctrl キーを押しながら、2 つのルーラーの交点を新しいゼロ点の位置にドラッグします。

  • どちらか一方のルーラーについてゼロ点の位置を変更するには、Ctrl キーを押しながら、他方のルーラーをドラッグします。

  • ゼロ点をページの左下隅に戻すには、2 つのルーラーの交点をダブルクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×