グラフの種類

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

Office プログラム別の設定方法

Word

PowerPoint

Excel

Word

Office のグラフ機能を使用すれば、Excel で目を引くグラフを作成してから文書に追加することが簡単にできます。

見る人にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフが利用できます。 ここでは、最も一般的なグラフの種類とその使用方法についていくつかの例を示します。

縦棒グラフ

縦棒グラフ

縦棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。縦棒グラフでは通常、横軸に沿って項目がまとめられ、縦軸に沿って数値がまとめられます。

縦棒グラフは、一定期間内にデータが変化する様子を示す場合や、項目間の比較を示す場合に役立ちます。

縦棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合縦棒グラフ   : 項目ごとに値を比較します。 集合縦棒グラフは、値を 2-D の縦長の四角形として表示します。 3-D 集合縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。

  • 積み上げ縦棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示して、項目ごとに値の相対関係を表示します。 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ積み上げる四角形として表示します。 3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 奥行きを使用してデータが表示されます。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ縦棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 100% 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ 100% 積み上げる四角形として表示します。 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 3-D 縦棒グラフ   : 変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) を使用します。データ要素を横軸と奥行き軸に沿って比較します。

  • 円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 縦棒グラフで用意されているものと同じてあるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げ、3-D として利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

折れ線グラフ

グラフの線

折れ線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 折れ線グラフは、時間的に連続するデータを共通の目盛で対比して表示できるため、等間隔でデータの傾向を示す場合に適しています。 折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。

折れ線グラフは、項目ラベルがテキストであり、月、四半期、会計年度など、等間隔を取った数値を表す場合に効果的です。

折れ線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合など、ある期間や順序がある項目の傾向を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの折れ線グラフを使用してください。

  • 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目によるデータの相対関係の変化を示します。 項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目による、データの全体に対する割合の変化を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 3-D 折れ線グラフ   : 各行または各列のデータを 3-D の線として示します。3-D 折れ線グラフには、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸があります。

円グラフ

円グラフ

円グラフには、Excel シートの 1 列または 1 行にのみ配置されたデータをプロットできます。円グラフは、1 つのデータ系列における各項目を全項目の総和に対する比率に応じたサイズで示します。円グラフのデータ要素は、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

プロットするデータ系列が 1 つだけであり、プロットする値に負の値がなく、プロットする値のほとんどがゼロ以外の値であり、項目数が 7 つ以下であり、項目が円全体の一部を表す場合に、円グラフの使用を検討してください。

円グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 円グラフ   : 全体に対する値の関係や比較を 2-D 形式または 3-D 形式で表します。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で引き出すこともできます。

  • 補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ   : メインの円グラフから抜粋されて、第 2 の円グラフまたは積み上げ棒グラフにまとめられた、ユーザー定義の値を使用して、円グラフを表示します。 これらのグラフは、メインの円グラフ内の小さな要素を識別しやすくする場合に役立ちます。

  • 分割円グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 分割円グラフは 3-D 形式で表示できます。 円の分割の設定は、すべての要素に対して変更することも、要素ごとに変更することもできます。 ただし、分割円の要素を手動で移動することはできません。

横棒グラフ

グラフのバー

横棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。

個々の項目を比較できる形で示すには、横棒グラフを使用します。

横棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合横棒グラフ   : 項目間の値を比較します。 集合横棒グラフでは通常、縦軸に沿って項目がまとめられ、横軸に沿って数値がまとめられます。 3-D 集合横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 積み上げ横棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示します。 3-D 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 3-D 100% 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 横方向の円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 横棒グラフで用意されているものと同じであるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げとして利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が、横長の四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

面グラフ

グラフ領域

面グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。プロットされた値の合計を表示して、面グラフは、全体と部分の関係も示します。

面グラフは、時間による変化の大きさを強調して、傾向全体の合計値に注意を促す場合に使用できます。 たとえば、面グラフに、収益を経時的に表すデータをプロットして、収益の合計を強調できます。

面グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 面グラフ   : 時間や他の項目データによる値の傾向を表します。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使用されます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

  • 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の相対関係の傾向を表します。 3-D 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の全体に対する割合の傾向を表します。 3-D 100% 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

XY (散布) 図

散布図

散布図には、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 散布図には、2 つの数値軸があります。 散布図は、1 つの組の数値データを横軸 (x 軸) に沿って、もう 1 つの組の数値データを縦軸 (y 軸) に沿って示します。 これらの値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。

散布図は、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、2 つのグループの数値を 1 系列の xy 座標としてプロットしたりします。 散布図は通常、科学データや統計データ、工学データのような数値データを表示または比較する場合に使用されます。

散布図には、次のようなグラフの形式があります。

  • 散布図 (マーカー付きのみ)   : 値の組を比較します。 多数のデータ要素があり、接続線のためにデータが読みにくくなる場合は、データ マーカー付きでも線なしの散布図を使用します。 データ要素の接続を示す必要がない場合も、このグラフの種類を使用できます。

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ滑らかな曲線 (平滑線) を表示します。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用してください。

  • 直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ直線を表示します。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

バブル チャート

バブル チャート

バブル チャートは、XY (散布) 図の一種であり、バブルのサイズで第 3 の変数の値を表します。

バブル チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート   : 2 つではなく 3 つの値の組を比較します。 第 3 の値で、バブル マーカーのサイズが決まります。 バブルを 2-D 形式で表示することも、3-D 効果付きで表示することもできます。

株価チャート

株価チャート

株価チャートには、Excel シートの列または行に特定の順序で配置されたデータをプロットできます。

名前が示すように、株価チャートは、株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。 ただし、このチャートは科学データに使用することもできます。 たとえば、株価チャートを使用して、毎日の気温や年間の気温の変動を示すことができます。

株価チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • 株価チャート (高値-安値-終値)    : 株価を示します。 この株価チャートでは、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 3 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (始値-高値-安値-終値)   : 始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (出来高-高値-安値-終値)   : 出来高、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。出来高を表すのに 2 つの数値軸が使用されます。1 つは出来高を表す縦棒に対しての数値軸、もう 1 つは株価に関する数値軸です。

  • 株価チャート (出来高-始値-高値-安値-終値)   : 出来高、始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 5 系列の値が必要です。

等高線グラフ

グラフの表面

等高線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。地形図の場合と同じように、値が同一である範囲にある各領域を色やパターンで表します。

等高線グラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。

等高線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 3-D 等高線グラフ   : 連続した曲線で 2 次元にわたる値の傾向を表示します。 等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではありません。 値の差を示したものです。 このグラフは、データを 3-D ビューで示します。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。 このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   : 線のみを表示します。 ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは、見やすくはありませんが、このグラフは、大きな組のデータの迅速なプロットに役立ちます。

  • 等高線グラフ   : 2-D の地形図のように、3-D 等高線グラフを真上から見たものです。この等高線グラフでは、値の特定の範囲がカラー バンドで表されます。等高線グラフ上の線は、値が等しい補間点をつないだものです。

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ   : 3-D 等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフは、表面のカラー バンドを表示しないで、線のみを表示します。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。代わりに、3-D 等高線グラフを使用できます。

ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフ

円グラフのように、ドーナツ グラフは、全体に対する部分部分の関係を示します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。 ドーナツ グラフの各リングは、データ系列を表します。

ドーナツ グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • ドーナツ グラフ   : データをリング状に表示します。各リングは 1 つのデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは全体で 100% になります。

  • 分割ドーナツ グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。

レーダー チャート

レーダー チャート

レーダー チャートでは、項目ごとに、中心点から放射状に伸びる専用の数値軸があります。 線は、同じ系列のすべての値をつなぎます。

複数のデータ系列の集計値を比較するには、レーダー チャートを使用します。

レーダー チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • レーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表します。

  • 塗りつぶしレーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表し、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

関連項目

グラフを作成する

グラフのデータを編集する

グラフに第 2 軸を追加する

組織図を作成する

PowerPoint

Office のグラフ機能を使用すれば、Excel で目を引くグラフを作成してからプレゼンテーションに追加することが簡単にできます。

見る人にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフが利用できます。 ここでは、最も一般的なグラフの種類とその使用方法についていくつかの例を示します。

縦棒グラフ

縦棒グラフ

縦棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。縦棒グラフでは通常、横軸に沿って項目がまとめられ、縦軸に沿って数値がまとめられます。

縦棒グラフは、一定期間内にデータが変化する様子を示す場合や、項目間の比較を示す場合に役立ちます。

縦棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合縦棒グラフ   : 項目ごとに値を比較します。 集合縦棒グラフは、値を 2-D の縦長の四角形として表示します。 3-D 集合縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。

  • 積み上げ縦棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示して、項目ごとに値の相対関係を表示します。 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ積み上げる四角形として表示します。 3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 奥行きを使用してデータが表示されます。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ縦棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 100% 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ 100% 積み上げる四角形として表示します。 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 3-D 縦棒グラフ   : 変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) を使用します。データ要素を横軸と奥行き軸に沿って比較します。

  • 円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 縦棒グラフで用意されているものと同じてあるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げ、3-D として利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

折れ線グラフ

グラフの線

折れ線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 折れ線グラフは、時間的に連続するデータを共通の目盛で対比して表示できるため、等間隔でデータの傾向を示す場合に適しています。 折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。

折れ線グラフは、項目ラベルがテキストであり、月、四半期、会計年度など、等間隔を取った数値を表す場合に効果的です。

折れ線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合など、ある期間や順序がある項目の傾向を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの折れ線グラフを使用してください。

  • 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目によるデータの相対関係の変化を示します。 項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目による、データの全体に対する割合の変化を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 3-D 折れ線グラフ   : 各行または各列のデータを 3-D の線として示します。3-D 折れ線グラフには、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸があります。

円グラフ

円グラフ

円グラフには、Excel シートの 1 列または 1 行にのみ配置されたデータをプロットできます。円グラフは、1 つのデータ系列における各項目を全項目の総和に対する比率に応じたサイズで示します。円グラフのデータ要素は、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

プロットするデータ系列が 1 つだけであり、プロットする値に負の値がなく、プロットする値のほとんどがゼロ以外の値であり、項目数が 7 つ以下であり、項目が円全体の一部を表す場合に、円グラフの使用を検討してください。

円グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 円グラフ   : 全体に対する値の関係や比較を 2-D 形式または 3-D 形式で表します。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で引き出すこともできます。

  • 補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ   : メインの円グラフから抜粋されて、第 2 の円グラフまたは積み上げ棒グラフにまとめられた、ユーザー定義の値を使用して、円グラフを表示します。 これらのグラフは、メインの円グラフ内の小さな要素を識別しやすくする場合に役立ちます。

  • 分割円グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 分割円グラフは 3-D 形式で表示できます。 円の分割の設定は、すべての要素に対して変更することも、要素ごとに変更することもできます。 ただし、分割円の要素を手動で移動することはできません。

横棒グラフ

グラフのバー

横棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。

個々の項目を比較できる形で示すには、横棒グラフを使用します。

横棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合横棒グラフ   : 項目間の値を比較します。 集合横棒グラフでは通常、縦軸に沿って項目がまとめられ、横軸に沿って数値がまとめられます。 3-D 集合横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 積み上げ横棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示します。 3-D 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 3-D 100% 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 横方向の円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 横棒グラフで用意されているものと同じであるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げとして利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が、横長の四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

面グラフ

グラフ領域

面グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。プロットされた値の合計を表示して、面グラフは、全体と部分の関係も示します。

面グラフは、時間による変化の大きさを強調して、傾向全体の合計値に注意を促す場合に使用できます。 たとえば、面グラフに、収益を経時的に表すデータをプロットして、収益の合計を強調できます。

面グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 面グラフ   : 時間や他の項目データによる値の傾向を表します。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使用されます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

  • 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の相対関係の傾向を表します。 3-D 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の全体に対する割合の傾向を表します。 3-D 100% 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

XY (散布) 図

散布図

散布図には、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 散布図には、2 つの数値軸があります。 散布図は、1 つの組の数値データを横軸 (x 軸) に沿って、もう 1 つの組の数値データを縦軸 (y 軸) に沿って示します。 これらの値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。

散布図は、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、2 つのグループの数値を 1 系列の xy 座標としてプロットしたりします。 散布図は通常、科学データや統計データ、工学データのような数値データを表示または比較する場合に使用されます。

散布図には、次のようなグラフの形式があります。

  • 散布図 (マーカー付きのみ)   : 値の組を比較します。 多数のデータ要素があり、接続線のためにデータが読みにくくなる場合は、データ マーカー付きでも線なしの散布図を使用します。 データ要素の接続を示す必要がない場合も、このグラフの種類を使用できます。

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ滑らかな曲線 (平滑線) を表示します。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用してください。

  • 直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ直線を表示します。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

バブル チャート

バブル チャート

バブル チャートは、XY (散布) 図の一種であり、バブルのサイズで第 3 の変数の値を表します。

バブル チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート   : 2 つではなく 3 つの値の組を比較します。 第 3 の値で、バブル マーカーのサイズが決まります。 バブルを 2-D 形式で表示することも、3-D 効果付きで表示することもできます。

株価チャート

株価チャート

株価チャートには、Excel シートの列または行に特定の順序で配置されたデータをプロットできます。

名前が示すように、株価チャートは、株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。 ただし、このチャートは科学データに使用することもできます。 たとえば、株価チャートを使用して、毎日の気温や年間の気温の変動を示すことができます。

株価チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • 株価チャート (高値-安値-終値)    : 株価を示します。 この株価チャートでは、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 3 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (始値-高値-安値-終値)   : 始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (出来高-高値-安値-終値)   : 出来高、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。出来高を表すのに 2 つの数値軸が使用されます。1 つは出来高を表す縦棒に対しての数値軸、もう 1 つは株価に関する数値軸です。

  • 株価チャート (出来高-始値-高値-安値-終値)   : 出来高、始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 5 系列の値が必要です。

等高線グラフ

グラフの表面

等高線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。地形図の場合と同じように、値が同一である範囲にある各領域を色やパターンで表します。

等高線グラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。

等高線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 3-D 等高線グラフ   : 連続した曲線で 2 次元にわたる値の傾向を表示します。 等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではありません。 値の差を示したものです。 このグラフは、データを 3-D ビューで示します。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。 このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   : 線のみを表示します。 ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは、見やすくはありませんが、このグラフは、大きな組のデータの迅速なプロットに役立ちます。

  • 等高線グラフ   : 2-D の地形図のように、3-D 等高線グラフを真上から見たものです。この等高線グラフでは、値の特定の範囲がカラー バンドで表されます。等高線グラフ上の線は、値が等しい補間点をつないだものです。

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ   : 3-D 等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフは、表面のカラー バンドを表示しないで、線のみを表示します。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。代わりに、3-D 等高線グラフを使用できます。

ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフ

円グラフのように、ドーナツ グラフは、全体に対する部分部分の関係を示します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。 ドーナツ グラフの各リングは、データ系列を表します。

ドーナツ グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • ドーナツ グラフ   : データをリング状に表示します。各リングは 1 つのデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは全体で 100% になります。

  • 分割ドーナツ グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。

レーダー チャート

レーダー チャート

レーダー チャートでは、項目ごとに、中心点から放射状に伸びる専用の数値軸があります。 線は、同じ系列のすべての値をつなぎます。

複数のデータ系列の集計値を比較するには、レーダー チャートを使用します。

レーダー チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • レーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表します。

  • 塗りつぶしレーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表し、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

関連項目

グラフを作成する

グラフのデータを編集する

グラフに第 2 軸を追加する

組織図を作成する

Excel

見る人にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフが利用できます。 ここでは、最も一般的なグラフの種類とその使用方法についていくつかの例を示します。

縦棒グラフ

縦棒グラフ

縦棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。縦棒グラフでは通常、横軸に沿って項目がまとめられ、縦軸に沿って数値がまとめられます。

縦棒グラフは、一定期間内にデータが変化する様子を示す場合や、項目間の比較を示す場合に役立ちます。

縦棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合縦棒グラフ   : 項目ごとに値を比較します。 集合縦棒グラフは、値を 2-D の縦長の四角形として表示します。 3-D 集合縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。

  • 積み上げ縦棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示して、項目ごとに値の相対関係を表示します。 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ積み上げる四角形として表示します。 3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 奥行きを使用してデータが表示されます。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ縦棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 100% 積み上げ縦棒グラフは、値を 2-D の縦方向へ 100% 積み上げる四角形として表示します。 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフは、3-D 奥行きを使用してデータを表示します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 3-D 縦棒グラフ   : 変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) を使用します。データ要素を横軸と奥行き軸に沿って比較します。

  • 円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 縦棒グラフで用意されているものと同じてあるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げ、3-D として利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

折れ線グラフ

グラフの線

折れ線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 折れ線グラフは、時間的に連続するデータを共通の目盛で対比して表示できるため、等間隔でデータの傾向を示す場合に適しています。 折れ線グラフでは、項目データが横軸に沿って等間隔に配置され、数値データが縦軸に沿って等間隔に配置されます。

折れ線グラフは、項目ラベルがテキストであり、月、四半期、会計年度など、等間隔を取った数値を表す場合に効果的です。

折れ線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 特に、データ要素が多い場合や、データ要素の表示順序が重要視される場合など、ある期間や順序がある項目の傾向を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの折れ線グラフを使用してください。

  • 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目によるデータの相対関係の変化を示します。 項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカー付きまたはマーカーなし)   : 時間や順序がある項目による、データの全体に対する割合の変化を示します。項目が多数ある場合や数値が概算値である場合には、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用してください。

  • 3-D 折れ線グラフ   : 各行または各列のデータを 3-D の線として示します。3-D 折れ線グラフには、変更可能な横軸、縦軸、奥行き軸があります。

円グラフ

円グラフ

円グラフには、Excel シートの 1 列または 1 行にのみ配置されたデータをプロットできます。円グラフは、1 つのデータ系列における各項目を全項目の総和に対する比率に応じたサイズで示します。円グラフのデータ要素は、全体に対する割合 (パーセンテージ) として表示されます。

プロットするデータ系列が 1 つだけであり、プロットする値に負の値がなく、プロットする値のほとんどがゼロ以外の値であり、項目数が 7 つ以下であり、項目が円全体の一部を表す場合に、円グラフの使用を検討してください。

円グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 円グラフ   : 全体に対する値の関係や比較を 2-D 形式または 3-D 形式で表します。円グラフの各要素を強調するため、それらを手動で引き出すこともできます。

  • 補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ   : メインの円グラフから抜粋されて、第 2 の円グラフまたは積み上げ棒グラフにまとめられた、ユーザー定義の値を使用して、円グラフを表示します。 これらのグラフは、メインの円グラフ内の小さな要素を識別しやすくする場合に役立ちます。

  • 分割円グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 分割円グラフは 3-D 形式で表示できます。 円の分割の設定は、すべての要素に対して変更することも、要素ごとに変更することもできます。 ただし、分割円の要素を手動で移動することはできません。

横棒グラフ

グラフのバー

横棒グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。

個々の項目を比較できる形で示すには、横棒グラフを使用します。

横棒グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 集合横棒グラフ   : 項目間の値を比較します。 集合横棒グラフでは通常、縦軸に沿って項目がまとめられ、横軸に沿って数値がまとめられます。 3-D 集合横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 積み上げ横棒グラフ   : 全体に対する個々の項目の関係を示します。 3-D 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 100% 積み上げ横棒グラフと 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ   : 項目ごとに値の全体に対する割合を比較します。 3-D 100% 積み上げ横棒グラフは、横長の四角形を 3-D 形式で表示します。 3 つの軸でデータを表示するわけではありません。

  • 横方向の円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ   : 横棒グラフで用意されているものと同じであるグラフの種類として、集合、積み上げ、100% 積み上げとして利用できます。 これらのグラフも、同じ方法でデータの表示と比較を行います。 唯一の違いは、これらのグラフの種類が、横長の四角形ではなく円柱、円錐、ピラミッドの形状を表示するという点です。

面グラフ

グラフ領域

面グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。プロットされた値の合計を表示して、面グラフは、全体と部分の関係も示します。

面グラフは、時間による変化の大きさを強調して、傾向全体の合計値に注意を促す場合に使用できます。 たとえば、面グラフに、収益を経時的に表すデータをプロットして、収益の合計を強調できます。

面グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 面グラフ   : 時間や他の項目データによる値の傾向を表します。3-D 面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、奥行き軸) が使用されます。積み上げ式でない面グラフでは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れてしまうことがあるため、一般的には、積み上げ式でない面グラフよりも折れ線グラフの利用をお勧めします。

  • 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の相対関係の傾向を表します。 3-D 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

  • 100% 積み上げ面グラフ   : 時間や項目データによる値の全体に対する割合の傾向を表します。 3-D 100% 積み上げ面グラフも同様に表示されますが、3-D 奥行きを使用します。 3-D 奥行きは、第 3 数値軸 (奥行き軸) が使用されないため、真の 3-D グラフではありません。

XY (散布) 図

散布図

散布図には、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。 散布図には、2 つの数値軸があります。 散布図は、1 つの組の数値データを横軸 (x 軸) に沿って、もう 1 つの組の数値データを縦軸 (y 軸) に沿って示します。 これらの値の組み合わせを 1 つのデータ要素とし、それらを不規則な間隔で (クラスターとして) 表示します。

散布図は、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、2 つのグループの数値を 1 系列の xy 座標としてプロットしたりします。 散布図は通常、科学データや統計データ、工学データのような数値データを表示または比較する場合に使用されます。

散布図には、次のようなグラフの形式があります。

  • 散布図 (マーカー付きのみ)   : 値の組を比較します。 多数のデータ要素があり、接続線のためにデータが読みにくくなる場合は、データ マーカー付きでも線なしの散布図を使用します。 データ要素の接続を示す必要がない場合も、このグラフの種類を使用できます。

  • 平滑線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ滑らかな曲線 (平滑線) を表示します。平滑線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。データ要素が多数存在する場合は、マーカーなしの平滑線を使用してください。

  • 直線付き散布図 (マーカー付きとマーカーなし)   : データ要素間をつなぐ直線を表示します。直線はマーカー付きで表示することもマーカーなしで表示することもできます。

バブル チャート

バブル チャート

バブル チャートは、XY (散布) 図の一種であり、バブルのサイズで第 3 の変数の値を表します。

バブル チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • バブル チャートと 3-D 効果付きバブル チャート   : 2 つではなく 3 つの値の組を比較します。 第 3 の値で、バブル マーカーのサイズが決まります。 バブルを 2-D 形式で表示することも、3-D 効果付きで表示することもできます。

株価チャート

株価チャート

株価チャートには、Excel シートの列または行に特定の順序で配置されたデータをプロットできます。

名前が示すように、株価チャートは、株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。 ただし、このチャートは科学データに使用することもできます。 たとえば、株価チャートを使用して、毎日の気温や年間の気温の変動を示すことができます。

株価チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • 株価チャート (高値-安値-終値)    : 株価を示します。 この株価チャートでは、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 3 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (始値-高値-安値-終値)   : 始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。

  • 株価チャート (出来高-高値-安値-終値)   : 出来高、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 4 系列の値が必要です。出来高を表すのに 2 つの数値軸が使用されます。1 つは出来高を表す縦棒に対しての数値軸、もう 1 つは株価に関する数値軸です。

  • 株価チャート (出来高-始値-高値-安値-終値)   : 出来高、始値、高値、安値、終値のように適切な順序になっている 5 系列の値が必要です。

等高線グラフ

グラフの表面

等高線グラフには、Excel シートの列または行に配置されたデータをプロットできます。地形図の場合と同じように、値が同一である範囲にある各領域を色やパターンで表します。

等高線グラフは、2 組のデータの間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。

等高線グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • 3-D 等高線グラフ   : 連続した曲線で 2 次元にわたる値の傾向を表示します。 等高線グラフのカラー バンドは、データ系列を表すものではありません。 値の差を示したものです。 このグラフは、データを 3-D ビューで示します。ゴム シートを伸ばして 3-D 縦棒グラフを覆ったような画像です。 このグラフを使用すれば、他の方法では表示できないような大量のデータがある場合でも、それらの間の関係を明示することができます。

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ   : 線のみを表示します。 ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは、見やすくはありませんが、このグラフは、大きな組のデータの迅速なプロットに役立ちます。

  • 等高線グラフ   : 2-D の地形図のように、3-D 等高線グラフを真上から見たものです。この等高線グラフでは、値の特定の範囲がカラー バンドで表されます。等高線グラフ上の線は、値が等しい補間点をつないだものです。

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ   : 3-D 等高線グラフを真上から見たものです。ワイヤーフレーム等高線グラフは、表面のカラー バンドを表示しないで、線のみを表示します。ワイヤーフレーム等高線グラフは、決して見やすくはありません。代わりに、3-D 等高線グラフを使用できます。

ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフ

円グラフのように、ドーナツ グラフは、全体に対する部分部分の関係を示します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。 ドーナツ グラフの各リングは、データ系列を表します。

ドーナツ グラフには、次のようなグラフの形式があります。

  • ドーナツ グラフ   : データをリング状に表示します。各リングは 1 つのデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各リングは全体で 100% になります。

  • 分割ドーナツ グラフ   : 個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。 ただし、複数のデータ系列を入れることができます。

レーダー チャート

レーダー チャート

レーダー チャートでは、項目ごとに、中心点から放射状に伸びる専用の数値軸があります。 線は、同じ系列のすべての値をつなぎます。

複数のデータ系列の集計値を比較するには、レーダー チャートを使用します。

レーダー チャートには、次のようなグラフの形式があります。

  • レーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表します。

  • 塗りつぶしレーダー チャート   : データの変化を中心点からの比較で表し、1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

関連項目

グラフを作成する

グラフのデータを編集する

グラフに第 2 軸を追加する

組織図を作成する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×