スキップしてメイン コンテンツへ

グラフ Web パーツの概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

グラフ web パーツは、ユーザーがひとめでパフォーマンスやその他の種類の情報を表示できるようにするために、SharePoint サイトに作成して追加する web パーツです。たとえば、グラフ Web パーツを使用して、小売組織内のさまざまなチームまたは地理的地域で売上額を表示できます。

この記事では、グラフ Web パーツの概要と組織での使用方法について説明します。グラフ web パーツを作成する方法については、「グラフweb パーツを使用してグラフを作成する」を参照してください。

この記事の内容

グラフ Web パーツを使用して表示できるグラフの種類を教えてください。

グラフ Web パーツを使用する理由

グラフ Web パーツで使用できるデータソースの種類を教えてください。

次のステップ

グラフ Web パーツを使用して表示できるグラフの種類を教えてください。

グラフは、外観や表示される情報によって大きく異なる場合があります。たとえば、グラフ Web パーツを使用して作成された横棒グラフは、次の図のようになります。

グラフ Web パーツ

グラフ Web パーツを使用して作成されたグラフは、静的な画像として表示されます。つまり、グラフ内の最新情報を表示できますが、値をクリックして詳細レベルを高くすることはできません。グラフの構成方法によっては、グラフの系列、凡例、またはデータラベルに接続されているハイパーリンクをクリックできる場合があります。

ただし、グラフ Web パーツを使用して、データを視覚的に表す方法は他にも多数あります。次の表では、グラフ Web パーツで使用できるさまざまなグラフの種類について説明します。

グラフの種類

説明

横棒グラフ

横棒グラフ

横棒グラフでは、個々の項目間の比較が示されます。

面グラフ

面グラフ

面グラフは、時間の経過と共に変化度を強調するために使われます。また、その部分の関係を全体に表示するために使用されます。

折れ線グラフ

折れ線グラフ

折れ線グラフを使って、時間の経過と共にデータの傾向を示すことができます。

ポイント/バブルチャート

バブル チャート

バブルチャートでは、データポイントが異なるサイズの気泡として表示されます。データの値が大きいほど、バブルはグラフに表示されます。グラフは "バブル" と呼ばれますが、正方形、ひし形、三角形、十字などのさまざまな図形を表示することもできます。

財務図

財務グラフ

財務グラフは、株式市場の値など、財務情報を表示する場合に便利です。

円グラフ

円グラフ

円グラフでは、円の形で表示されたデータの比率が、データ全体にどのように影響するかを示しています。

レーダー チャート

レーダー チャート

レーダーチャートは、スパイダーチャートやスターチャートと呼ばれることもありますが、主にデータ比較ツールとして使用されている円形のグラフです。通常、これらのグラフには円形の図形がありますが、多角形として表示することもできます。

ガント/範囲縦棒グラフ

ガント チャート

[ガントチャート] または [タイムチャート] には、[開始] と [終了] の値を持つ個別のイベントが表示されます。これらのグラフは、リソースの使用を計画するのに適しています。データは、日付/時刻または数値スケールを使用してプロットすることができます。

範囲グラフ

範囲グラフ

範囲グラフには、データポイントごとに2つの y 値をプロットして、各 y 値を折れ線グラフとして描画することで、データの範囲を表示します。Y 値の範囲は、色、または画像で塗りつぶすことができます。

エラーバーのグラフ

誤差範囲グラフ

エラーバーグラフは、グラフに表示されるデータに関する統計情報を表示するために使用されるマーカーを含む線で構成されます。エラーバーのグラフの種類は、3つの Y 値を持つ系列です。これらの値は誤差範囲グラフ内の各点に割り当てることができますが、通常、値は別の系列に存在するデータから計算されます。

図グラフ

箱ひげ図

図グラフの種類は、1つ以上のデータセット内のデータの分布をまとめた1つ以上のボックス記号で構成されます。ボックスグラフには、両端から延びるウィスカ線がある矩形が表示されます。

じょうごグラフ

じょうごグラフ

じょうごグラフの種類には、合計すると 100% に等しいデータが表示されます。この種類のグラフは、データを 100% の一部として表す1つの系列グラフです。

ピラミッドグラフ

ピラミッド グラフ

ピラミッドグラフには、合計すると 100% に等しいデータが表示されます。ピラミッドグラフは、ピラミッドまたは円錐形として表示できます。

グラフ Web パーツを使用して作成されたグラフは、作成された SharePoint ページに固有のサイトアセットとして保存されます。つまり、1つの特定のグラフを他のページで再利用することはできません。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

グラフ Web パーツを使用する理由

SharePoint サイトに表示される他の多くの種類のグラフと同じように、グラフ Web パーツを使用すると、簡単にパフォーマンス情報をひとめで確認できます。グラフ Web パーツは、sharepoint サイトを離れることなく、すばやく簡単にグラフを作成し、sharepoint サイトに追加する場合にも便利です。

グラフ Web パーツを使用する場合の例をいくつか示します。

  • SharePoint サイトのビューをパーソナライズするグラフをすばやく簡単に作成できます。   
    たとえば、グループまたは組織のパフォーマンスやその他の種類の情報を含む SharePoint サイトを表示しているとします。さらに、表示する特定の情報を表示するページに別のレポートビューを追加する場合を考えます。これは、グラフ Web パーツを使用して簡単に行うことができます。

  • 別のグラフのデータを使用するグラフを作成します。   
    グラフ Web パーツの利点の1つは、データの送受信を行うことができるということです。つまり、1つのグラフ web パーツを別のグラフ web パーツのデータソースとして使うことができます。

  • 外部データに接続するグラフを作成して使用します。   
    たとえば、顧客関係管理 (CRM) ツールの情報を表示するグラフを作成して使用する場合を考えます。 組織で Business コネクティビティサービス (bcs) を使用している場合は、グラフ Web パーツを bcs コンポーネントに接続して、そのデータを表示することができます。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

グラフ Web パーツで使用できるデータソースの種類を教えてください。

グラフ Web パーツでは、次のいずれかのデータソースを使うことができます。

  • 別の Web パーツ。グラフ web パーツは、データを送信できる別の web パーツに接続できます。このような Web パーツの例には、ドキュメントライブラリまたは連絡先リストが含まれています。

  • SharePoint リスト。グラフ Web パーツは、同じサイトコレクション内にある SharePoint リストに接続できます。

  • ビジネスコネクティビティサービスコンポーネント。グラフ Web パーツを BCS コンポーネントに接続して、外部または基幹業務データを表示することができます。

  • Excel Services ファイル。グラフ Web パーツを excel Services に公開されている excel ブックに接続できます。

ページの先頭へ

次のステップ

グラフ web パーツを作成する方法については、「グラフweb パーツを使用してグラフを作成する」を参照してください。

sharepoint ビジネスインテリジェンスの詳細については、「 sharepoint business インテリジェンスとは」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×