グラフ Web パーツを使用してグラフを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

グラフ Web パーツを使用すると、ページにグラフを作成して表示できます。グラフ Web パーツは、折れ線グラフや横棒グラフなどのビューにデータを表示する場合に役立ちます。グラフを使用すると、ユーザーはパフォーマンス情報をひとめで確認できます。

グラフ Web パーツを作成してページに追加する場合、通常はいくつかの段階に分けて行います。まず、グラフ Web パーツをページに追加します。次に、グラフ Web パーツをデータ ソースに接続し、データを表示するようにグラフを構成します。最後に、必要に応じて、グラフ Web パーツの表示を変更できます。

この記事の内容

フェーズ 1: グラフの Web パーツを Web パーツ ページに追加します。

フェーズ 2: データ ソースに接続して、グラフ Web パーツを構成します。

フェーズ 3: グラフ Web パーツの外観を変更します。

段階 1: グラフ Web パーツを Web パーツ ページに追加する

この段階では、ページを作成するか、編集するページを開き、そのページに空白のグラフ Web パーツを追加します。

  1. まず、ページを作成するか、編集する既存のページを開きます。

  2. リボンの [挿入] タブをクリックし、[Web パーツ] で [Web パーツ] をクリックします。

  3. [カテゴリ] セクションの [ビジネス データ] をクリックします。

  4. [Web パーツ] セクションの [グラフ Web パーツ] をクリックし、[追加] をクリックします。

  5. 進みますフェーズ 2: データ ソースに接続して、グラフ Web パーツを構成するします。

ページの先頭へ

段階 2: データ ソースに接続してグラフ Web パーツを構成する

この段階では、データ ソース接続を選択し、グラフ Web パーツを構成します。

注: 作業を開始する前に、グラフ Web パーツを含むページを編集モードでがあることを確認します。

  1. 編集するグラフ Web パーツを見つけて、[データおよび表示] ハイパーテキストをクリックします。

  2. [データ接続およびグラフ表示ウィザード] ページで、[グラフをデータに接続する] をクリックしてデータ接続ウィザードを開きます。

  3. [ステップ 1: データ ソースを選択する] ページで、データ ソースの種類を選択し、[次へ] をクリックします。データ ソースの種類は、次の表で説明するオプションの中から選択できます。

オプション

説明

別の Web パーツに接続します。

このオプションを使用すると、データを送信できる他の Web パーツにグラフ Web パーツを接続できます。このような Web パーツの例としては、ドキュメント ライブラリや連絡先リストなどがあります。

注: Web パーツを使用するグラフ Web パーツと同じページであることを確認します。

リストに接続します。

このオプションを使用すると、グラフ Web パーツを同じサイト コレクション内にあるリストに接続できます。

ビジネス データ カタログに接続します。

このオプションを使用するには、Business Connectivity Services (BCS) のコンポーネントにグラフ Web パーツを接続します。BCS 基幹業務アプリケーションを含め、外部データとの統合を有効にします。BCS は、Microsoft Office SharePoint Server 2007 で提供されたビジネス データ カタログ テクノロジの一番上に作成します。BCS の詳細については、 Business Connectivity Services を計画するを参照してください。

Excel Services に接続します。

このオプションを使用すると、Excel Services に発行された Excel ブックにグラフ Web パーツを接続できます。

  1. [ステップ 2: データ ソースに接続する] ページで、使用するデータ ソースを選択し、[次へ] をクリックします。

  2. [ステップ 3: データを取得してフィルターする] ページで、グラフ Web パーツで使用するデータをプレビューします。

  3. 必要に応じて、データのサブセットを表示するようにパラメーターを構成するには、次の手順を実行します。

    1. [フィルター] の横にあるプラス記号 (+) をクリックして [フィルター パラメーターの定義] セクションを展開します。

    2. [パラメーター名] ボックスで、データ セット内の列などの項目を選択します。

    3. [種類] ボックスで、適切な演算子の種類を選択します。

    4. [既定値] ボックスで、フィルターで使用する条件を指定します。

    5. [データのプレビュー] をクリックして、フィルター処理されたデータを表示します。

    6. グラフで使用する追加のパラメーターごとに、手順 1. ~ 6. を繰り返します。

  4. データのプレビューとフィルター処理が完了したら、[次へ] をクリックします。

  5. 必要に応じて、データの表示方法を指定するには、[ステップ 4: データにグラフをバインドする] ページを使用します。これを行うには、[Y フィールド] に 1 つの列を指定し、[X フィールド] に別の列を指定します。

  6. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

ページの先頭へ

段階 3: グラフ Web パーツの表示を変更する

グラフ Web パーツを作成したら、グラフの表示方法を変更できます。たとえば、グラフの種類を選択し、表示設定 (テーマ、グラフのタイトルと凡例、軸とグリッド線など) を指定できます。

注: 作業を開始する前に、グラフ Web パーツを含むページを編集モードでがあることを確認します。

  1. 編集するグラフ Web パーツを見つけて、[データおよび表示] ハイパーテキストをクリックします。

  2. [データ接続およびグラフ表示ウィザード] ページで、[グラフをカスタマイズする] をクリックしてグラフ カスタマイズ ウィザードを開きます。

  3. [ステップ 1: グラフの種類を選択する] ページで、次の手順に従ってグラフの種類を選択します。

    1. [グラフの種類のカテゴリ] セクションで、グラフのカテゴリをクリックします。

    2. [グラフ テンプレート] セクションで、グラフ テンプレートをクリックします。

    3. [次へ] をクリックします。

  4. [ステップ 2: グラフの表示プロパティ] ページで、次の手順に従ってテーマを選択します。

    1. [表示テーマ] セクションの [テーマ] ボックスで、グラフのテーマを選択します。

    2. [描画スタイル] ボックスを使用できる場合は、そのボックスでグラフの要素の表示方法を指定します。たとえば、円グラフを選択した場合、[描画スタイル] ボックスで "円" の外縁の表示方法を指定できます。

    3. [透明] ボックスで、グラフの色の不透明度レベルを指定します。たとえば、グラフを濃い色で表示する場合は [0% - 実線] をクリックし、(色のない) 透明なグラフとして表示する場合は [100% - 不可視] をクリックします。

  5. 必要に応じて、グラフで使用する幅、高さ、およびイメージ形式を指定するには、[サイズと形式] セクションを使用します。

  6. グラフの表示プロパティの構成が完了したら、[次へ] をクリックします。

  7. 必要に応じて、グラフのタイトルと凡例、軸とグリッド線、データ ラベル、他のプロパティなどの設定を指定するには、[ステップ 3: グラフの要素プロパティ] ページを使用します。
    1 つ以上のグラフ要素プロパティを構成するには、タブを選択し、次の手順を実行します。

    タイトルと凡例

セクション

手順

タイトル

  1. [グラフ タイトルの表示] チェック ボックスをオンにします。

  2. [タイトル] ボックスに、グラフの名前を入力します。

  3. [フォント] ボックスで、グラフ タイトルのフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

  4. 色の一覧を使用して、グラフ タイトル テキストの色を選択します。

  5. [位置] セクションで、グラフ タイトルを表示する場所をクリックします。

  6. 次のいずれかを実行します。

    1. [凡例] セクションに進みます。

    2. [軸とグリッド線] タブなどの別のタブをクリックします。

    3. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

凡例

  1. [凡例を表示] チェック ボックスをオンにします。

  2. [凡例のフォント] ボックスで、グラフ凡例のフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

  3. [タイトル] ボックスに、グラフ凡例の名前を入力します。

  4. [タイトルのフォント] ボックスで、グラフ凡例のタイトル フォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

  5. 色の一覧を使用して、グラフ凡例のタイトル テキストの色を選択します。

  6. 必要に応じて、グラフ凡例をグラフに重ねて表示するには、[グラフ エリアに固定] チェック ボックスをオンにします。

  7. [スタイル] ボックスで、グラフ凡例を表、列、または要素の行のいずれとして表示するかを指定します。

  8. [位置] セクションで、グラフ凡例を表示する場所をクリックします。

  9. 次のいずれかを実行します。

    1. [軸とグリッド線] タブなどの別のタブをクリックします。

    2. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

軸と目盛線

セクション

手順

X-Axis
o r
Y-Axis

注: グラフに使用されるグラフの種類に応じてする可能性がありますか、軸またはグリッド線の書式を設定する機能がない可能性があります。たとえば、グラフは、円グラフとして表示されますが、オプションをなし軸と目盛線] タブになります。その一方で、グラフは、横棒グラフとして表示されますが、多くのオプションを軸と目盛線] タブになります。

  1. [X 軸] (または [Y 軸]) セクションの [軸の表示] ボックスで、軸を表示するか非表示にするかを指定します。

    • 軸を表示するには、[自動] または [True] を選択します。

    • 軸を非表示にするには、[False] を選択します。

  2. 軸のタイトルを表示するには、次の手順を実行します。

    1. [軸タイトルの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [タイトル] ボックスに、軸の名前を入力します。

    3. [タイトルのフォント] ボックスで、軸の名前のフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

    4. [配置] ボックスで、軸の名前を表示する場所を指定します。

  3. 軸に要素名を表示するには、次の手順を実行します。

    1. [軸ラベルの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [フォント] ボックスで、軸ラベルのフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

    3. 色の一覧を使用して、軸ラベルの色を選択します。

    4. 必要に応じて、軸ラベルの表示方法を変更するには、[書式] ボックスを使用します。たとえば、軸で日付を使用する場合、日付の特定の書式を選択できます。

    5. (グラフの下部ではなく) グラフの上部に軸ラベルを表示するには、[反転] チェック ボックスをオンにします。

    6. グラフの行を網かけ表示するには、[インターレース] チェック ボックスをオンにします。この機能は、グラフが大きいか、グラフに横棒や列が多数含まれている場合に役立ちます。

  4. 軸の目盛を調整するには、次の 1 つ以上の軸の設定オプションを指定します。

    • 値の範囲にゼロ (0) を含めるには、[ゼロから開始] チェック ボックスをオンにします。

    • 実際の値ではなく対数の値を使用するように軸の目盛を変更するには、[対数目盛を表示する] チェック ボックスをオンにします。この機能は、グラフが広い範囲の値に対応している場合、または等間隔の値が直線的に増加する連続した値 (1、2、3 など) ではなく、指数関数的に増加する数値 (1、10、100 など) の場合に役立ちます。

    • グラフ内の最初と最後の要素の片側に空白を挿入するには、[横余白] チェック ボックスをオンにします。たとえば、グラフに縦棒が表示されている場合、[横余白] チェック ボックスをオンにして、グラフの端と最初および最後の縦棒の端の間に余白が表示されるようにグラフを構成できます。

    • 軸の最小値を指定するには、[最小] ボックスを使用します。

    • 軸の最大値を指定するには、[最大] ボックスを使用します。

  5. グラフにグリッド線を表示するには、次の手順を実行します。

    1. [目盛線の表示] チェック ボックスをオンにします。目盛線がグラフ内に灰色の実線として表示されます。これは、グラフのおおよその値を簡単に確認するのに役立ちます。

    2. 目盛線の [間隔] ボックスに、目盛線で使用する間隔に一致する数値を入力します。たとえば、グラフに表示されるデータが 100 単位の場合、目盛線を表示する間隔として「100」と入力します。

    3. [目盛] ボックスで、グラフに目盛を表示するかどうかを指定します。表示する場合は、その表示方法も指定します。目盛は、グラフのおおよその値を確認しやすいように軸に沿って表示されます。

    4. 必要に応じて、グラフに別の一連のグリッド線を追加するには、[補助目盛線の表示] チェック ボックスをオンにします。通常、補助目盛線では目盛線よりも小さい間隔が使用されます。

    5. 補助目盛線の [間隔] ボックスに、補助目盛線で使用する間隔に一致する数値を入力します。

    6. [目盛] ボックスで、グラフに目盛を表示するかどうかを指定します。表示する場合は、その表示方法も指定します。目盛は、グラフのおおよその値を確認しやすいように軸に沿って表示されます。

  6. 次のいずれかを実行します。

    1. [第 2 X 軸] セクションまたは [第 2 Y 軸] セクションに進みます。

    2. [データ ラベルとマーカー] タブなどの別のタブをクリックします。

    3. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

第 2 軸
または
第 2 y 軸

通常、第 2 X 軸はグラフの上部に表示され、第 2 Y 軸はグラフの右端に沿って表示されます。

注: グラフに使用されるグラフの種類に応じてする可能性がありますか、第 2 軸をや、その枠線を表示する機能がない可能性があります。

  1. [第 2 X 軸] (または [第 2 Y 軸]) セクションの [軸の表示] ボックスで、第 2 軸を表示するか非表示にするかを指定します。

    • 軸を表示するには、[自動] または [True] を選択します。

    • 軸を非表示にするには、[False] を選択します。

  2. 第 2 軸のタイトルを表示するには、次の手順を実行します。

    1. [軸タイトルの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [タイトル] ボックスに、軸の名前を入力します。

    3. [タイトルのフォント] ボックスで、軸の名前のフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

    4. [配置] ボックスで、軸の名前を表示する場所を指定します。

  3. 第 2 軸に要素名を表示するには、次の手順を実行します。

    1. [軸ラベルの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [フォント] ボックスで、軸ラベルのフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

    3. 色の一覧を使用して、軸ラベルの色を選択します。

    4. 必要に応じて、軸ラベルの表示方法を変更するには、[書式] ボックスを使用します。たとえば、軸で日付を使用する場合、日付の特定の書式を選択できます。

    5. (グラフの下部ではなく) グラフの上部に軸ラベルを表示するには、[反転] チェック ボックスをオンにします。

    6. グラフの行を網かけ表示するには、[インターレース] チェック ボックスをオンにします。この機能は、グラフが大きいか、グラフに横棒や列が多数含まれている場合に役立ちます。

  4. 第 2 軸の目盛を調整するには、次の 1 つ以上の軸の設定オプションを指定します。

    • 値の範囲にゼロ (0) を含めるには、[ゼロから開始] チェック ボックスをオンにします。

    • 実際の値ではなく対数の値を使用するように軸の目盛を変更するには、[対数目盛を表示する] チェック ボックスをオンにします。この機能は、グラフが広い範囲の値に対応している場合、または等間隔の値が直線的に増加する連続した値 (1、2、3 など) ではなく、指数関数的に増加する数値 (1、10、100 など) の場合に役立ちます。

    • グラフ内の最初と最後の要素の片側に空白を挿入するには、[横余白] チェック ボックスをオンにします。たとえば、グラフに縦棒が表示されている場合、[横余白] チェック ボックスをオンにして、グラフの端と最初および最後の縦棒の端の間に余白が表示されるようにグラフを構成できます。

    • 軸の最小値を指定するには、[最小] ボックスを使用します。

    • 軸の最大値を指定するには、[最大] ボックスを使用します。

  5. グラフにグリッド線を表示するには、次の手順を実行します。

    1. [目盛線の表示] チェック ボックスをオンにします。目盛線がグラフ内に灰色の実線として表示されます。これは、グラフのおおよその値を簡単に確認するのに役立ちます。

    2. 目盛線の [間隔] ボックスに、目盛線で使用する間隔に一致する数値を入力します。たとえば、グラフに表示されるデータが 100 単位の場合、目盛線を表示する間隔として「100」と入力します。

    3. [目盛] ボックスで、グラフに目盛を表示するかどうかを指定します。表示する場合は、その表示方法も指定します。目盛は、グラフのおおよその値を確認しやすいように軸に沿って表示されます。

    4. 必要に応じて、グラフに別の一連のグリッド線を追加するには、[補助目盛線の表示] チェック ボックスをオンにします。通常、補助目盛線では目盛線よりも小さい間隔が使用されます。

    5. 補助目盛線の [間隔] ボックスに、補助目盛線で使用する間隔に一致する数値を入力します。

    6. 使用して、目盛をグラフに表示する方法を指定する目盛] ボックスの一覧です。おおよそのグラフの値を表示しやすくために、軸に目盛線が表示されます。

  6. 次のいずれかを実行します。

    1. [データ ラベルとマーカー] タブなどの別のタブをクリックします。

    2. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

データ ラベルとマーカー

セクション

手順

ラベル

  1. 値などのラベルをグラフに表示するには、[ラベルの表示] チェック ボックスをオンにします。

  2. [ラベルの値] ボックスで、表示するラベルの種類を選択します。たとえば、グラフで使用するデータ ソースの値を表示するには、[既定値を表示] をクリックします。

  3. [フォント] ボックスで、データ ラベルのフォントの種類、サイズ、およびスタイルを指定します。

  4. 色の一覧を使用して、データ ラベルの色を選択します。

  5. 必要に応じて、データ ラベルの表示方法を変更するには、[書式] ボックスを使用します。たとえば、グラフで日付を使用する場合、日付の特定の書式を選択できます。

  6. 必要に応じて、データ ラベルをある角度でグラフに表示するには、[ラベルの角度] ボックスに数値を入力します。入力する数値は、データ ラベルを表示する際に右回りに回転する角度に一致させます。たとえば、データ ラベルを若干下向きの角度で表示するには、[ラベルの角度] ボックスに「10」と入力します。

  7. [ラベルの配置] ボックスで、データ ラベルを表示するグラフ内の場所を指定します。たとえば、実際のグラフの値の範囲外にデータ ラベルを表示するには、[ラベルの配置] ボックスで [外部] をクリックします。

  8. 次のいずれかを実行します。

    1. [データ マーカー] セクションに進みます。

    2. [ハイパーリンクとヒント] タブなどの別のタブをクリックします。

    3. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

データ マーカー

  1. グラフのデータ要素を強調表示するには、[マーカーの表示] チェック ボックスをオンにします。

  2. [マーカーのスタイル] ボックスで、使用するマーカーの種類を選択します。

  3. [マーカーのサイズ] ボックスに、使用するデータ マーカーのサイズ (ピクセル単位) を指定する数値を入力します。

  4. 次のいずれかを実行します。

    1. [ハイパーリンクとヒント] タブなどの別のタブをクリックします。

    2. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

ハイパーリンクとヒント

セクション

手順

ハイパーリンクと ヒント表示

次に示すグラフ Web パーツの 3 種類の要素にハイパーリンクとヒントを追加できます。

  • グラフ系列 (横棒グラフの横棒に相当)

  • グラフ凡例

  • グラフのデータ ラベル

ハイパーリンクを使用すると、追加情報を含む他のサイトにグラフ ユーザーを誘導できます。ヒントを使用すると、コメントやメモを追加情報としてグラフに表示できます。

注: グラフ ユーザーのみが表示のヒント表示とハイパーリンク特定のグラフ要素の上にマウスを配置するときにします。たとえば、一連のヒントを参照してくださいまたは横棒グラフでハイパーリンクをクリックして、グラフ ユーザーする必要があります上にマウス ポインター、グラフの棒します。

  1. [データ系列] ボックスで、ハイパーリンクまたはヒントを追加するデータ系列を選択します。

    注: グラフにデータ系列が 1 つだけが含まれている場合のみの既定のデータ系列] ボックスの一覧が表示されます。

  2. [系列のハイパーリンク] ボックスで、Web サイトやチーム サイトなどのサイトの Web サイト アドレス (URL) を指定します。グラフで、系列の要素 (横棒グラフの横棒など) にハイパーリンクが関連付けられます。

  3. [系列のヒント] ボックスに、グラフ ユーザーが系列の要素 (横棒グラフの横棒など) の上にマウスを置いたときに表示されるメモなどの情報を入力します。

  4. [凡例のハイパーリンク] ボックスで、Web サイトやチーム サイトなどのサイトの Web サイト アドレス (URL) を指定します。グラフで、グラフ凡例にハイパーリンクが関連付けられます。

  5. [凡例のヒント] ボックスに、グラフ ユーザーがグラフ凡例の上にマウスを置いたときに表示されるメモなどの情報を入力します。

  6. [ラベルのハイパーリンク] ボックスで、Web サイトやチーム サイトなどのサイトの Web サイト アドレス (URL) を指定します。グラフのデータ ラベルにハイパーリンクが関連付けられます。

  7. [ラベルのヒント] ボックスに、グラフ ユーザーがグラフのデータ ラベルの上にマウスを置いたときに表示されるメモなどの情報を入力します。

  8. 次のいずれかを実行します。

    1. [タイトルと凡例] タブなどの別のタブをクリックします。

    2. [完了] をクリックして、ページにグラフを表示します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×