グラフ作成の概要

Microsoft Office Excel 2007 では、本格的な外観のグラフを簡単に作成できます。グラフの種類、グラフのレイアウト、およびグラフのスタイルを、新しい Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス のコンポーネントであるリボンから選択するだけで、本格的な外観のグラフがすぐに作成されます。気に入ったグラフをグラフ テンプレートとして保存し、新しいグラフを作成するときに利用すると、さらに作業を簡単にすることができます。

Office Excel 2007 をインストールしている場合は、Microsoft Office PowerPoint 2007 や Microsoft Office Word 2007 など、他の 2007 Microsoft Office system プログラムで、Excel の強力なグラフ機能を活用することもできます。

この記事の内容

Excel でグラフを作成する

PowerPoint と Word でグラフを作成する

グラフを変更する

定義済みのグラフ スタイルおよびグラフ レイアウトを使用して本格的な外観を設定する

グラフに目立つ書式を追加する

グラフ テンプレートを作成してグラフを再使用する

Excel でグラフを作成する

後で変更して書式を設定できる基本的なグラフを Excel で作成するには、最初にワークシートにグラフのデータを入力します。次に、そのデータを選択し、使用するグラフの種類を Office Fluent のリボン ([挿入] タブの [グラフ]) で選択します。

ワークシートのデータとグラフ

ボタンの画像   ワークシート データ

2   ワークシート データから作成したグラフ

Excel では、プレゼンテーションの出席者にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフがサポートされています。グラフを作成するか、既存のグラフを変更するときは、さまざまな種類のグラフ (縦棒グラフ、円グラフなど) とその形式 (積み上げ縦棒グラフ、3-D 効果付き円グラフなど) から選択することができます。さらに、グラフで複数のグラフの種類を使って、複合グラフを作成することもできます。

書式設定されたグラフ

縦棒グラフと折れ線グラフを使用する複合グラフの例

Excel でのグラフの作成方法の詳細については、「グラフを作成する」を参照してください。

PowerPoint と Word でグラフを作成する

グラフは、Office PowerPoint 2007 や Office Word 2007 など、他の 2007 Office リリース プログラムと完全に統合されます。いずれのプログラムにも、Excel で利用できるのと同じグラフ ツールが用意されています。Excel をインストールしている場合、PowerPoint および Word で Excel グラフを作成できます。リボン ([挿入] タブの []) の [グラフ] をクリックし、グラフ ツールを使ってグラフを変更または書式を設定します。作成するグラフは Office PowerPoint 2007 および Office Word 2007 に埋め込まれ、グラフ データは PowerPoint または Word ファイルに組み込まれる Excel ワークシートに保存されます。

注: Word の互換モードで作業を行っている場合は、Excel ではなく Microsoft Graph を使用してグラフを挿入できます。PowerPoint では、常に Excel を使ってグラフを作成できます。

Excel から PowerPoint 2007 および Word 2007 にグラフをコピーすることもできます。グラフをコピーするときは静的なデータとして埋め込むか、ブックにリンクすることができます。自分がアクセスできるブックにリンクされたグラフについては、グラフを開くときに、リンクされたブックでの変更を自動的に確認するように設定できます。

PowerPoint 2007 または Office Word 2007 でのグラフの作成方法の詳細については、「プレゼンテーションでグラフを使用する」または「データをグラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

グラフを変更する

グラフを作成した後で、その外観を変更できます。たとえば、軸の表示方法を変更する、グラフ タイトルを追加する、凡例を移動または非表示にする、追加のグラフ要素を表示することなどができます。

グラフの変更では、次のことができます。

  • グラフの軸の表示を変更する    軸に表示される値の範囲を指定し、表示される値または項目の間隔を変更できます。また、グラフを読みやすくするために、軸に目盛と目盛ラベルを表示し、その間隔を指定することもできます。

  • タイトルとデータ ラベルをグラフに追加する    グラフに表示される情報を明確にするために、グラフ タイトル、軸ラベル、およびデータ ラベルを追加できます。

  • 凡例またはデータ テーブルを追加する    凡例の表示と非表示を切り替えたり、その場所を変更することができます。グラフによっては、凡例マーカーおよびグラフに表示される値を示すデータ テーブルを表示することもできます。

  • グラフの種類に固有のオプションを適用する    グラフの種類ごとに、固有の線 (高低線、近似曲線など)、縦線 (陽線と陰線、誤差範囲など)、データ マーカー、およびその他のオプションが利用できます。

ページの先頭へ

定義済みのグラフ スタイルおよびグラフ レイアウトを使用して本格的な外観を設定する

グラフの要素を手動で追加または変更したり、グラフの書式を手動で設定しなくても、定義済みのグラフのレイアウトおよびスタイルをグラフにすばやく適用できます。Excel には、選択できる定義済みの便利なレイアウトやスタイルが多数用意されており、その中から目的に合ったものを選択できますが、必要に応じて個々のグラフ要素のレイアウトとスタイル (グラフのグラフ領域、プロット エリア、データ系列、凡例など) を手動で変更すると、レイアウトやスタイルをさらにカスタマイズできます。

定義済みのグラフのレイアウトを適用すると、特定のグラフ要素 (グラフ内のタイトル、凡例、データ テーブル、データ ラベルなど) がグラフに特定の方法で配置されます。グラフの種類ごとに用意されている多数のスタイルから目的のものを選択することができます。

定義済みのグラフのスタイルを適用すると、グラフは適用したドキュメントのテーマに基づいて書式が設定されるので、グラフは組織独自のテーマの色 (色のセット)、テーマのフォント (見出しおよび本文のフォントのセット)、およびテーマの効果 (線と塗りの効果のセット) に一致します。

注: ユーザー独自のレイアウトまたはスタイルを作成することはできませんが、目的のグラフのレイアウトと書式が含まれたグラフ テンプレートを作成することができます。グラフ テンプレートの詳細については、「グラフ テンプレートを作成してグラフを再使用する」を参照してください。

グラフの外観を変更する方法の詳細については、「グラフのレイアウトやスタイルを変更する」を参照してください。

ページの先頭へ

グラフに目立つ書式を追加する

定義済みのグラフのスタイルを適用することに加えて、データ マーカー、グラフ エリア、プロット エリア、タイトルとラベルの数値やテキストなど、グラフの個別の要素に書式を簡単に適用し、独自の目立つ外観をグラフに設定することができます。図のスタイルやワードアートのスタイルを適用できますが、グラフ要素の図やテキストに書式を設定することもできます。

書式の追加では、次のことができます。

  • グラフ要素を塗りつぶす    色、テクスチャ、図、およびグラデーションを使用して、特定のグラフ要素に注意を引きつけることができます。

  • グラフ要素のアウトラインを変更する    色、線のスタイル、および線の太さを使用して、グラフ要素を強調することができます。

  • グラフ要素に特殊効果を追加する    影、反射、光彩、ぼかし、面取り、3-D 回転などの特殊効果をグラフ要素の図に適用し、グラフの外観をしあげることができます。

  • テキストと数値に書式を設定する    ワークシートのテキストや数値と同じように、グラフのタイトル、ラベル、およびテキスト ボックスのテキストや数値に書式を設定することができます。テキストや数値を目立たせるには、ワードアートのスタイルを適用することもできます。

グラフ要素の書式設定の詳細については、「グラフ要素の書式を設定する」を参照してください。

ページの先頭へ

グラフ テンプレートを作成してグラフを再使用する

自分の必要性に合わせてカスタマイズしたグラフの種類を再利用するには、そのグラフをグラフ テンプレート (*.crtx) としてグラフ テンプレート フォルダに保存します。グラフを作成するときは、組み込みのグラフの種類と同じように、グラフ テンプレートを適用できます。グラフ テンプレートは実際のグラフの種類であり、これを使用して既存のグラフのグラフの種類を変更することもできます。

グラフ テンプレートを頻繁に使用する場合は、既定のグラフの種類として保存することができます。

注: グラフ テンプレートはドキュメントのテーマには基づいていません。グラフ テンプレートを使用して作成するグラフで、テーマの色、テーマのフォント、およびテーマの効果を使用するには、グラフにスタイルを適用できます。グラフ スタイルにより、グラフのテーマがドキュメントのテーマにリセットされます。詳細については、「定義済みのグラフ スタイルおよびグラフ レイアウトを使用して本格的な外観を設定する」を参照してください。

グラフ テンプレートの使用方法の詳細については、「グラフ テンプレートを作成、適用、削除する」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×