グラフの縦 (数値) 軸の目盛を変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定では、グラフの作成時に縦 (値) 軸 (y 軸ともいう) の目盛の最小値と最大値が Microsoft Office Excel によって決定されます。ただし、必要に応じて目盛をカスタマイズすることもできます。グラフにプロットされる値の範囲がとても大きい場合は、値軸を対数目盛に変更することもできます。

グラフの他の軸の目盛を変更する場合は、「グラフの横 (項目) 軸の目盛を変更する」または「グラフの奥行き (データ系列) 軸の目盛を変更する」を参照してください。

  1. グラフ上で変更する値軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素のリストから軸を選びます。

    1. グラフ内の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン] および [書式] の各タブが示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、[縦 (値) 軸] をクリックします。

      縦軸が選択されている現在の選択範囲

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [軸の書式設定] ダイアログ ボックスで [軸のオプション] をクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    重要    次の目盛設定オプションは、値軸が選択されている場合にのみ使用できます。

    1. 縦 (値) 軸の開始値または終了値となる数値を変更するには、[最小値] または [最大値] オプションの [最小値] ボックスまたは [最大値] ボックスに別の数値を入力します。必要に応じて [リセット] をクリックして、元の値に戻すことができます。

    2. 目盛とグラフの目盛線の間隔を変更するには、[目盛間隔] または [補助目盛間隔] オプションの [目盛間隔] ボックスまたは [補助目盛間隔] ボックスに別の数値を入力します。必要に応じて [リセット] をクリックして、元の値に戻すことができます。

    3. 値の順序を逆にするには、[軸を反転する] チェック ボックスをオンにします。

          縦 (値) 軸の値の表示順を上下反転させると、横 (項目) 軸の項目ラベルがグラフの下から上に移動します。同様に、項目の表示順を左右反転させると、値ラベルがグラフの左側から右側に移動します。

    4. 数値軸を対数に変更するには、[対数目盛] チェック ボックスをオンにします。

          対数目盛は、負の値または 0 には使用できません。

    5. 数値軸の表示単位を変更するには、[表示単位] リストで目的の単位を選びます。

      単位を説明するラベルを表示するには、[表示単位のラベルをグラフに表示する] チェック ボックスをオンにします。

      ヒント    表示単位の変更は、グラフの数値が大きいため、軸上で短くして見やすくする必要がある場合に便利です。たとえば、1,000,000 から 50,000,000 までの範囲のグラフ値を軸上では 1 から 50 と表示し、百万単位のラベルを表示することができます。

    6. 軸の目盛とラベルの配置を変更するには、[目盛] の下にある [目盛の種類] ボックスまたは [補助目盛の種類] ボックスで任意のオプションを選びます。

    7. [ラベル] の下のドロップダウン ボックスをクリックし、ラベルの位置を選択します。

    8. 横 (項目) 軸と縦 (値) 軸の交点を変更するには、[床面との交点] の [軸の値] をクリックし、テキスト ボックスに必要な数値を入力します。または、[軸の最大値] をクリックし、横 (項目) 軸と縦 (値) 軸が軸の最大値で交差するように指定します。

          [軸の最大値] をクリックすると、項目ラベルがグラフの反対側に移動します。

    [軸の書式設定] オプションのパネル

  1. グラフ上で変更する値軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素のリストから軸を選びます。

    1. グラフ内の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、[縦 (値) 軸] をクリックします。

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

    リボンの画像

  3. [軸の書式設定] ダイアログ ボックスで [軸のオプション] をクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    重要    次の目盛設定オプションは、値軸が選択されている場合にのみ使用できます。

    1. 縦 (値) 軸の開始値または終了値となる数値を変更するには、[最小値] または [最大値] オプションの [固定] をクリックし、[最小値] ボックスまたは [最大値] ボックスに別の数値を入力します。

    2. 目盛とグラフの目盛線の間隔を変更するには、[目盛間隔] または [補助目盛間隔] オプションの [固定] をクリックし、[目盛間隔] ボックスまたは [補助目盛間隔] ボックスに別の数値を入力します。

    3. 値の順序を逆にするには、[軸を反転する] チェック ボックスをオンにします。

          縦 (値) 軸の値の表示順を上下反転させると、横 (項目) 軸の項目ラベルがグラフの下から上に移動します。同様に、項目の表示順を左右反転させると、値ラベルがグラフの左側から右側に移動します。

    4. 数値軸を対数に変更するには、[対数目盛] チェック ボックスをオンにします。

          対数目盛は、負の値または 0 には使用できません。

    5. 数値軸の表示単位を変更するには、[表示単位] リストで目的の単位を選びます。

      単位を説明するラベルを表示するには、[表示単位のラベルをグラフに表示する] チェック ボックスをオンにします。

      ヒント    表示単位の変更は、グラフの数値が大きいため、軸上で短くして見やすくする必要がある場合に便利です。たとえば、1,000,000 から 50,000,000 までの範囲のグラフ値を軸上では 1 から 50 と表示し、百万単位のラベルを表示することができます。

    6. 軸の目盛とラベルの配置を変更するには、[目盛の種類]、[補助目盛の種類]、および [軸のラベル] の各ボックスでオプションのいずれかを選びます。

    7. 横 (項目) 軸と縦 (値) 軸の交点を変更するには、[横軸との交点] の [軸の値] をクリックし、テキスト ボックスに必要な数値を入力します。または、[軸の最大値] をクリックし、横 (項目) 軸と縦 (値) 軸が軸の最大値で交差するように指定します。

          [軸の最大値] をクリックすると、項目ラベルがグラフの反対側に移動します。

注: この記事のスクリーンショットは Excel 2016 で撮られたものです。別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

  1. この手順を使えるのは Word 2016 for Mac だけです。[表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックします。

  3. [書式] タブでは、ドロップダウン リストの縦 (数値) 軸をクリックし、[書式設定] ウィンドウ] をクリックします。

  4. [軸の書式設定] ダイアログ ボックスで [軸のオプション] をクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    重要    次の目盛設定オプションは、値軸が選択されている場合にのみ使用できます。

    1. 縦 (数値) 軸を開始または終了]、[最小値または最大値] オプションの数を変更するには、最小値] ボックスまたは最大値] ボックスに別の番号を入力します。必要な場合は、元の値に前面にリセット矢印をクリックすることができます。

    2. 目盛りの間隔を変更するのにはマークとに目盛または小区分] の [グラフの目盛線は目盛または小区分] ボックスで別の番号を入力します。必要な場合は、元の値に前面にリセット矢印をクリックすることができます。

    3. 値の順序を逆にするには、[軸を反転する] チェック ボックスをオンにします。

          縦 (値) 軸の値の表示順を上下反転させると、横 (項目) 軸の項目ラベルがグラフの下から上に移動します。同様に、項目の表示順を左右反転させると、値ラベルがグラフの左側から右側に移動します。

    4. 数値軸を対数に変更するには、[対数目盛] チェック ボックスをオンにします。

          対数目盛は、負の値または 0 には使用できません。

    5. 数値軸の表示単位を変更するには、[表示単位] リストで目的の単位を選びます。

      単位を説明するラベルを表示するには、[表示単位のラベルをグラフに表示する] チェック ボックスをオンにします。

      ヒント    表示単位の変更は、グラフの数値が大きいため、軸上で短くして見やすくする必要がある場合に便利です。たとえば、1,000,000 から 50,000,000 までの範囲のグラフ値を軸上では 1 から 50 と表示し、百万単位のラベルを表示することができます。

    6. 軸の目盛とラベルの配置を変更するには、[目盛] の下にある [目盛の種類] ボックスまたは [補助目盛の種類] ボックスで任意のオプションを選びます。

    7. [ラベル] の下のドロップダウン ボックスをクリックし、ラベルの位置を選択します。

    8. 横 (項目) 軸と縦 (値) 軸の交点を変更するには、[床面との交点] の [軸の値] をクリックし、テキスト ボックスに必要な数値を入力します。または、[軸の最大値] をクリックし、横 (項目) 軸と縦 (値) 軸が軸の最大値で交差するように指定します。

          [軸の最大値] をクリックすると、項目ラベルがグラフの反対側に移動します。

    [軸の書式設定] オプションのパネル

  1. この手順を使えるのは Word for Mac 2011 だけです。[表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [] をクリックして. >縦軸>軸のオプション

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    注: グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

  4. 軸の書式設定] ダイアログ ボックスで、拡大/縮小] をクリックし、[軸目盛] で、次のオプションのいずれかを変更します。

    • 縦 (数値) 軸を開始または終了]、[最小値または最大値] オプションの数を変更するには、最小値] ボックスまたは最大値] ボックスに別の番号を入力します。

    • 目盛りの間隔を変更するのにはマークとに目盛または小区分] の [グラフの目盛線は目盛または小区分] ボックスで別の番号を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

追加または縦軸ラベルの位置を変更します。

縦軸] には、追加し、軸上にプロット エリアの一番下に配置できます。

注: 横棒グラフと縦棒グラフでオプションが逆になる場合があります。

  1. この手順は Word for Mac 2011 にのみ適用されます。 [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [] で [] をクリックして. >縦軸]、使用する軸ラベルの種類をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [軸] グループ

    注: グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

ヒント

  • グラフに第 2 縦 (値) 軸が表示されている場合は、その軸の目盛を変更することもできます。第 2 縦軸の表示の詳細については、「グラフの第 2 軸を追加または削除する」を参照してください。

  • 散布図およびバブル チャートでは横 (項目) 軸と縦 (値) 軸の両方に値が表示されますが、折れ線グラフでは縦 (値) 軸のみに値が表示されます。この違いは、使用するグラフの種類を決定するうえで重要な意味を持ちます。折れ線グラフの横 (項目) 軸の目盛は、散布図で使用される縦 (値) 軸の目盛と同じ程度に変更することはできないため、軸の目盛を変更する必要がある場合や、対数目盛として表示する必要がある場合は、折れ線グラフではなく散布図の使用を検討してください。

  • 軸の目盛を変更した後で、軸の書式を変更することもできます。詳細については、「グラフの軸の表示を変更する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×