グラフ用にデータを選択する

グラフ用にデータを選択する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

グラフを作成するには、データ範囲から少なくとも 1 つのセル (1 連のセル) を選択する必要があります。 次のいずれかの操作を行います。

  • グラフのデータが連続する範囲のセル内にある場合、その範囲内の任意のセルを選択します。 グラフには、その範囲内のすべてのデータが反映されます。

  • データが連続する範囲内にない場合、隣接していないセルまたはセルの範囲を選択します。 選択範囲が四角形を形成していることを確認します。

ヒント: グラフに特定の行または列のデータを取り込みたくない場合、単にワークシート上でそれらの行または列を非表示にするか、グラフを作成した後に必要なデータ要素を表示するためのグラフ フィルターを適用します。

グラフ用にデータを配置する

Excel には自動的にグラフを推奨する機能があります。 推奨されるグラフは、ワークシートにデータがどのように配置されているかによって異なります。 独自のグラフを作成したい場合もあります。 いずれの場合も、次の表には、特定のグラフ用にデータを並び替えるための最適な方法が示されています。

グラフの種類

データの配置方法

縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、等高線グラフ、またはレーダー チャート

詳細情報

縦棒グラフ

バー

折れ線グラフ

領域

等高線グラフ

レーダーチャートです。

列または行。

縦棒グラフ

面グラフ

円グラフ

円グラフでは 1 セットの値 (データ系列と呼びます) が使用されます。

詳細情報

円グラフ

1 つの列または行と、1 つの列または行のラベル。

円グラフ

ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフでは、1 つ以上のデータ系列を使用できます。

詳細情報

ドーナツ グラフ

1 つ以上の列または行のデータと、1 つの列または行のデータ ラベル。

ドーナツ グラフ

散布図またはバブル チャート

詳細情報

XY (散布) 図

バブル チャート

最初の列に x の値を配置し、次の列には y の値を配置します。

散布図

バブル チャートでは、さらに第 3 の列を追加して、データ系列内のデータ要素を表すバブルのサイズを指定します。

バブル チャート

株価チャート

詳細情報

株価チャート

列または行で、始値、高値、安値、および終値の組み合わせを配置し、さらに銘柄または日付をラベルにして正しい順番で配置します。

株価チャート

関連項目

グラフを作成する

利用可能なグラフの種類

グラフにデータ系列を追加する

Excel でグラフの第 2 軸を追加または削除する

グラフのデータ系列を変更する

グラフを作成するExcel Onlineで、データ (セルのセット) の範囲内に少なくとも 1 つのセルを選択する必要があります。 グラフでは、その範囲内のすべてのデータが含まれます。

グラフ用にデータを配置する

次の表は、特定のグラフのデータを配置する最善の方法を示します。

グラフの種類

データの配置方法

列、バー、行、] 領域で、またはレーダー チャート

次のような、列または行

縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、またはレーダー チャート用のデータ配置

円グラフ

円グラフでは 1 セットの値 (データ系列と呼びます) が使用されます。

次のような、1 つの列または行と、1 つの列または行のラベル

2 列と 3 行で構成されるテーブル、3 列と 2 行で構成されるテーブル

ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフでは、1 つ以上のデータ系列を使用できます。

次のような、複数の列または行のデータと、1 つの列または行のデータ ラベル

3 列と 3 行で構成されるテーブル、3 列と 3 行で構成されるテーブル

散布図

列に、最初の列と、次の列に、次のような y の値に x の値を配置します。

散布図のデータ配置

これらのグラフの詳細については、利用可能なグラフの種類を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×