グラフ要素の図形の塗りつぶし、枠線、効果を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

定義済みの図形スタイルを適用して、グラフ要素 (グラフ領域、プロット エリア、データ マーカー、グラフ内のタイトル、目盛線、軸、目盛、近似曲線、誤差範囲、3-D グラフの壁面と床面など) の外観を簡単に変更できます。 また、別の図形の塗りつぶし、枠線、効果をグラフ要素に適用することもできます。

書式設定されたグラフ

目的に合ったトピックをクリックしてください

定義済みの図形スタイルまたは線のスタイルを適用する

図形の塗りつぶしを適用する

図形の枠線を適用する

図形の効果を適用する

定義済みの図形スタイルまたは線のスタイルを適用する

  1. グラフ上で、変更するグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選びます。

    1. グラフをクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、[書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで、定義済みの図形スタイルまたは線のスタイルをクリックします。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

    使用できるすべての図形スタイルを表示するには、[その他] ボタン ボタンの画像 をクリックします。

ヒント: 変更後の内容が気に入らない場合は、すぐに元に戻すことができます。 クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] ボタンの画像 をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

クイック アクセス ツール バー

ページの先頭へ

図形の塗りつぶしを適用する

選択した図形 (データ マーカー、タイトル、データ ラベル、凡例など) を単色、グラデーション、図、テクスチャで塗りつぶすことができます。 グラフ内の線 (目盛線、軸、近似曲線、誤差範囲など) の書式に図形の塗りつぶしを適用することはできません。

  1. グラフ上で、変更するグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選びます。

    1. グラフをクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、[書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで、[図形の塗りつぶし] をクリックします。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    1. 塗りつぶしの色を変更するには、[テーマの色] または [標準の色] で、使用する色をクリックします。

      ヒント: 別の色を適用する前に、その色がグラフにどのように影響するかをプレビューすることができます。 使用したい色にマウス ポインターを移動すると、グラフ上で選択されているグラフ要素がその色で表示されます。

    2. 選択されているグラフ要素から色を削除するには、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    3. [テーマの色] にも [標準の色] にもない色で塗りつぶすには、[その他の色] をクリックします。 [色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブまたは [ユーザー設定] タブで、使用する色を指定して [OK] をクリックします。

      ユーザー設定の塗りつぶしの色を作成すると、[最近使用した色] に追加され、繰り返し使用できるようになります。

    4. 図形を図で塗りつぶすには、[] をクリックします。 [図の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する図をクリックして [挿入] をクリックします。

    5. 選択した塗りつぶしの色にグラデーション効果を使うには、[グラデーション] をクリックして、[バリエーション] で使用するグラデーションのスタイルをクリックします。

      他のグラデーション スタイルを使う場合は、[その他のグラデーション] をクリックして、[塗りつぶし] カテゴリで、使用するグラデーション オプションをクリックします。

    6. テクスチャで塗りつぶすには、[テクスチャ] をクリックし、使用するテクスチャをクリックします。

ヒント: 変更後の内容が気に入らない場合は、すぐに元に戻すことができます。 クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] ボタンの画像 をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

クイック アクセス ツール バー

ページの先頭へ

図形の枠線を適用する

グラフ内の線 (目盛線、軸、近似曲線、誤差範囲など) の色、幅、スタイルを変更できます。また、選択した図形 (データ マーカー、タイトル、データ ラベル、凡例など) にユーザー設定の飾り枠を設定することもできます。

  1. グラフ上で、変更するグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選びます。

    1. グラフをクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、[書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで、[図形の枠線] をクリックします。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    1. 枠線の色を変更するには、[テーマの色] または [標準の色] の下で、使用する色を選択してクリックします。

    2. 選択されているグラフ要素から枠線の色を削除するには、[線なし] をクリックします。

      注: 選択したグラフ要素が線の場合、グラフには線が表示されなくなります。

    3. [テーマの色] にも [標準の色] にもない色を枠線に使うには、[その他の線の色] をクリックします。 [色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブまたは [ユーザー設定] タブで、使用する色を指定して [OK] をクリックします。

      ユーザー設定の枠線の色を作成すると、[最近使用した色] に追加され、繰り返し使用できるようになります。

    4. 線または境界線の太さを変更するには、[太さ] をクリックしてから、線の太さをクリックします。

      その他の線または境界線のスタイルを使う場合は、[その他の線] をクリックしてから、線または境界線のスタイルのオプションをクリックします。

    5. 線や境界線を破線にするには、[破線] をクリックして、破線の種類をクリックします。

      その他の種類の破線を使う場合は、[その他の線] をクリックして、破線の種類をクリックします。

    6. 線に矢印を追加するには、[矢印] をクリックし、使用する矢印のスタイルをクリックします。 境界線に矢印のスタイルを使うことはできません。

      その他の矢印のスタイルを使う場合は、[その他の矢印] をクリックして、矢印の設定をクリックします。

ヒント: 変更後の内容が気に入らない場合は、すぐに元に戻すことができます。 クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] ボタンの画像 をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

クイック アクセス ツール バー

ページの先頭へ

図形の効果を適用する

選択した図形 (データ マーカー、タイトル、データ ラベル、凡例など) や線 (目盛線、軸、近似曲線、誤差範囲など) には、視覚効果 (影、光彩、面取りなど) を適用できます。

  1. グラフ上で、変更するグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素を一覧から選びます。

    1. グラフをクリックします。
      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、[書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで、[図形の効果] をクリックします。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

  3. 効果をクリックしてから、効果の種類を選びます。

    注: 表示される図形効果は、選択されているグラフ要素によって異なります。 標準スタイル、反射、および面取りの効果は、どのグラフ要素でも使用できるわけではありません。

ヒント: 変更後の内容が気に入らない場合は、すぐに元に戻すことができます。 クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] ボタンの画像 をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

クイック アクセス ツール バー

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×