グラフを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

グラフを作成した後で、データが最も適切に表示されるようにグラフをカスタマイズできます。 タイトル、グラフ領域、プロット エリア、データ系列、軸などの各グラフ要素を書式設定できます。

重要: Excel を作成または変更するグラフがインストールが必要です。Excel のコピーは、 Microsoft Web サイトに注文できます。

吹き出しのある Office グラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 プロット エリア

吹き出し 3 凡例

吹き出し 4 軸ラベル

吹き出し 5 軸ラベル

吹き出し 6 目盛

吹き出し 7 目盛線

注: このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

Word 2016 for Mac、PowerPoint 2016 for Mac、および Excel 2016 for mac でグラフをカスタマイズするのには、次の手順を実行します。

グラフにグラフ タイトルを追加できます。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. [グラフ要素を追加] をクリックして >グラフ タイトル] したいタイトル オプションをクリックします。

  4. グラフ タイトル] ボックスにタイトルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

グラフの軸ごとにラベルを追加できます。 通常、軸ラベルは、3-D グラフの奥行き (系列) 軸も含め、グラフに表示されるすべての軸で使用できます。

ただし、グラフの種類によっては、レーダー チャートのように、軸があっても軸ラベルを表示できない場合があります。 円グラフやドーナツ グラフなど、軸のない種類のグラフには、軸ラベルを表示することはできません。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. [グラフ要素を追加] をクリックして >軸ラベル、し、[軸タイトル オプションを選択します。

  4. 軸タイトル] ボックスにテキストを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

横軸の場合、プロット エリアの左側または右側に軸を追加して配置できます。 縦軸の場合、プロット エリアの上部または下部に軸を追加して配置できます。

注: 横棒グラフと縦棒グラフでオプションが逆になる場合があります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. グラフ要素を追加] をクリックして >>軸の他のオプション

  4. 軸の書式設定] ウィンドウで、ラベルを展開し、希望するオプションを選択します。ラベルの間隔、軸ラベルの位置からまでの距離を変更することができます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションは使用できないことがあります。

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. グラフ要素を追加] をクリックして >凡例します。

  4. 凡例の位置を変更するには、、またはを選択します。凡例の書式を変更するには、その他の凡例オプション] をクリックし、必要な書式設定の変更を加えます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションは使用できないことがあります。

データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. グラフ要素を追加] をクリックして >データ ラベル

  4. データ ラベルの位置を選択します。詳細については、その他のデータ ラベル オプション] をクリックし、データ ラベル] ウィンドウ内の適切なオプションを選択します。

軸を書式設定すると、選択した間隔で目盛および補助目盛を表示できます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. グラフ要素を追加] をクリックして >>軸の他のオプション

  4. 軸の書式設定] ウィンドウで、[目盛] を展開し、[マークの種類をおよび補助目盛のオプション] をクリックします。

    目盛線を追加した後、記号の間の間隔] ボックスの値を変更することで目盛間の間隔を変更できます。

グラフのデータを読みやすくするために、グラフのプロット エリア全体に引かれた横および縦の目盛線を表示できます。 3-D グラフでは奥行き方向の目盛線を表示することもできます。 目盛線は、主単位および補助単位に対して表示でき、軸上の目盛および補助目盛に合わせて表示されます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフのデザイン] タブのをクリックします。

  3. グラフ要素を追加] をクリックして >枠線です。

  4. 目盛線を適用または目盛の書式設定] ウィンドウを開くには、その他の枠線のオプション] をクリックする軸を選択します。線の透明度を変更し、矢印を追加する、影、光彩、ソフト エッジの効果を適用できます。

    データ テーブルやグラフの種類によっては、目盛線の一部のオプションを使用できない場合があります。

Word

グラフにグラフ タイトルを追加できます。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. [グラフ タイトル] ボックスで、グラフのタイトルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

グラフの軸ごとにラベルを追加できます。 通常、軸ラベルは、3-D グラフの奥行き (系列) 軸も含め、グラフに表示されるすべての軸で使用できます。

ただし、グラフの種類によっては、レーダー チャートのように、軸があっても軸ラベルを表示できない場合があります。 円グラフやドーナツ グラフなど、軸のない種類のグラフには、軸ラベルを表示することはできません。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、ラベルを追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. [軸ラベル] ボックスでテキストを選び、軸ラベルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

横軸の場合、プロット エリアの左側または右側に軸を追加して配置できます。 縦軸の場合、プロット エリアの上部または下部に軸を追加して配置できます。

注: 横棒グラフと縦棒グラフでオプションが逆になる場合があります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] の [] をクリックし、目的の横軸または縦軸をポイントしてから、使用する軸ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

既定では、グラフ内の各軸の目盛の最小値および最大値は自動的に計算されます。 ただし、必要に応じて目盛をカスタマイズできます。 たとえば、データ テーブル内のすべてのデータ要素が 60 と 90 の間にある場合、値軸 (y) の範囲は 0 ~ 100 よりも 50 ~ 100 の方が便利です。 値軸が非常に大きい範囲をカバーする場合、軸を対数目盛り (対数目盛とも呼ばれます) に変更することもできます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  4. ナビゲーション ウインドウで、[目盛] をクリックし、[横軸目盛] または [縦軸目盛] に、必要なオプションを入力します。

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. 凡例の位置を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、目的の凡例の位置をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. 凡例の書式を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、[凡例のオプション] をクリックしてから、書式の変更を加えます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの上の部分で、目的のデータ ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの下の部分で、データ ラベルを表示する場所をクリックします。

軸を書式設定すると、選択した間隔で目盛および補助目盛を表示できます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  4. ナビゲーション ウインドウで [種類] をクリックし、目盛および補助目盛のオプションをクリックします。

    目盛を追加した後で目盛間の間隔を変更するには、ナビゲーション ウインドウで [目盛] をクリックし、必要な変更を加えます。

グラフのデータを読みやすくするために、グラフのプロット エリア全体に引かれた横および縦の目盛線を表示できます。 3-D グラフでは奥行き方向の目盛線を表示することもできます。 目盛線は、主単位および補助単位に対して表示でき、軸上の目盛および補助目盛に合わせて表示されます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線を追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    注: データ テーブルやグラフの種類によっては、目盛線の一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線の書式を設定する軸をポイントしてから、[目盛線のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  4. ナビゲーション ウインドウで、[]、[]、または [光彩とぼかし] をクリックし、目的の設定を変更します。

PowerPoint

グラフにグラフ タイトルを追加できます。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [グラフ タイトル] ボックスで、グラフのタイトルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

グラフの軸ごとにラベルを追加できます。 通常、軸ラベルは、3-D グラフの奥行き (系列) 軸も含め、グラフに表示されるすべての軸で使用できます。

ただし、グラフの種類によっては、レーダー チャートのように、軸があっても軸ラベルを表示できない場合があります。 円グラフやドーナツ グラフなど、軸のない種類のグラフには、軸ラベルを表示することはできません。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、ラベルを追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [軸ラベル] ボックスでテキストを選び、軸ラベルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

横軸の場合、プロット エリアの左側または右側に軸を追加して配置できます。 縦軸の場合、プロット エリアの上部または下部に軸を追加して配置できます。

注: 横棒グラフと縦棒グラフでオプションが逆になる場合があります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] の [] をクリックし、目的の横軸または縦軸をポイントしてから、使用する軸ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

既定では、グラフ内の各軸の目盛の最小値および最大値は自動的に計算されます。 ただし、必要に応じて目盛をカスタマイズできます。 たとえば、データ テーブル内のすべてのデータ要素が 60 と 90 の間にある場合、値軸 (y) の範囲は 0 ~ 100 よりも 50 ~ 100 の方が便利です。 値軸が非常に大きい範囲をカバーする場合、軸を対数目盛り (対数目盛とも呼ばれます) に変更することもできます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで、[目盛] をクリックし、[横軸目盛] または [縦軸目盛] に、必要なオプションを入力します。

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. 凡例の位置を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、目的の凡例の位置をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. 凡例の書式を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、[凡例のオプション] をクリックしてから、書式の変更を加えます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの上の部分で、目的のデータ ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの下の部分で、データ ラベルを表示する場所をクリックします。

軸を書式設定すると、選択した間隔で目盛および補助目盛を表示できます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで [種類] をクリックし、目盛および補助目盛のオプションをクリックします。

    目盛を追加した後で目盛間の間隔を変更するには、ナビゲーション ウインドウで [目盛] をクリックし、必要な変更を加えます。

グラフのデータを読みやすくするために、グラフのプロット エリア全体に引かれた横および縦の目盛線を表示できます。 3-D グラフでは奥行き方向の目盛線を表示することもできます。 目盛線は、主単位および補助単位に対して表示でき、軸上の目盛および補助目盛に合わせて表示されます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線を追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    注: データ テーブルやグラフの種類によっては、目盛線の一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線の書式を設定する軸をポイントしてから、[目盛線のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで、[]、[]、または [光彩とぼかし] をクリックし、目的の設定を変更します。

Excel

グラフにグラフ タイトルを追加できます。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [グラフ タイトル] ボックスで、グラフのタイトルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

グラフの軸ごとにラベルを追加できます。 通常、軸ラベルは、3-D グラフの奥行き (系列) 軸も含め、グラフに表示されるすべての軸で使用できます。

ただし、グラフの種類によっては、レーダー チャートのように、軸があっても軸ラベルを表示できない場合があります。 円グラフやドーナツ グラフなど、軸のない種類のグラフには、軸ラベルを表示することはできません。

タイトルと軸を持つグラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 軸ラベル

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、ラベルを追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [軸ラベル] ボックスでテキストを選び、軸ラベルを入力します。

    ラベルを書式設定するには、ラベル ボックスのテキストを選んで、[ホーム] タブの [フォント] で目的の書式を選びます。

横軸の場合、プロット エリアの左側または右側に軸を追加して配置できます。 縦軸の場合、プロット エリアの上部または下部に軸を追加して配置できます。

注: 横棒グラフと縦棒グラフでオプションが逆になる場合があります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] の [] をクリックし、目的の横軸または縦軸をポイントしてから、使用する軸ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

既定では、グラフ内の各軸の目盛の最小値および最大値は自動的に計算されます。 ただし、必要に応じて目盛をカスタマイズできます。 たとえば、データ テーブル内のすべてのデータ要素が 60 と 90 の間にある場合、値軸 (y) の範囲は 0 ~ 100 よりも 50 ~ 100 の方が便利です。 値軸が非常に大きい範囲をカバーする場合、軸を対数目盛り (対数目盛とも呼ばれます) に変更することもできます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで、[目盛] をクリックし、[横軸目盛] または [縦軸目盛] に、必要なオプションを入力します。

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. 凡例の位置を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、目的の凡例の位置をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. 凡例の書式を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、[凡例のオプション] をクリックしてから、書式の変更を加えます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの上の部分で、目的のデータ ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [ラベル] で [データ ラベル] をクリックし、リストの下の部分で、データ ラベルを表示する場所をクリックします。

軸を書式設定すると、選択した間隔で目盛および補助目盛を表示できます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [] をクリックし、変更する軸をポイントしてから、[軸のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで [種類] をクリックし、目盛および補助目盛のオプションをクリックします。

    目盛を追加した後で目盛間の間隔を変更するには、ナビゲーション ウインドウで [目盛] をクリックし、必要な変更を加えます。

グラフのデータを読みやすくするために、グラフのプロット エリア全体に引かれた横および縦の目盛線を表示できます。 3-D グラフでは奥行き方向の目盛線を表示することもできます。 目盛線は、主単位および補助単位に対して表示でき、軸上の目盛および補助目盛に合わせて表示されます。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線を追加する軸をポイントしてから、目的のオプションをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    注: データ テーブルやグラフの種類によっては、目盛線の一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [] で [目盛線] をクリックし、目盛線の書式を設定する軸をポイントしてから、[目盛線のオプション] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

  3. ナビゲーション ウインドウで、[]、[]、または [光彩とぼかし] をクリックし、目的の設定を変更します。

関連項目

グラフを作成する

グラフの種類

オブジェクトまたは文字列間で書式をコピーする

グラフのデータを編集する

アニメーションのテキスト、オブジェクト、および PowerPoint for Mac のグラフ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×