グラフの近似曲線

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

近似曲線は、データの傾向を視覚的に示し、データの予測の問題を分析する場合に使います。この分析方法は、回帰分析とも呼ばれます。回帰分析を使うと、グラフの近似曲線を実測値の前方に延長して今後の傾向を予測できます。たとえば、次のグラフでは、これからの 4 四半期分の成長傾向を示した直線的な近似曲線が示されています。また、移動平均を作成すると、データの変動が滑らかになり、パターンや傾向をより明確に表示できます。

線形近似曲線が描かれたグラフ

移動平均   移動平均を作成すると、データの変動が滑らかになり、パターンや傾向をより明確に表示できます。

近似曲線をサポートするグラフの種類   近似曲線は、2-D 面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、株価チャート、バブル チャートまたは散布図のデータ系列に追加できます。3-D グラフ、面グラフ、積み上げ横棒グラフ、レーダー チャート、円グラフ、およびドーナツ グラフのデータ系列に近似曲線を追加することはできません。データ系列に近似曲線を追加した後、近似曲線を追加できない 3-D グラフなどにグラフやデータ系列を変更した場合、近似曲線は削除されます。

追加情報

データに最適な近似曲線を選択します。

近似曲線を計算するための数式

データ系列に近似曲線を追加します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×