グラフ内のデータの整理方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

行、列にプロットされるデータ

Microsoft Graph でグラフを作成する場合、データの強調する部分を指定できます。次の例では、国や地域ではなく、年がデータ系列としてプロットされています。このグラフでは、国や地域別の販売高の比較が強調されています。

年をデータ系列にしたグラフ

年別の販売高の比較を強調するには、国や地域のデータがデータ系列になるように、グラフを変更します。

国をデータ系列にしたグラフ

分類項目と値の順序

特に指定しない限り、Microsoft Graph では、分類項目と値はデータシートに表示される順序でプロットされます。別の順序でプロットするには、既定の順序を逆にします。

次の例では、分類項目はデータシートに表示された順序、つまり 4 月、3 月、2 月、1 月の順にプロットされます。

既定の順序の項目

次のように、プロットする順序を逆にして、月を昇順に並べ替えることができます。

逆順の分類

上記の例では、値の順序を逆にして上端の目盛を 0 に、下端の目盛を 800 にして表示することもできます。

第 2 数値軸

第 2 数値軸は、異なるデータ系列の平均値が大幅に変化する場合や、種類の異なるデータを 1 つのグラフにプロットする場合に使用すると便利です。たとえば、各週に販売された家の数と、1 週間あたりの平均販売価格の両方を表示するには、家の数を 1 つの軸に沿ってプロットし、平均価格を第 2 の軸に沿ってプロットします。

第 2 軸を持つ複合グラフ

散布図の x 軸

特に指定しない限り、散布図では、データシートの最初の系列の値が x 軸用に使用されます。x 軸にプロットするように割り当てたデータ系列の行見出しまたは列見出しに、"X" が表示されます。

次の例では、フィート単位の距離が x 軸にプロットされます。

x 軸で距離を示すグラフ

x 軸に高度をプロットして、強調を変えることもできます。この場合、グラフは次のようになります。

グラフ x 軸で高度を示す

空白セル

Microsoft Graph では、データ範囲内に空白セルをプロットする方法が 3 とおりあります。特に指定しない限り、Graph では空白セルにはデータ要素がプロットされません。したがって、データ系列に切れ目が生じます。次の例では、燃料費のデータがない 12 月に、この切れ目があります。

データ系列に欠落のあるグラフ

データ系列に切れ目ができないようにするには、Graph で要素を補間、つまり推定することができます。たとえば、このグラフでは、Graph で 11 月と 1 月のデータが平均され、欠けている 12 月のデータが推定されています。

空白セルが補間されたグラフ

空白セルが値 0 を表している場合は、グラフも 0 でプロットされます。

0 でプロットされたグラフ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×