グラフを Excel スプレッドシートから Word に挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel のスプレッドシートから Word の文書にグラフを挿入する最も簡単な方法は、コピー コマンドと貼り付けコマンドを使う方法です。

コピーを使用して、Word の documement にグラフを挿入して貼り付ける.

Word から出ることなく、グラフの変更、更新、およびデザイン変更を行うことができます。また、Excel でデータを変更した場合、Word のグラフを自動的に更新することができます。

Excel のグラフを Word で一から作成する方法については、「Word で Excel グラフを作成する」を参照してください。

  1. Excelグラフをクリックし、ctrl キーを押しながら C キーを押してや [ホーム] をクリックして >コピーします。

  2. Word 文書でグラフを表示する場所をクリックし、Ctrl + V キーを押すか、[ホーム] > [貼り付け] の順にクリックします。

    注: グラフは元の Excel スプレッドシートにリンクしています。スプレッドシートの中のデータが変化した場合は、グラフが自動的に更新されます。

グラフを更新する

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ ツール] の [デザイン] タブの [データ] グループで、[データの更新] をクリックします。

Word でグラフのデザインまたはデータを変更できます。

注: 図として挿入されたグラフを編集することはできませんが、調整することはできます。グラフをクリックし、[図ツール] の [書式] タブの [調整] グループで、オプションを選びます。

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ ツール] の [デザイン] タブの [データ] グループで、[データの編集] ボックスの一覧から次のいずれかを選びます。

    • Word で図を編集するには、[データの編集] を選びます。

    • [Excel でのデータの編集] を選びます。

グラフをクリックすると表示される 4 つのボタンを使って、Word 内でグラフを変更することもできます。

Word 文書に貼り付けた Excel のグラフと 4 つのレイアウト ボタンの画像

上から下に順番に、以下のボタンがあります。

  • レイアウト オプション
    オブジェクトの周囲のテキストとのやり取りを選択します。

  • グラフ要素
    追加、削除、または、タイトル、凡例、目盛線やデータ ラベルなどのグラフ要素を変更します。

  • グラフのスタイル
    グラフのスタイルと色のパターンを設定します。

  • グラフのフィルター
    名前は、グラフに表示される、どのようなデータ ポイントを編集できます。

使用可能なオプションを表示するには、いずれかのボタンをクリックします。

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ ツール] の [デザイン] タブの [データ] グループで、[データの編集] をクリックします。

    注: Excel でグラフが編集用に開きます。

Excel のグラフを Word に貼り付けるには、5 とおりの方法があります。そのうち 2 つのオプションでは、ブック全体のコピーが埋め込まれ、別の 2 つでは埋め込むのではなくグラフを元のブックにリンクした状態のままになり、最後の 1 つではグラフが画像に変換されます。これらのどのオプションでも望みどおりに貼り付けることができない場合は、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

Excel から

  • Excel で Word に貼り付けるグラフをクリックし、Ctrl + C キーを押すか、[ホーム] > [コピー] の順にクリックします。

Word で

  • Word で、[ホーム] をクリックし、[貼り付け] の一覧で、5 つの [貼り付けオプション] のいずれかを選びます。

    Excel のグラフを Word に貼り付けるための 5 つのオプションのボタン グループ

注: オプションの説明を表示するには、ボタンをポイントします。

貼り付けのオプション

配色テーマ

データの更新

貼り付け先のテーマを使用しブックを埋め込む

Word のテーマに合わせる

Excel ブックのコピーをグラフと共に埋め込みます。グラフは元のブックとはリンクされません。グラフを自動的に更新するには、埋め込まれたブックのデータを変更します。

元の書式を保持しブックを埋め込む

Excel のテーマのままにする

Excel ブックのコピーをグラフと共に埋め込みます。グラフは元のブックとはリンクされません。グラフを自動的に更新するには、埋め込まれたブックのデータを変更します。

貼り付け先テーマを使用しデータをリンク

これが既定の貼り付けオプションです (Ctrl + V)。

Word のテーマに合わせる

グラフの元のブックへのリンクを維持します。グラフを自動的に更新するには、元のブック内のデータを変更します。[グラフ ツールをクリックしてまた >デザイン>データの更新します。

元の書式を保持しデータをリンク

Excel のテーマのままにする

グラフを元のブックにリンクさせた状態のままにします。グラフを自動的に更新するには、元のブックのデータを変更します。または、[グラフ ツール] > [デザイン] > [データの更新] の順にクリックします。

画像になる

データの更新やグラフの編集はできませんが、グラフの外観を調整することはできます。[図ツール] の [書式] をクリックします。

リンクされたオブジェクトと埋め込みオブジェクトの主な違いは、データが保存されている場所と、Word 文書に挿入した後でデータを更新する方法です。

  • リンクされたオブジェクト
    Wordにリンクされているオブジェクトからの情報は、ソース ファイルが保存されているし、ソース ファイルが変更された場合に、更新することができます。ファイル サイズは制限がある場合は、リンク オブジェクトを使用します。

  • 埋め込みオブジェクト
    ソースExcelファイルを変更する場合、 Wordに埋め込まれたExcelオブジェクトからの情報は変更されません。埋め込まれているオブジェクトは、不要になったソース ファイルの一部を行った変更を反映されません。

  1. [挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックします。

  2. [オブジェクト] ダイアログ ボックスの [ファイルから] タブで、[参照] を選び、Word 文書に挿入するファイルを参照します。

  3. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • リンクされたオブジェクトとしてファイルを追加するには、[ファイルにリンク] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    • 埋め込みオブジェクトとしてファイルを追加するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

次の手順を実行するには、Excel ワークシートと Word 文書の両方を開くことが必要な場合があります。

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで、[オブジェクト] をクリックします。

  2. [オブジェクト] ダイアログ ボックスの [ファイルから] タブで、[参照] を選び、Word 文書に挿入するファイルを参照します。

  3. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • リンクされたオブジェクトとしてファイルを追加するには、[ファイルにリンク] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    • 埋め込みオブジェクトとしてファイルを追加するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×