グラフの色、パターン、線の種類、塗りつぶし、枠線を変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次の手順を使用して、色を変更したり、テクスチャまたはパターンを適用したり、データマーカーの線幅または罫線スタイルを変更したり、2-d グラフと3-d グラフ内のグラフ領域、 プロット エリア、グリッド線、軸、目盛り、および誤差範囲を2-d チャートで示します。3-d グラフの壁と床。

  1. 変更するグラフ要素をダブルクリックします。

  2. 必要に応じて、[パターン] タブをクリックし、オプションを選択します。

    塗りつぶしを指定するには、[塗りつぶし効果] をクリックし、[グラデーション]、[テクスチャ]、[パターン] の各タブで必要なオプションを選択します。

注: 軸に書式を設定すると、その軸の目盛にも同じ書式が設定されます。目盛線の書式は、軸とは別に設定します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×