グラフを作成する

このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

Office プログラム別の設定方法

Word

PowerPoint

Excel

Word

グラフではデータがグラフィック形式で表示されます。 そのため、ユーザーや出席者はデータ間の関係を視覚化できます。 グラフの作成時にはさまざまなグラフの種類 (積み上げ縦棒グラフや 3D 分割円グラフなど) から選択できます。 グラフは、作成後にグラフ クイック レイアウトやスタイルを適用してカスタマイズすることができます。

重要: グラフを作成または変更するには、Excel をインストールしておく必要があります。Excel のコピーは、 Microsoft Web サイトに注文できます。

グラフ要素について

グラフには、タイトル、軸ラベル、凡例、目盛線など、いくつかの要素があります。 これらの要素の表示と非表示を切り替えることができ、その位置と書式も変更できます。

吹き出しのある Office グラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 プロット エリア

吹き出し 3 凡例

吹き出し 4 軸ラベル

吹き出し 5 軸ラベル

吹き出し 6 目盛

吹き出し 7 目盛線

グラフを作成する

グラフは、Excel、Word、PowerPoint で作成できます。 ただし、グラフ データは Excel シートに入力および保存されることになります。 Word または PowerPoint にグラフを挿入すると、新しいシートが Excel で開きます。 グラフを含む Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションを保存すると、グラフの元となっている Excel データが自動的に Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションに保存されます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. [グラフ] タブの [グラフの挿入] でグラフの種類をクリックし、追加するグラフをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフの挿入] グループ

    Word または PowerPoint にグラフを挿入すると、サンプル データの表を含む Excel シートが開きます。

  3. Excel でこのサンプル データを、グラフ内にプロットしたいデータと置き換えます。 別の表に既にデータがある場合は、その表からデータをコピーし、サンプル データに貼り付けることもできます。 グラフの種類に合わせてデータを配置する方法のガイドラインについては、次の表を参照してください。

グラフの種類

データの配置方法

面、横棒、縦棒、ドーナツ、折れ線、レーダー、または 3-D 等高線グラフ

列または行で、次の例のようにします。

系列 1

系列 2

カテゴリ A

10

12

カテゴリ B

11

14

カテゴリ C

9

15

または

カテゴリ A

カテゴリ B

系列 1

10

11

系列 2

12

14

バブル チャート

次の例のように、列で 1 列目に x 値を配置し、対応する y 値とバブル サイズ値を隣接する列に配置します。

x の値

y の値 1

サイズ 1

0.7

2.7

4

1.8

3.2

5

2.6

0.08

6

円グラフ

1 つのデータ列またはデータ行と、1 つの列または行のデータ ラベルで、次の例のようにします。

売上

第 1 四半期

25

第 2 四半期

30

第 3 四半期

45

または

第 1 四半期

第 2 四半期

第 3 四半期

売上

25

30

45

株価チャート

次の順序の列または行で銘柄または日付をラベルとして使用して、次の例のようにします。

始値

高値

安値

終値

2002/01/05

44

55

11

25

2002/01/06

25

57

12

38

または

2002/01/05

2002/01/06

始値

44

25

高値

55

57

安値

11

12

終値

25

38

XY (散布) 図

列で、1 列目に x 値を配置し、対応する y 値を隣接する列に配置して、次の例のようにします。

x の値

y の値 1

0.7

2.7

1.8

3.2

2.6

0.08

または

x の値

0.7

1.8

2.6

y の値 1

2.7

3.2

0.08

  1. グラフに含まれる行および列の数を変更するには、選択されているデータの右下隅にポインターを合わせ、追加のデータをドラッグして選びます。 次の例では、表が追加の項目とデータ系列を含むように拡張されています。

    Office グラフ用の追加データを選択

  2. 変更結果を見るには、Word に切り替えます。

    注: グラフを含む Word 文書を閉じると、そのグラフの Excel データの表が自動的に閉じられます。

強調されるグラフ軸を変更する

グラフを作成した後に、表の行と列がグラフにプロットされる方法を変更することができます。  たとえば、グラフの最初のバージョンがグラフの縦軸 (値) 上に表の行データをプロットしていて、横 (カテゴリ) 軸上に表の列データをプロットしているとします。 次のグラフの例では、楽器単位で販売数が強調されています。

カテゴリ別売上高を示したグラフ

ここで、グラフで月ごとの販売数を強調したい場合、グラフのプロット方法を逆にすることができます。

月別売上高を示したグラフ

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックします。

  3. [グラフ] タブの [データ] で、[行の切り替え] 系列を行でプロット または [列の切り替え系列を列でプロット をクリックします。

    [グラフ] タブの [データ] グループ

    行/列の切り替えが使用できない場合

    行/列の切り替えは、グラフの Excel データ表を開いているときに、特定の種類のグラフにのみ使用できます。

    1. グラフをクリックします。

    2. [グラフ] タブの [データ] で [編集] の横にある矢印をクリックし、[Excel でデータを編集] [グラフ] タブの [データ] グループ をクリックします。

定義済みのグラフのレイアウトを適用する

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックします。

  3. [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] で、目的のレイアウトをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] グループ

    他のレイアウトを表示するには、レイアウトをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したクイック レイアウトをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

定義済みのグラフ スタイルを適用する

グラフのスタイルとは、グラフに適用できる一連の補足的な色と効果です。 グラフのスタイルを選択すると、変更がそのグラフ全体に反映されます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックします。

  3. [グラフ] タブの [グラフのスタイル] で、目的のスタイルをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ スタイル] グループ

    他のスタイルを表示するには、スタイルをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したスタイルをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

グラフ タイトルを追加する

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. [グラフ タイトル] ボックスで、テキストを選び、グラフのタイトルを入力します。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

グラフの種類

PowerPoint

グラフではデータがグラフィック形式で表示されます。 そのため、ユーザーや出席者はデータ間の関係を視覚化できます。 グラフの作成時にはさまざまなグラフの種類 (積み上げ縦棒グラフや 3D 分割円グラフなど) から選択できます。 グラフは、作成後にグラフ クイック レイアウトやスタイルを適用してカスタマイズすることができます。

重要: グラフを作成または変更するには、Excel をインストールしておく必要があります。Excel のコピーは、 Microsoft Web サイトに注文できます。

グラフ要素について

グラフには、タイトル、軸ラベル、凡例、目盛線など、いくつかの要素があります。 これらの要素の表示と非表示を切り替えることができ、その位置と書式も変更できます。

吹き出しのある Office グラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 プロット エリア

吹き出し 3 凡例

吹き出し 4 軸ラベル

吹き出し 5 軸ラベル

吹き出し 6 目盛

吹き出し 7 目盛線

グラフを作成する

グラフは、Excel、Word、PowerPoint で作成できます。 ただし、グラフ データは Excel シートに入力および保存されることになります。 Word または PowerPoint にグラフを挿入すると、新しいシートが Excel で開きます。 グラフを含む Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションを保存すると、グラフの元となっている Excel データが自動的に Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションに保存されます。

  1. [グラフ] タブの [グラフの挿入] でグラフの種類をクリックし、追加するグラフをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフの挿入] グループ

    Word または PowerPoint にグラフを挿入すると、サンプル データの表を含む Excel シートが開きます。

  2. Excel でこのサンプル データを、グラフ内にプロットしたいデータと置き換えます。 別の表に既にデータがある場合は、その表からデータをコピーし、サンプル データに貼り付けることもできます。 グラフの種類に合わせてデータを配置する方法のガイドラインについては、次の表を参照してください。

グラフの種類

データの配置方法

面、横棒、縦棒、ドーナツ、折れ線、レーダー、または 3-D 等高線グラフ

列または行で、次の例のようにします。

系列 1

系列 2

カテゴリ A

10

12

カテゴリ B

11

14

カテゴリ C

9

15

または

カテゴリ A

カテゴリ B

系列 1

10

11

系列 2

12

14

バブル チャート

次の例のように、列で 1 列目に x 値を配置し、対応する y 値とバブル サイズ値を隣接する列に配置します。

x の値

y の値 1

サイズ 1

0.7

2.7

4

1.8

3.2

5

2.6

0.08

6

円グラフ

1 つのデータ列またはデータ行と、1 つの列または行のデータ ラベルで、次の例のようにします。

売上

第 1 四半期

25

第 2 四半期

30

第 3 四半期

45

または

第 1 四半期

第 2 四半期

第 3 四半期

売上

25

30

45

株価チャート

次の順序の列または行で銘柄または日付をラベルとして使用して、次の例のようにします。

始値

高値

安値

終値

2002/01/05

44

55

11

25

2002/01/06

25

57

12

38

または

2002/01/05

2002/01/06

始値

44

25

高値

55

57

安値

11

12

終値

25

38

XY (散布) 図

列で、1 列目に x 値を配置し、対応する y 値を隣接する列に配置して、次の例のようにします。

x の値

y の値 1

0.7

2.7

1.8

3.2

2.6

0.08

または

x の値

0.7

1.8

2.6

y の値 1

2.7

3.2

0.08

  1. グラフに含まれる行および列の数を変更するには、選択されているデータの右下隅にポインターを合わせ、追加のデータをドラッグして選びます。 次の例では、表が追加の項目とデータ系列を含むように拡張されています。

    Office グラフ用の追加データを選択

  2. 変更結果を見るには、PowerPoint に切り替えます。

    注: グラフを含む PowerPoint プレゼンテーションを閉じると、そのグラフの Excel データの表が自動的に閉じられます。

強調されるグラフ軸を変更する

グラフを作成した後に、表の行と列がグラフにプロットされる方法を変更することができます。  たとえば、グラフの最初のバージョンがグラフの縦軸 (値) 上に表の行データをプロットしていて、横 (カテゴリ) 軸上に表の列データをプロットしているとします。 次のグラフの例では、楽器単位で販売数が強調されています。

カテゴリ別売上高を示したグラフ

ここで、グラフで月ごとの販売数を強調したい場合、グラフのプロット方法を逆にすることができます。

月別売上高を示したグラフ

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [データ] で、[行の切り替え] 系列を行でプロット または [列の切り替え系列を列でプロット をクリックします。

    [グラフ] タブの [データ] グループ

    行/列の切り替えが使用できない場合

    行/列の切り替えは、グラフの Excel データ表を開いているときに、特定の種類のグラフにのみ使用できます。

    1. グラフをクリックします。

    2. [グラフ] タブの [データ] で [編集] の横にある矢印をクリックし、[Excel でデータを編集] [グラフ] タブの [データ] グループ をクリックします。

定義済みのグラフのレイアウトを適用する

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] で、目的のレイアウトをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] グループ

    他のレイアウトを表示するには、レイアウトをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したクイック レイアウトをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

定義済みのグラフ スタイルを適用する

グラフのスタイルとは、グラフに適用できる一連の補足的な色と効果です。 グラフのスタイルを選択すると、変更がそのグラフ全体に反映されます。

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [グラフのスタイル] で、目的のスタイルをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ スタイル] グループ

    他のスタイルを表示するには、スタイルをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したスタイルをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

グラフ タイトルを追加する

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [グラフ タイトル] ボックスで、テキストを選び、グラフのタイトルを入力します。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

グラフの種類

アニメーションのテキスト、オブジェクト、および PowerPoint for Mac のグラフ

Excel

グラフではデータがグラフィック形式で表示されます。 そのため、ユーザーや出席者はデータ間の関係を視覚化できます。 グラフの作成時にはさまざまなグラフの種類 (積み上げ縦棒グラフや 3D 分割円グラフなど) から選択できます。 グラフは、作成後にグラフ クイック レイアウトやスタイルを適用してカスタマイズすることができます。

注: 以前のグラフ ウィザードは、Excel for Mac 2011 の Excel ブック ギャラリーに置き換わりました。 デフォルトでは、Excel を開くと Excel ブック ギャラリーが開きます。 このギャラリーから、テンプレートを参照し、その 1 つに基づいて新しいブックを作成できます。 Excel ブック ギャラリーが表示されない場合は、[ファイル] メニューの [テンプレートから新規作成] をクリックします。

グラフ要素について

グラフには、タイトル、軸ラベル、凡例、目盛線など、いくつかの要素があります。 これらの要素の表示と非表示を切り替えることができ、その位置と書式も変更できます。

吹き出しのある Office グラフ

吹き出し 1 グラフ タイトル

吹き出し 2 プロット エリア

吹き出し 3 凡例

吹き出し 4 軸ラベル

吹き出し 5 軸ラベル

吹き出し 6 目盛

吹き出し 7 目盛線

グラフを作成する

  1. グラフにプロットするデータをシート上に配置します。 グラフの種類に合わせてデータを配置する方法のガイドラインについては、次の表を参照してください。

グラフの種類

データの配置方法

面、横棒、縦棒、ドーナツ、折れ線、レーダー、または 3-D 等高線グラフ

列または行で、次の例のようにします。

系列 1

系列 2

カテゴリ A

10

12

カテゴリ B

11

14

カテゴリ C

9

15

または

カテゴリ A

カテゴリ B

系列 1

10

11

系列 2

12

14

バブル チャート

次の例のように、列で 1 列目に x 値を配置し、対応する y 値とバブル サイズ値を隣接する列に配置します。

x の値

y の値 1

サイズ 1

0.7

2.7

4

1.8

3.2

5

2.6

0.08

6

円グラフ

1 つのデータ列またはデータ行と、1 つの列または行のデータ ラベルで、次の例のようにします。

売上

第 1 四半期

25

第 2 四半期

30

第 3 四半期

45

または

第 1 四半期

第 2 四半期

第 3 四半期

売上

25

30

45

株価チャート

次の順序の列または行で銘柄または日付をラベルとして使用して、次の例のようにします。

始値

高値

安値

終値

2002/01/05

44

55

11

25

2002/01/06

25

57

12

38

または

2002/01/05

2002/01/06

始値

44

25

高値

55

57

安値

11

12

終値

25

38

XY (散布) 図

列で、1 列目に x 値を配置し、対応する y 値を隣接する列に配置して、次の例のようにします。

x の値

y の値 1

0.7

2.7

1.8

3.2

2.6

0.08

または

x の値

0.7

1.8

2.6

y の値 1

2.7

3.2

0.08

  1. グラフに表示する行と列の範囲を選びます。

  2. [グラフ] タブの [グラフの挿入] でグラフの種類をクリックし、追加するグラフをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフの挿入] グループ

  3. グラフに含まれる行および列の数を変更するには、選択されているデータの右下隅にポインターを合わせ、追加のデータをドラッグして選びます。 次の例では、表が追加の項目とデータ系列を含むように拡張されています。

    Excel グラフ用の追加データを選択

    ヒント: データがグラフに表示されないようにするには、表内で行と列を非表示にします。

強調されるグラフ軸を変更する

グラフを作成した後に、表の行と列がグラフにプロットされる方法を変更することができます。  たとえば、グラフの最初のバージョンがグラフの縦軸 (値) 上に表の行データをプロットしていて、横 (カテゴリ) 軸上に表の列データをプロットしているとします。 次のグラフの例では、楽器単位で販売数が強調されています。

カテゴリ別売上高を示したグラフ

ここで、グラフで月ごとの販売数を強調したい場合、グラフのプロット方法を逆にすることができます。

月別売上高を示したグラフ

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [データ] で、[行の切り替え] 系列を行でプロット または [列の切り替え系列を列でプロット をクリックします。

    Excel の [グラフ] タブの [データ] グループ

定義済みのグラフのレイアウトを適用する

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] で、目的のレイアウトをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ クイック レイアウト] グループ

    他のレイアウトを表示するには、レイアウトをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したクイック レイアウトをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

定義済みのグラフ スタイルを適用する

グラフのスタイルとは、グラフに適用できる一連の補足的な色と効果です。 グラフのスタイルを選択すると、変更がそのグラフ全体に反映されます。

  1. グラフをクリックします。

  2. [グラフ] タブの [グラフのスタイル] で、目的のスタイルをクリックします。

    [グラフ] タブの [グラフ スタイル] グループ

    他のスタイルを表示するには、スタイルをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    適用したスタイルをすぐに元に戻すには、 コマンド +Z キーを押します。

グラフ タイトルを追加する

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、目的のグラフをクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  3. [グラフ タイトル] ボックスで、テキストを選び、グラフのタイトルを入力します。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

グラフの種類

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×