グラフ要素の書式を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

グラフ領域、 プロット エリア、 データ系列軸、タイトル、データ ラベル] または凡例などの個々 のグラフ要素の書式を変更することができます。[< グラフ要素 > の書式設定] ダイアログ ボックスを使用するには、書式設定の変更を加えるまたはまたは定義済みのユーザー設定の図形のスタイルを適用することができます。グラフ要素のテキストの書式を設定することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

選択されているグラフ要素の書式を変更する

選択されているグラフ要素の図形スタイルを変更する

選択されているグラフ要素内のテキストの書式を変更する

テキスト書式設定を使用してグラフ要素内のテキストの書式を設定する

ワードアート スタイルを使用してグラフ要素内のテキストの書式を設定する

選択されているグラフ要素の書式を変更する

  1. 変更したいグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、および [書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループにある [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、書式を設定するグラフ要素を選択します。

      [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] グループ ([グラフ ツール])

      ヒント: リボンのコマンドを使用する代わりに、グラフ要素を右クリックしてショートカット メニューの [<グラフ要素> の書式設定] をクリックしてから、手順 3. 以降を実行することもできます。

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [<グラフ要素> の書式設定] ダイアログ ボックスで、カテゴリをクリックしてから、書式オプションを選択します。

    重要: 選択したグラフ要素に応じて、このダイアログ ボックスに表示される書式設定オプションは異なります。

    注: 

  4. このダイアログ ボックスでオプションを変更すると、選択されているグラフ要素に変更がすぐに適用されるので、ダイアログ ボックスを閉じなくても変更の効果を簡単に確認できます。ただし、変更は直ちに適用されるので、このダイアログ ボックスには [キャンセル] ボタンはありません。変更を取り消すには、クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] をクリックする必要があります。

  5. 1 つのダイアログ ボックス オプションに何度も変更を加えたときでも、変更をすべて元に戻すことができます。ただし、途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えた場合を除きます。

  6. ダイアログ ボックスを移動して、グラフとダイアログ ボックスを同時に参照することができます。

ページの先頭へ

選択されているグラフ要素の図形スタイルを変更する

  1. 変更したいグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、および [書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループにある [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、書式を設定するグラフ要素を選択します。

      [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] グループ ([グラフ ツール])

  2. 定義済みの図形スタイルを適用するには、[書式設定] タブの [図形のスタイル] グループに表示されているスタイルの 1 つをクリックします。

    Excel のリボン イメージ

    ヒント: すべての使用可能な図形のスタイルを表示するには、 ボタンの画像 その他] ボタンをクリックします。

  3. 図形の塗りつぶしを変更するには、[図形の塗りつぶし] をクリックしてから、次のいずれかの操作を行います。

    • 別の塗りつぶしの色を使用するには、[テーマの色] または [標準の色] で、使用する色をクリックします。

      ヒント: 別の色を適用する前に、その色によってグラフがどのように変化するかをすばやくプレビューすることができます。使用する色をポイントすると、選択したグラフの要素がポイントした色で表示されます。

    • 選択したグラフの要素から色を削除するには、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    • [テーマの色] にも [標準の色] にもない色で塗りつぶすには、[その他の色] をクリックします。[色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブまたは [ユーザー設定] タブで、使用する色を指定して [OK] をクリックします。
      ここで作成した塗りつぶしの色は、再利用できるように [最近使用した色] に追加されます。

    • 図形を図で塗りつぶすには、[] をクリックします。[図の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する図をクリックして [挿入] をクリックします。

    • 選択した塗りつぶしの色にグラデーション効果を付けるには、[グラデーション] をクリックし、[バリエーション] の下でグラデーションのスタイルを選択してクリックします。
      他のグラデーション スタイルを使用する場合は、[その他のグラデーション] をクリックし、[塗りつぶし] カテゴリを選択してから、使用するグラデーション オプションをクリックします。

    • テクスチャで塗りつぶすには、[テクスチャ] をクリックし、使用するテクスチャをクリックします。

  4. 図形の枠線を変更するには、[図形の枠線] をクリックしてから、次のいずれかの操作を行います。

    • 枠線の色を変更するには、[テーマの色] または [標準の色] の下で、使用する色を選択してクリックします。

    • 選択されているグラフの要素から枠線の色を削除するには、[線なし] をクリックします。

      注: 選択した要素が線の場合は、線がグラフ上に表示されなくなります。

    • [テーマの色] にも [標準の色] にもない色を枠線に使用するには、[その他の線の色] をクリックします。[色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブまたは [ユーザー設定] タブで、使用する色を指定して [OK] をクリックします。
      ここで作成した枠線の色は、再利用できるように [最近使用した色] に追加されます。

    • 線や境界線の太さを変更するには、[太さ] をクリックし、使用する線の太さをクリックします。
      表示されていない線スタイルや境界線スタイルを使用する場合は、[その他の線] をクリックし、使用する線スタイルまたは境界線スタイルのオプションをクリックします。

    • 線や境界線を破線にするには、[実線/点線] をクリックし、使用する破線の種類をクリックします。
      表示されていない種類の破線を使用する場合は、[その他の線] をクリックし、使用する破線の種類をクリックします。

    • 線に矢印を追加するには、[矢印] をクリックし、使用する矢印のスタイルをクリックします。境界線には矢印のスタイルは使用できません。
      表示されていないスタイルの矢印を使用する場合は、[その他の矢印] をクリックし、使用する矢印の設定をクリックします。

  5. 図形効果を変更するには、[図形の効果] をクリックし、表示された効果の 1 つをクリックしてから、効果の種類を選択します。

    注: 表示される図形効果は、選択されているグラフ要素によって異なります。標準スタイル、反射、および面取りの効果は、どのグラフ要素でも使用できるわけではありません。

ページの先頭へ

選択されているグラフ要素内のテキストの書式を変更する

グラフ要素内のテキストの書式を設定するには、通常のテキスト書式設定オプションを使用するか、ワードアートの書式を適用します。

テキスト書式設定を使用してグラフ要素内のテキストの書式を設定する

  1. 書式を設定するテキストが含まれているグラフ要素をクリックします。

  2. 書式を設定するテキストを右クリックするか選択して、次のいずれかの操作を行います。

    • ミニ ツール バーで目的の書式設定オプションを選択します。

      Excel のリボンのイメージ

    • [ホーム] タブの [フォント] グループで、使用する書式設定のボタンをクリックします。

      Excel のリボンの画像

ページの先頭へ

ワードアート スタイルを使用してグラフ要素内のテキストの書式を設定する

  1. 変更するテキストが含まれているグラフ要素をグラフ上で選択してクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、および [書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループにある [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、書式を設定するグラフ要素を選択します。

      [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] グループ ([グラフ ツール])

  2. [書式] タブの [ワードアートのスタイル] グループで、次のいずれかの操作を行います。

    Excel のリボンのイメージ

    • 定義済みのワードアート スタイルを適用するには、そのスタイルをクリックします。

      ヒント: すべての利用可能なワードアート スタイルを表示するには、 ボタンの画像 その他] ボタンをクリックします。

    • 独自のワードアート スタイルを適用するには、[文字の塗りつぶし]、[文字の輪郭]、または [文字の効果] をクリックしてから、目的の書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×