グラフの誤差範囲

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

誤差範囲は、データ系列での各データ マーカーの相対的な潜在誤差をグラフで表示します。たとえば、実験の結果にプラス マイナス 5% の誤差を視覚的にグラフに表示できます。

誤差範囲を示すグラフ

誤差範囲を追加できるグラフの種類   誤差範囲は、面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、XY 散布図、およびバブル チャートのデータ系列に追加できます。XY 散布図とバブル チャートでは、x 値、y 値、または両方に対して誤差範囲を表示できます。

追加情報

データ系列に誤差範囲を追加します。

誤差範囲の計算の数式

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×